アイサイトではない!新型ソルテラの安全装備の実力は?【特徴や魅力、欠点を紹介】

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、トヨタと共同開発のため、アイサイト(EyeSight)ではなく、”スバル セーフティセンス”と名付けられた安全装備が全グレードに標準装備されています。

そのため、この新型モデルに搭載されている安全装備は、アウトバック(Outback)など他のスバル車と全く違います。

今回デビューを果たした新型モデルは、どのような安全装備を搭載しているのでしょうか?また、他のスバル車に搭載されているアイサイト(EyeSight)とは、どのような違いがあるのでしょうか?

スバル初の電気自動車新型ソルテラ(SOLTERRA)に搭載されている安全装備”スバル セーフティセンス”の特徴や魅力、アイサイトとの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラはどんな安全装備を搭載【特徴や魅力をチェック】

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、次のような安全装備システムを搭載しています。

■新型ソルテラに搭載されている主な安全装備システム

・プリクラッシュセーフティシステム(自動ブレーキ)
・レーダークルーズコントール
・レーンデパーチャーアラートシステム(LDA)
・レーントレーシングアシスト(LTA)
・ロードサインアシスト(RSA)
・アダプティブハイビームシステム(AHS)
・プロアクティブドライビングアシスト(PDA)
・ドライバー異常時対応システム
・ブラインドスポットモニター(BSM)
・安心降車アシスト(SEA)
・発進遅れ告知機能
・車両接近通報装置
・パーキングブレーキサポート
・アドバンスド パーク(Advanced Park)
・スマートリヤビューミラー
・パノラミックビューモニター

このように見ると、この新型モデルは、安全装備が充実しているような感じが…。

そんな新型ソルテラ(SOLTERRA)に搭載されている安全装備の特徴や魅力、注目ポイントを分かりやすく紹介したいと思います。

ちなみに、この新型モデルに搭載されている安全装備の各機能の詳細は、スバルの公式ホームページを確認してみてください。→ 新型ソルテラの安全装備

スバル セーフティセンスのベースはトヨタの安全装備

今回デビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、トヨタと共同開発をしたこともあり、トヨタの”トヨタ セーフティセンス”をベースにした安全装備システム”スバル セーフティセンス”を搭載。

SOLTERRA:機能説明「セーフティ」

そのため、この新型モデルに搭載されている安全装備は、スバルの代表的な安全装備システム”アイサイト(EyeSight)”とは一線を画したトヨタよりのシステムになっていました。

周囲を検知するセンサーもアイサイトと異なる

また、2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)に搭載されている”スバル セーフティセンス”の周囲のクルマや歩行者を検知するセンサーは、他のスバル車が搭載しているアイサイト(Eye Sight)と違いがあります。

アウトバック(Outback)やフォレスター(Forester)などのスバル車に搭載されている安全装備システム”アイサイト(EyeSight)”は、フロントガラスに備わったステレオカメラで周囲を検知するようになっています。

■アイサイトのステレオカメラ

一方、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)に搭載されている”スバル セーフティセンス”は、フロントガラスに設置された単眼カメラと、フロントグリル部分に搭載したミリ波レーダーの2つのセンサーを使って周囲を検知。

■新型ソルテラの単眼カメラ

この新型モデルに搭載されているミリ波レーダーは、天候に左右されにくく、遠方のものの検知能力に優れているという特徴があるので、視界が悪い雨の日も安心して運転をすることができますよ。

競合車に負けない最新の安全装備を搭載

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)に搭載されている安全装備は、サイト(EyeSight)ではありませんでしたが、競合車・ライバル車に勝るとも劣らない機能&性能を備えています。

例えば、プリクラッシュセーフティシステム(自動ブレーキ)。

今回デビューを果たした新型モデルに搭載されているプリクラッシュセーフティシステム(自動ブレーキ)は、歩行者だけではなく、昼夜の自転車も検知することができる最新モデルを搭載しています。

それだけではなく、この新型モデルは、直進をしている際、交差点を横切るクルマと衝突する可能性のあると判断した場合、自動的にブレーキ制御を行って衝突回避&軽減をはかる”交差点衝突回避支援機能”も搭載。

また、新型ソルテラ(SOLTERRA)は、後方から接近をしてくる車両や自転車を検知し、乗り降りする歩行者との衝突を未然に防ぐ”安心降車アシスト(SEA)”も、全グレード標準装備。

SOLTERRA:SUBARU Safety Sense[プリクラッシュセーフティ(PCS)]

この新型モデルにスバルの代表的な機能でもある”アイサイト(EyeSight)”は搭載されていないのは残念です。

ただ、競合車に引けを取らない最新の安全装備が全グレードに標準装備されているのは、非常に心強いなと思いました。

新型ソルテラはどんな安全装備の不満【アイサイトよりも劣るところとは?】

先ほどもお話した通り、2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は最新の安全装備を搭載していることもあり、競合車・ライバル車に負けない性能&信頼性を備えています。

ただ、スバルの安全装備”アイサイト(EyeSight)”と比べると、少し物足りないと感じるところも…。

今回デビューを果たした新型モデルの安全装備”スバル セーフティセンス”よりアイサイト(EyeSight)の方が優れていると感じたところは、どこだったのでしょうか?

