新型ソルテラの魅力&欠点を徹底解説【売れ行きが良いのも納得】

2022年5月にスバルからデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)には、トヨタのハリアーや同じスバルのフォレスター、日産のエクストレイルなど、強力なライバルがたくさんいます。

ただ、この新型モデルを試乗してみたところ、競合車・ライバル車よりも優れていると感じたところも…。

逆に、「ここは競合車よりも劣るな…。」と感じるところもありました。

今回デビューを果たした新型モデルが競合車・ライバル車よりも優れているメリット&魅力は、何だったのでしょうか?逆にこの新型モデルが、競合車よりも劣っていると感じた欠点&デメリットは、何だったのでしょうか?

スバル初の電気自動車新型ソルテラ(SOLTERRA)の特徴や魅力、欠点を包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラのココが凄い【競合車よりも優れている魅力&メリットとは?】

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラの外装・エクステリア

この新型モデルは、ヘキサゴングリルをモチーフにしたデザインやコの字型のヘッドライトなどを採用しており、電気自動車でありながら”スバルらしさ”を感じることができるデザインに…。

また、高級感・上質感ただよう内装・インテリアになっているのも好印象でした。

■新型ソルテラの内装・インテリア

そんな新型モデルには、次のような特徴&魅力を備えていました

広々とした後部座席【新型ソルテラの魅力1】

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の魅力&メリットの一つは、広々とした後部座席の足元空間(ニークリアランス)です。

■新型ソルテラの後部座席

この新型モデルは、競合車・ライバル車よりもホイールベースが広いこともあり、大人でも快適に過ごせるだけの足元空間(ニークリアランス)を備えています。

■新型ソルテラの後部座席の足元空間

また、この新型モデルの後部座席は、リクライニング機能を備えており、自分好みの背もたれの角度に調整することができるのも好印象でした。

ちなみに、下記の記事では、後部座席の足元空間&頭上空間をもっと詳しく書いてあります。

この新型モデルの足元空間の詳細を確認したい方は、チェックをしてみてくださいね。

充実した快適装備【新型ソルテラの魅力2】

また、競合車・ライバル車よりも快適装備が充実しているのも、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の魅力の一つです。

その最たる例が、シートヒーターです。

この新型モデルは、全グレード、3段階から温度を調節することができるシートヒーターをフロントシート&後部座席に備えています。

■新型ソルテラのシートヒーター

上位モデルに位置をするET-HSグレードだけではなく、下位モデルに位置をするET-SSグレードにも後部座席用シートヒーターが標準装備されているのは、かなり嬉しいですよね。

また、新型ソルテラ(SOLTERRA)の上位モデルに位置をするET-HSグレードは、シートと乗員の間の熱を吸い取って、蒸れを防いでくれるシートベンチレーション機能が用意されているのも好印象でした。

荷室アレンジの多さ【新型ソルテラの魅力3】

また、荷室・ラゲッジスペースのアレンジのバリエーションの多さも、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の魅力の一つです。

この新型モデルは、高さを調整することができるデッキボード(ラゲッジボード)が備わっており、積み込む荷物の量や大きさに応じて、荷室・ラゲッジスペースの高さを調節することができます。

■新型ソルテラの荷室:デッキボードを上段に設置

■新型ソルテラの荷室:デッキボードを下段に設置

また、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの下には、充電ケーブルを収納しておける広い床下収納(サブトランク)を用意しているのも注目ポイントの一つですよ。

■新型ソルテラの床下収納(サブトランク)

毎月の維持費の安さ【新型ソルテラの魅力4】

毎月のライニングコスト(=電気代)が安いのも、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の魅力の一つです。

この新型モデルはEV車なので、電気の力によってモーターを駆動させて走行するのですが、モーターを駆動するのに必要な電気代は、競合車・ライバル車のガソリン代よりも圧倒的に安いです。

