競合車に負けてない!新型ソルテラの荷室サイズを計測してみた

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、機能&装備も充実していて、非常に使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースを備えています。

また、競合車・ライバル車と比較しても遜色のない広さを確保しているのも、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つです。

今回を果たした新型モデルの荷室の広さ・サイズは、どれくらいなのでしょうか?また、この新型モデルと競合車の荷室の広さを比べると、どれくらいの差があるのでしょうか?

スバルからデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室の広さを計測してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラの荷室サイズ【通常時のラゲッジの広さをチェック】

後部座席を使用した時の新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになっています。

■新型ソルテラの荷室:後部座席を使用時

後部座席を使用時でも、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、かなり広く感じますよね。

また、この新型モデルは、ラゲッジボードを下段に設置することによって、荷室・ラゲッジスペースの高さを拡大することができます。

■新型ソルテラの荷室:通常時&デッキボード下段

このように荷室の高さも変更することができる新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースですが、広さを計測してみたところ、このようになっていました。

■新型ソルテラの荷室サイズ

競合車に勝るとも劣らない新型ソルテラの荷室

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の通常時の奥行きは約985mmとなっており、ハリアーやフォレスターなどの競合車・ライバル車と比べても、引けを取っていません。

■新型ソルテラと競合車の荷室サイズ比較

一方、荷室の横幅に関しては、競合車・ライバル車よりも若干狭くなっています。

ただ、実際にこの新型モデルと競合車・ライバル車の荷室・ラゲッジスペースを見比べてみると、荷室幅の狭さは、あまり気になりませんでした。

■新型ソルテラの荷室

■スバル フォレスターの荷室

競合車よりも荷室高を広くできる新型ソルテラ

また、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースの注目ポイントの一つが、天井までの高さです。

荷室・ラゲッジスペースの高さを調整することができるラゲッジボードを上段に設置した時のこの新型モデルのに荷室高は、競合車・ライバル車と同じくらいです。

ただ、ラゲッジボードを下段に設置すると、荷室高が約7.5cm拡大し、競合車・ライバル車よりも一回り広くなります。

荷物の量や大きさによって荷室の高さを調整することができるラゲッジボードを備えているのは、競合車にはないこの新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

また、荷室の高さを変更することができるこの新型モデルのラゲッジボードは、背の高い荷物を荷室・ラゲッジスペースに積み込みたい時にも重宝するのかなと思いました。

新型ソルテラの荷室サイズ【後部座席収納時のラゲッジの広さをチェック】

また、2022年5月にデビューをした新型ソルテラ(SOLTERRA)の後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■新型ソルテラの荷室:後部座席収納時

今回デビューを果たした新型モデルは、競合車よりもホイールベースが長いため、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、広く感じます。

また、後部座席を収納した時のこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、少し手前下がりになっているものの、後部座席の背もたれ部分で大きな段差がないのも好印象でした。

そんな新型モデルの後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ソルテラの荷室サイズ:後部座席収納時

後部座席を収納した時の奥行きも十分

新型ソルテラ(SOLTERRA)の後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きも、競合車・ライバル車に引けをとっていません。

この新型モデルの後部座席を収納した時の荷室の奥行きは約158.5㎝となっており、同じスバルから発売されているフォレスター(Forester)よりも約4cmほど長くなっています。

荷室の広さに定評のあるフォレスター(Forester)と変わらない荷室サイズを確保しているのって、かなりスゴイですよね。

■フォレスターの後部座席を収納時の荷室

この後部座席を収納した時の荷室の奥行きの広さも、この新型モデルの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

新型ソルテラも工夫によっては車中泊が可能

先ほどもお話した通り、今回デビューを果たした新型モデルの後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは約158.5cmと、十分な広さを備えています。

ただ、後部座席を収納した時の荷室の奥行きは160cmを切っているので、このままの状態で車中泊をするのは、ちょっと厳しいと思います。

しかし、この新型モデルは、後部座席の足元空間が広いため、フロントシートのシートバックから荷室の吐き出し口までは、約185.5cmあるんですよね。(※フロントシートをドライビングポジションに設定時)

■前席のシートバックから吐き出し口までの広さ

なので、後部座席の足元空間(ニークリアランス)をエアークッションなどで埋めれば、新型ソルテラ(SOLTERRA)でも車中泊をすることができるのかなと思いました。

まとめ:競合車と勝るとも劣らない新型ソルテラの荷室サイズ

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室サイズを確認したところ、このようになっていました。

■新型ソルテラの荷室サイズのまとめ

・通常時の荷室サイズは、競合車に引けを取らない
・荷室の高さは競合車よりも勝る
・工夫によっては、車中泊も可能

この新型モデルは、競合車・ライバル車と比べても勝るとも劣らない荷室サイズを確保しています。ただ、車中泊をする際は、少し工夫をする必要がありますが…

また、高さを調整することができるラゲッジボードを備えていることもあり、後部座席を展開した通常時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手に関しては、競合車よりも良いように感じました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行く方は、ラゲッジボードなど様々な工夫が施されているこの新型モデルの荷室にも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02