競合車とココが違う!新型ソルテラの荷室の魅力と欠点を徹底解説

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)の魅力の一つは、電気自動車とは思えない広くて使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースです。

ただ、この新型モデルの荷室も完璧というわけではなく、競合車に劣るところも…。

今回デビューを果たした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、競合車よりもドコが優れているのでしょうか?逆に競合車・ライバル車よりも劣っているところは、どこなのでしょうか?

スバルからデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースが競合車よりも優れているところ、劣っているところを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラの荷室の魅力【競合車よりも優れているところとは?】

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型ソルテラの荷室

開口部も広く、使い勝手が良さそうな形をしているこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースですが、次のような魅力&特徴を備えていました。

アレンジの豊富さ【新型ソルテラの荷室の魅力1】

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースが、競合車よりも優れていると感じたことの一つは、アレンジのバリエーションの多さです。

この新型モデルの荷室・ラゲッジルームのフロアには、高さを2段階から調節することができるラゲッジボードが全グレード標準装備されています。

■ラゲッジボードを上段時の新型ソルテラの荷室

■ラゲッジボードを下段時の新型ソルテラの荷室

この新型モデルに用意されているラゲッジボードを下段に設置すると、荷室・ラゲッジスペースの高さが約7.5㎝ほどアップします。

ラゲッジボードを下段に設置すると、荷室フロアがデコボコになってしまうのが若干残念なのですが、荷物の量や大きさに応じて、荷室の高さを調整することができるのは、新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室の良いところなのかなと思いました。

充実した荷室まわり装備【新型ソルテラの荷室の魅力2】

また、競合車・ライバル車よりも荷室まわりの機能&装備が充実しているのも、新型ソルテラ(SOLTERRA)の魅力の一つです。

その一つが、アクセサリーコンセント。

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、荷室・ラゲッジスペースの右側の壁面に100V/1500Wまで対応のアクセサリーコンセントを全グレードに標準装備しています。

■新型ソルテラのアクセサリーコンセント

この新型モデルのアクセサリーコンセントは外部電源としても活用することができるため、災害時などイザという時も安心です。

また、この新型モデルは、コンビニフックや足の動きを検知して自動的にテールゲートを開け閉めしてくれるキッキングセンサー付きのパワーバックドアも全グレード標準装備。

■新型ソルテラの荷室のコンビニフック

このように競合車・ライバル車にはない機能&装備が用意されているのも、新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースの良いところなのかなと思いました。

広々とした床下収納【新型ソルテラの荷室の魅力3】

また、荷室フロアの下に広々とした床下収納(サブトランク)を用意しているのも、競合車・ライバル車にはない新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースの魅力の一つです。

■新型ソルテラの床下収納

この新型モデルの床下収納(サブトランク)のサイズを確認してみたところ、横幅が64cm、奥行きが26.5cm、深さが14cmあり、充電用のケーブルを入れるには、ピッタリなサイズに…。

また、この新型モデルのデッキボードは中折れ式になっており、床下収納(サブトランク)に簡単にアクセスできるようになっていたのも好印象でした。

新型ソルテラの荷室の欠点【競合車よりも劣っているところとは?】

使い勝手の良さが光るスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースですが、競合車・ライバル車よりも劣るところもありました。

この新型モデルの荷室の欠点&デメリットは、何だったのか?包み隠さずお話したいと思います。

荷室開口部の形【新型ソルテラの荷室の欠点1】

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースの欠点の一つが、荷室開口部の形状です。

この新型モデルは、実用性や機能性よりも見た目のデザイン性を重要視したアーバンスタイルのSUVのため、ご覧の通り、荷室開口部が大きく傾斜しているんですよね。

■傾斜が強い新型ソルテラの荷室開口部

ちなみに、こちらは、競合車・ライバル車の一つでもある同じスバルから発売されているフォレスター(Forester)の荷室開口部です。

■傾斜がほぼないフォレスターの荷室開口部

斜めから見た時の荷室開口部の形が全くことなりますよね。

そのため、新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースは、キャンプやバーベキューなどたくさんの荷物&アイテムを重ねての積み込みには不向きです。

この背の高い荷物を積み込みには不向きな荷室開口部の形状は、少し気になってしまいました。

横幅の狭さ【新型ソルテラの荷室の欠点2】

また、2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースで気になったのは、横幅の広さです。

フォレスター(Forester)やハリアー(Harrier)など競合車・ライバル車の多くは、ホイールハウスの手前部分の横幅が広く、たくさんの荷物を積み込めるようになっています。

ハーマンカードンサウンドシステムが標準装備になっている新型ソルテラ(SOLTERRA)の上位モデル”ET-HSグレード”は、荷室・ラゲッジスペースの左側にウーファーが搭載されているんですよね。

■荷室の左側に搭載されている新型ソルテラのウーファー

そのため、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの横幅は、競合車よりも一回りに狭いです。

このたくさんの荷物や大きい荷物を積み込むのに不向きな荷室・ラゲッジスペースの形状も気になるところの一つでした。

まとめ:使い勝手が良さが光る新型ソルテラの荷室

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースは、このような魅力&欠点がありました。

■新型ソルテラの荷室の魅力のまとめ

・多彩な荷室アレンジ
・充実した機能&装備
・広々とした床下収納(サブトランク)

■新型ソルテラの荷室の欠点のまとめ

・背の高い荷物の積み込みに不向きな荷室開口部
・横幅の狭さ

傾斜のきつい荷室開口部など、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースに欠点&デメリットは、あります。

ただ、高さを調節することができるラゲッジボードを全グレードに標準装備するなど、新型ソルテラ(SOLTERRA)の荷室・ラゲッジスペースには、競合車・ライバル車にはない良さ&魅力がありました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行く方は、使い勝手の良さが光るこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースもしっかりとチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02