使い勝手は良好!新型ソルテラの荷室のアレンジと装備を実車画像で徹底解説

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースの広さは、ミドルクラスSUVとしては、可もなく不可もなく標準的となっています。

ただ、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が良くなるよう様々な工夫がほどこされていました。

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、荷室・ラゲッジルームにどのような工夫がほどこされているのでしょうか?また、どのような荷室アレンジを用意しているのでしょうか?

実写画像を使って、新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースのアレンジや装備を徹底解説したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラの荷室は使いやすい?【ラゲッジまわりの装備をチェック】

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラの荷室・ラゲッジスペース

この新型モデルは、街中で映えるアーバン型のSUVと言うことで、荷室・ラゲッジスペースも、積載性や収納力などと言った実用性よりも見た目のデザイン性を重要視したデザインになっています。

ただ、この新型モデルの荷室まわりには、様々なアイテム&装備が用意されていて、非常に使い勝手の良さが光っていました。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースには、どのような装備がそなわっていたのでしょうか?実写画像を使って、紹介したいと思います。

荷室の高さを変えられるラゲッジボードを搭載

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室の・ラゲッジスペースの注目のアイテムの一つが、ラゲッジボードです。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースのフロア部分には、荷室の高さを調整することができるラゲッジボードが用意されています。

こちらが、この新型モデルのラゲッジボードを上段に設置した時の様子です。

■新型ソルテラの荷室:ラゲッジボード上段設置時

荷室フロアが荷室開口部の吐き出し口とほぼフラットになっており、荷物の積み下ろしがしやすくなります。

一方、ラゲッジボードを下段に設置すると、このような感じに…。

■新型ソルテラの荷室:ラゲッジボード下段設置時

荷室フロアの中央部分が一段下がっているのが、わかりますよね。

荷室フロアの高さを変えることができるのは中央部分のみなので、フロアに少し段差ができてしまうのが残念です。

ただ、背の高い荷物を積み込みたい時や、荷室の広さを最大限に活用したい時には、非常に重宝するアレンジだと思いますよ。

LEDのラゲッジランプを搭載

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)は、豆級ではなく、LEDのラゲッジランプを全グレード標準装備しています。

ラゲッジランプを搭載しているのは、荷室・ラゲッジスペースの右側。

■新型ソルテラのラゲッジランプ

両側にラゲッジランプが搭載されていないのは少し残念ですが、明るさも十分で、真夜中の暗い時でも荷室・ラゲッジスペースに積み込んだ荷物を探しやすいですよ。

コンビニフックも搭載

また、今回デビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、スーパーやエコバックなどを吊るしておくのに便利なコンビニフックも用意していますが、かなり珍しい場所に設置しています。

この新型モデルでは、荷室・ラゲッジスペースの開口部付近の左右にコンビニフックを1つずつ配置。

■新型ソルテラのコンビニフック

このような手前ににコンビニフックを設置するのは、ちょっと珍しいですよね。

ただ、他のクルマのようにコンビニフックを使用する際、体を乗り出す必要がなく、普通に立ったままで使うことができます。

なので、この新型モデルの荷室のコンビニフックは、競合車・ライバル車のものよりも使い勝手が良いように感じました。

アクセサリーコンセントも標準装備

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)は、AC100V/1500Wまで対応したアクセサリーコンセントを全グレード標準装備しています。

■新型ソルテラのアクセサリーコンセント

この新型モデルは、USBポートが充実していますが、アクセサリーコンセントがあると、何かと心強いですよね。

また、この新型モデルのアクセサリーコンセントは、AC100V/1500Wまで対応しているので、電子レンジや電子ジャー、ドライヤーなども普通に使用をすることができますし…。

この新型モデルに用意されているアクセサリーコンセントは、普段は使わなくても、災害時などイザという時に重宝すると思いますよ。

新型ソルテラのラゲッジは使いやすい?【荷室アレンジをチェック】

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室アレンジは、6対4分割方式の後部座席を活かしたオーソドックスなタイプになっています。

ただ、荷室・ラゲッジスペースが広いため、使い勝手は非常に良いように感じました。

この新型モデルの荷室アレンジは、どのような感じになっているのでしょうか?実写画像を交えて、紹介したいと思います。

後部座席使用時の荷室・ラゲッジスペース

後部座席を収納しない通常時の新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■新型ソルテラの荷室:通常時

また、ラゲッジボードを下に設定をした時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■新型ソルテラの荷室:通常&ボード下段

この新型モデルは、ホイールハウスの張り出しが小さいため、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、かなり良い感じが…。

また、荷室開口部は傾斜していますが、開口部自体はかなり広いため、大きい荷物の積み込みがしやすいのも好印象でした。

左右のシートを収納した時の荷室

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)は、6対4分割方式の後部座席を採用しているのですが、片方のシートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■新型ソルテラの荷室:シート片側を収納時

また、ラゲッジボードを下段に設置した時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■新型ソルテラの荷室:シート片側収納&ボード下段

後部座席の片側を収納するだけで、荷室・ラゲッジスペースの奥行きはかなり広くなりますね。

また、ラゲッジボードを上段に設置すると、後部座席の背もたれ部分で大きな段差ができないのも好印象。

ただ、個人的には、左右独立して収納することができる6対4分割方式ではなく、後部座席の中央部分のみを収納するできる4対2対4分割方式の後部座席を採用してもらいたかったです。

後部座席をすべて収納した時の荷室

新型ソルテラ(SOLTERRA)の後部座席をすべて収納した時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■新型ソルテラの荷室:シートすべて収納時

後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースは、かなり広くなりますね。

ただ、ラゲッジボードを上段に設置すると、後部座席の背もたれ部分で段差はないのですが、若干ですが、背もたれの部分で傾斜ができてしまいます。

なので、車中泊を考えている方は、この傾斜を解消しないと、ゆっくりと快適に眠れないかもしれません。

また、新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室に用意されているラゲッジボードを下段に設置した時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■新型ソルテラの荷室:シートすべて収納時

ラゲッジボードを下段に設置すると、荷室フロアがデコボコになり、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が悪くなりそうな感じが…。

個人的には、後部座席をすべて収納する時は、ラゲッジボードを上段に設置しておいた方が良いのかなと思っちゃいました。

まとめ:装備&アレンジが充実の新型ソルテラの荷室

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースの装備やアレンジを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ソルテラの荷室の装備&アレンジのまとめ

・高さを調整できるラゲッジボードを標準装備
・コンビニフック&LEDラゲッジランプを搭載
・アクセサリーコンセントを全グレード標準装備
・6対4分割方式の後部座席を活かした荷室アレンジを採用
・荷室が広く、使い勝手は良好

この新型モデルは、ラゲッジボードが用意されているため、荷物の量や大きさに応じて、荷室・ラゲッジスペースの高さを調整することができるのが好印象。

また、この新型モデルに用意されている荷室アレンジは、6対4分割方式を採用したオーソドックスな形になっていました。

ただ、荷室の奥行きが広いため、また、ホイールの張り出しも小さいため、ラゲッジスペースの使い勝手は非常に良いように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02