■新型ソルテラと競合車のランニングコスト比較

1kmあたりランニングコストが、新型ソルテラ(SOLTERRA)と競合車・ライバル車では、まったく違いますよね。

この新型モデルは、競合車・ライバル車よりも車体本体価格は高いのがネックですが、ガソリン車・ハイブリッド車の半分くらいまで抑えることができるラニングコストの安さは、魅力の一つなのかなと思いました。

新型ソルテラのココが残念【競合車よりも劣る欠点&デメリットとは?】

このように様々な魅力を備えているスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)ですが、欠点&デメリットもありました。

競合車・ライバル車よりも劣るこの新型モデルの欠点&デメリットは、何だったのか?私が試乗をして気になったところを、包み隠さずお話したいと思います。

車体本体&乗り出し価格の高さ【新型ソルテラの欠点1】

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の欠点&デメリットの一つは、車体本体価格&乗り出し価格の高さです。

この新型モデルは、電気自動車と言うこともあり、競合車・ライバル車よりも車体本体価格が高くなっています。

■新型ソルテラの車体本体価格

ミドルクラスSUVで約700万円は、ちょっと厳しいですよね。

また、この新型モデルは、税金面では優遇されていますが、乗り出し価格で比較しても、やはり頭一つ抜けているんですよね。

■新型ソルテラの乗り出し価格

しかも、新型ソルテラ(SOLTERRA)は電気自動車のため、自宅に充電器の設置なども必要です。

競合車・ライバル車よりも圧倒的に高い初期投資は、この新型モデルを購入する上で、欠点&デメリットになるのかなと思いました。

収納スペースの充実度【新型ソルテラの欠点2】

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)で気になったのは、収納スペース・小物入れの少なさです。

今回デビューを果たした新型モデルは、上下2段のセンターコンソールを備えており、一見すると、収納スペース・小物入れは多そうに感じます。

■新型ソルテラのセンターコンソール

ただ、この新型モデルでは、多くのクルマに用意されているグローブボックスがありません。

なので、この新型モデルは、車検証などの置き場に苦労しそうです。

このように新型ソルテラ(SOLTERRA)は、競合車・ライバル車と比べて、収納スペースや小物入れが少ないのも気になるところでした。

アイサイトが備わっていない【新型ソルテラの欠点3】

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)で気になったのは、用意されている安全装備です。

この新型モデルは、トヨタの共同開発したこともあり、備わっている安全装備は、スバルのアイサイト(EyeSight)ではなく、トヨタの安全装備システムがベースになっています。

そのため、見通しの悪い交差点での衝突回避をサポートする”前側方プリクラッシュブレーキ”などの用意はありません。

画像引用:https://www.subaru.jp/

また、レーダークルーズコントロール(クルコン)の性能も違い、カーブ手前で自動的に減速するような機能はついていません。

新型ソルテラ(SOLTERRA)も安全装備が備わっていますが、スバル車の代名詞でもあるアイサイト(EyeSight)が備わっていないのは、非常に残念でした。

まとめ:価格面の高さで損をしている新型ソルテラ

2022年5月にデビューを果たしたスバル初の電気自動車新型ソルテラ(SOLTERRA)は、こにょうな魅力&欠点がありました。

■新型ソルテラの魅力&メリット

・広々とした後部座席まわり
・充実した快適装備
・荷室の使い勝手
・毎月のランニングコストの安さ

■新型ソルテラの欠点&デメリット

・初期投資の高さ
・収納スペース・小物入れの少なさ
・安全装備の性能

今回デビューを果たした新型モデルは、車体本体価格&乗り出し価格の高さなど競合車・ライバル車よりも劣るところがあります。

ただ、この新型モデルは、機能や装備も充実していて、非常に良いクルマに仕上がっています。

ディーラーさんが、「今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)は、予想以上に売れています。」と言っていましたが、実際に試乗をしてみると、売れ行きが良いのも納得できると思いますよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02