新型ソルテラのホイール&タイヤは予想以上にスポーティ【サイズやデザインを徹底解説】

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)のET-SSグレードとET-HSグレードはどちらも、街中で映えるスタイリッシュなホイールを履いています。

また、この新型モデルは、予想以上にスポーティなタイヤを履いているのも驚きました。

今回デビューをした新型モデルのタイヤ&ホイールは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、この新型モデルは、どのタイヤメーカーのタイヤを履いていたのでしょうか?

スバルからデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)が履いているタイヤ&ホイールを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ソルテラのホイール【デザイン&グレードによる違いをチェック】

2022年5月にデビューを果たしたスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)は、ET-SSグレードとET-HSグレードの2つのグレードを用意していますが、この新型モデルの各グレードに用意されているホイールは、次のような特徴がありました。

ET-SSグレードのホイールをチェック

この新型モデルの下位グレードに位置をするET-SSグレードに用意されているホイールは、次のようなデザインをしています。

■ET-SSグレードのホイール

画像引用:https://www.subaru.jp/solterra/solterra/index/

今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の下位モデル”ET-SSグレード”は、リム部分にガンメタリック塗装を施したアルミホイールを標準装備。

廉価モデルのET-SSグレードでもアルミホイールが標準装備されているのは、嬉しいですよね。

また、この新型モデルのET-SSグレードでは、アルミホイールではちょっと珍しいシルバーとブラックのツートンカラーのフルエアロキャップを装着。

ET-SSグレードは廉価モデルですが、新型ソルテラ(SOLTERRA)のイメージにあったスタイリッシュな足回りになっていました。

ET-HSグレードのホイールをチェック

一方、新型ソルテラ(SOLTERRA)の上位モデルに位置をするET-HSグレードのタイヤ&ホイールは、このようなデザインをしています。

■ET-HSグレードのホイール

画像引用:https://www.subaru.jp/solterra/solterra/index/

下位モデルに位置をするET-SSグレードは、ガンメタのアルミホイールにフルエアロキャップを装着していました。

しかし、この新型モデルの最上位に位置をするET-HSグレードは、ミディアムグレー塗装&切削光輝加工をほどこしたアルミホイールを標準装備。

また、新型ソルテラ(SOLTERRA)の最上位モデル”ET-HSグレード”のホイールはで印象的だったのは、切削光輝がほどこされているシルバー部分のスポークです。

この新型モデルのET-HSグレードのアルミホイールは、シルバー塗装がほどこされたスポーク部分に穴をあけて空洞化したデザインに…。

これも電気自動車のネックでもある航続可能距離を伸ばすための工夫の一つなのかなと、思ってしまいました。

新型ソルテラのタイヤ【サイズ&メーカーをチェック】

グレードでホイールのデザインが異なるスバルの新型ソルテラ(SOLTERRA)ですが、タイヤサイズも違いがありました。

この新型モデルのET-SSグレードとET-HSグレードでは、タイヤサイズにどれくらいの差があったのでしょうか?また、どのメーカーのタイヤを履いていたのでしょうか?

この新型モデルを試乗した際にタイヤサイズやタイヤメーカーを確認してきたので、紹介したいと思います。

ET-SSグレードよりも一回り大きいET-HSグレードのタイヤ

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)の各グレードのタイヤサイズは、このようになっています。

■新型ソルテラのタイヤサイズ

下位モデルに位置をするET-SSグレードが18インチだったのに対し、上位モデルのET-HSグレードは、ひと回り大きい20インチのタイヤを装着。

そのおかげもあり、ET-SSグレードよりも迫力のあるサイドスタイルになっています。

ただ、大径タイヤを履いている分、新型ソルテラ(SOLTERRA)のET-HSグレードは、ET-SSグレードよりも少し硬めの乗り心地(ディーラーさん曰く、スポーティな乗り心地)になっているので、ご注意くださいね。

新型ソルテラは3種類のタイヤを用意

また、今回デビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)が履いているタイヤのメーカー&ブランドを確認してみたところ、次のようになっていました。

■新型ソルテラのタイヤメーカー&ブランド

この新型モデルは、オンロードにおける運動性能を重視したブリヂストンのプレミアムSUVタイヤ”アレンザ001(ALENZA001)”やダンロップのSPスポーツマックス060(SP SPORT MAXX 060)など、3種類のタイヤを用意。

■新型ソルテラのSPスポーツマックス060

■新型ソルテラのアレンザ001

個人的期には、アレンザ LX100など快適性や乗り心地の良さを重視したタイヤを履くものと思っていたので、運動性能に優れたスポーティなタイヤを履いていたことにビックリ!

ただ、アレンザ001(ALENZA 001)はグリップ性能&直進安定性に優れているので、ドライブモードをスポーツモード(SPORT MODE)にして、高速道路やワインディングロードを運転したら、気持ちよく走れるのかなと思っちゃいました。

ちなみに、私が見たモデルの1台は、トランザ EL450(TURANZA EL450)を履いていましたが、ブリジストンの公式のリリースを確認したところ、トランザ EL450は、北米仕様のみに装着されるとのこと。

なので、国内仕様の新型ソルテラ(SOLTERRA)が履くタイヤは、ブリヂストンのアレンザ001、もしくは、ダンロップのSPスポーツマックス060のどちらかになりそうですね。

まとめ:運動性能&グリップ力に優れたタイヤを履いている新型ソルテラ

2022年5月にデビューを果たした新型ソルテラ(SOLTERRA)が履いているタイヤ&ホイールを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ソルテラのホイール&タイヤのまとめ

・アルミホイールを全グレード標準装備
・グレードでホイールのデザインが異なる
・用意しているタイヤは3種類
・グリップ性能に優れたタイヤを装着

今回デビューを果たした新型モデルは、ET-SSグレード/ET-HSグレードどちらもスタイリッシュなアルミホイールを標準装備。

ただ、ホイール&タイヤサイズがひと回り大きいET-HSグレードの方が迫力があります。

また、この新型モデルは、コンフォートタイヤではなく、グリップ力&運動性能に優れたスポーツタイヤを標準装備。なので、この新型モデルは、運転を楽しみたい人にもピッタリなクルマに仕上がっていますよ。

ただ、タイヤサイズが異なるET-SSグレードとET-HSグレードでは、乗り心地やドライビングフィールに若干の違いがあります。

なので、これから新型ソルテラ(SOLTERRA)の試乗に行く方は、ここらへんもしっかりとチェックしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02