新型ソルテラ(SOLTERRA)に搭載されている安全装備”スバル セーフティセンス”の残念なところ、欠点&デメリットを包み隠さずお話したいと思います。

クルーズコントロールの性能

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の安全装備システム”スバル セーフティセンス”が、”アイサイト(EyeSight)”よりも劣っていると感じた機能の一つが、高速道路の運転を楽にしてくれるクルーズコントロールです。

この新型モデルも、全走車が停止すると自車も停車をする全車速追従機能付きのクルーズコントロールが全グレードに標準装備されています。

SOLTERRA:SUBARU Safety Sense[レーダークルーズコントロール]

ただ、アイサイト(EyeSight)が搭載されているアウトバックなどでは、渋滞中(時速0km/h~50km/h)、ハンドルから手を離すことができるハンズオフ機能付きのクルーズコントロールを備えています。

そのため、アウトバックなどでは、この新型モデルよりも渋滞中の運転が非常にラクです。

また、高速道路で車線変更をする際、車線変更が可能かどうかを判断するだけではなく、ステアリング操作をサポートしてくれる”アクティブレーンチェンジアシスト”が搭載されているのもアイサイト(EyeSight)だけです。

それ以外にも、アイサイト(EyeSight)は、渋滞時の再発進をドライバーの操作なしで行ってくれる”渋滞時発進アシスト”なども搭載されています。

【新型レヴォーグ】まとめて解説「アイサイトX(エックス)」

このようにクルーズコントロール(クルコン)の性能&使い勝手に関しては、スバルセーフティセンスを搭載している新型ソルテラ(SOLTERRA)よりも、アイサイトを搭載しているスバル車の方が良いのかなと思ってしまいました。

ヘッドライトの視認性&性能

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の安全装備の不満の一つが、ヘッドライトに備わっている機能です。

■新型ソルテラのヘッドライト

この新型モデルでは、フロントガラスに備わったカメラで前方の車両などを検知し、ヘッドライトの射光範囲を自動的に制御してくれる”アダプティブハイビームシステム”が標準装備されています。

画像引用:https://www.subaru.jp/solterra/solterra/

ただ、この新型モデルは、カーブを曲がる際、進行方向にヘッドライトを向けてくれるステアリング連動機能の搭載はありません。

しかし、アウトバックなどに搭載されているアイサイト(EyeSight)では、ステアリング操作に連動して進行方向の先を照らしてくれる”ステアリング連動ヘッドランプ”を標準装備。

画像引用:https://www.subaru.jp/legacy/outback/

カーブを曲がる先、ステアリング操作に応じてヘッドライトが連動して動いてくれると、進行方向の状況がいち早くわかるので、安心して運転をすることができるんですよね。

このステアリング連動のヘッドライトが搭載されていないのも、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の残念なところの一つでした。

視界&視認性をサポートするアイテム

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のスバル セーフティセンスで残念だったのは、視界&視認性をサポートするアイテムの充実度です。

この新型モデルは、パノラミックビューモニターを標準装備しており、自車の周辺真上から見下ろすような視点で確認できるようになっています。

■新型ソルテラのパノラミックビューモニター

ただ、この新型モデルのパノラミックビューモニターは、前後左右の4つのカメラ映像を合成しているため、映像に少し歪み(ゆがみ)があり、少し見にくいんですよね。

一方、スバルのアイサイト(EyeSight)は、パノラミックビューモニターのように真上から自車の周囲を確認するアイテムはありません。

ただ、スバルのアイサイト(EyeSight)は、見通しの悪い交差点などの前方の視界&視認性をサポートするフロントビューモニターを用意しています。

■アイサイトのフロントビューモニター

また、見通しの悪い交差点などを走行時、前側方レーダーが前方の道路を横断する車両を検知すると、映像内にインジケーターで通知してくれる”前側方警戒アシスト”も搭載。

このように見通しの悪い交差点などでも安心して運転できる機能が備わっているのも、アイサイト(EyeSight)の良いところの一つなのかなと思いました。

まとめ:競合車に勝るとも劣らない安全装備を備えている新型ソルテラ

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)に搭載されている安全装備”スバル セーフティセンス”は、このような特徴&魅力を備えていました。

■新型ソルテラの安全装備のまとめ

・スバル セーフティセンスを全グレードに標準装備
・競合車に勝るとも劣らない安全装備を搭載
・クルーズコントロールなどの性能はアイサイトに劣る

今回デビューを果たした新型モデルは、トヨタの安全装備システム”トヨタ セーフティセンス”をベースにした”スバル セーフティセンス”を全グレードに標準装備。

そのため、この新型モデルに搭載されている安全装備は、アイサイトを搭載している他のスバル車とは少し違います。また、クルーズコントロールやヘッドランプの性能など、少し残念なところもあります。

ただ、新型ソルテラ(SOLTERRA)に搭載されている”スバル セーフティセンス”は、競合車・ライバル車に引けを取らない最新の安全装備システムを搭載しています。また、検知能力も非常に高いです。

なので、イザという時に頼りになる信頼性の高い安全装備システムになっていますよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02