競合車よりも見やすい!新型ステップワゴンの後方の視界&視認性をチェック

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)と旧型モデルの大きな違いの一つが、後方の視界&視認性です。

旧型モデルは、わくわくゲートを採用してたこともあり、後方の視界に少し難がありましたが、新型モデルは、スッキリとしたクリアな後方視界に…。

特に斜め後方の視界&視認性に関しては、競合車よりも良いように感じました。

今回デビューを果たした新型モデルの後方&斜め後方の視界は、どのような感じになっているのでしょうか?また、後方&斜め後方の視界&視認性で、気になるところはなかったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の後方&斜め後方の視界を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの真後ろの視界&視認性をチェック

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の真後ろの視界&視認性は、このようになっています。

■新型ステップワゴンの真後ろの視界

視認性に優れたクリアな後方視界

旧型モデルのステップワゴンは上下だけではなく、左右にも開閉することができる”わくわくゲート”を採用していたため、テールゲートの左側3分の1くらいのところに縦のラインが入っていました。

■旧型ステップワゴンの後方視界

また、リヤガラス自体もアシンメトリー(左右非対称)なデザインに…。

そのため、旧型モデルの後方の視界は、お世辞でもあまり良いとはいえませんでした。

一方、2022年5月にデビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、わくわくゲートを採用していないこともあり、縦にラインなどが入っていないオーソドックスな形のリヤガラスを採用。

■新型ステップワゴンのリヤガラス

リヤガラスのサイズも十分に大きく、安心して運転ができる視認性に優れた後方視界になっていました。

アドバンスドルームミラーで後方の視界をサポート

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、視認性に優れた大きいサイズのリヤガラスを備えていますが、3列目シートに乗車している時や荷室にたくさんの荷物を積み込んでいると、後方の視界は一気に悪くなってしまうんですよね。

ただ、車両後方に設置をしたカメラの映像をミラーに映し出してくれる”アドバンスドルームミラー”を装着すると、3列目シートに同乗者がいる状態でもクリアな視界を確保することができます。

■新型ステップワゴンのアドバンスドルームミラー

このアドバンスドルームミラーのオプション価格は約7万4800円と、少しお値段は高めです。

ただ、たくさんの荷物をトランクに積み込んでアウトドアにいく方や、大家族で3列目シートを頻繁に利用する方は、アドバンスドルームミラーの装着を検討してみても良いかもしれませんね。

後席に座っている子供の確認はしにくくなった

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の後方の視界&視認性は、旧型モデルよりも良くなったのですが、後部座席に座っている子供の確認は、しにくくなった感じが…。

と言うのも、フルモデルチェンジをする前の旧型モデルは、後部座席に座っている子供を確認するのに便利な”後方確認ミラー”を、運転席の天井部分に用意していたんですよね。

■旧型モデルの後方確認ミラー

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、後方確認ミラーの用意はなし。

個人的には、振り返ることなく車内の後方の様子を確認することができる”後方確認ミラー”は残しておいて欲しかったです。

新型ステップワゴンの斜め後方の視界をチェック

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の斜め後方の視界&視認性は、どのようになっているのでしょうか?

こちらは、サイドミラーを使用して、斜め後方を確認してみた時の様子です。

■新型ステップワゴンの斜め後方の視界:サイドミラー

また、目視で、斜め後方を確認すると、このような感じになります。

■新型ステップワゴンの斜め後方の視界:目視

そんな新型モデルの斜め後方の視界&視認性は、次のような特徴がありました。

サイドミラーのサイズは標準的

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のサイドミラーのサイズは、ミドルクラスのミニバンとしては、標準的なサイズになっています。

ただ、助手席側のサイドミラー下部には、前輪&後輪付近を映し出してくれる補助ミラー(耳たぶミラー)を標準装備。

■新型ステップワゴンの補助ミラー

見た目の不格好さは多少気になるものの、狭い道で大きなトラックとすれ違う時など幅寄せをする時には重宝しそうですね。

上位モデルはブラインドスポットインフォメーションを装着

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の上位モデルに位置をするスパーダとプレミアムラインは、斜め後方のクルマを検知して、お知らせをしてくれるブラインドスポットインフォメーションを標準装備しています。

■ブラインドスポットインフォメーションのセンサー

なので、この新型モデルの上位モデルは、高速道路などでの車線変更を安心して行うことができますよ。

ちなみに、下位モデルに位置をするエアー(AIR)では、ブラインドスポットインフォメーションの用意はなく、また、オプションでも装着することができないので、ご注意を…。

斜め後方を目視しやすい新型ステップワゴン

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の仕明&視認性で良いと思ったのが、斜め後方の目視のしやすさです。

今回デビューを果たした新型モデルは、サイドウィンドウが大きいだけではなく、ベルトライン(=窓の下端)が低いため、斜め後方を目視で確認しやすいです。

また、この新型モデルの3列目シートは、日産のセレナe-POWERやトヨタのヴォクシーやノアと違い、床下に収納するタイプになっているんですよね。

■3列目シート収納時の新型ステップワゴン

そのため、3列目シートを収納しても、斜め後方の視界を妨げません。

ちなみに、競合車・ライバル車の一つでもあるトヨタのヴォクシー/ノアの3列目シートは、窓枠に収納されるようになっています。

■ヴォクシーの3列目シート収納時

そのため、3列目シート収納時の斜め後方の視界&視認性は、新型ステップワゴン(STEP WGN)よりも格段に劣ります。

3列目シート収納時でもスッキリとクリアな後方視界を確保しているのは、競合車・ライバル車にはないこの新型モデルの良いところの一つなのかなと思いました。

まとめ:運転がしやすいクリアな後方視界を確保している新型ステップワゴン

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の後方&斜め後方の視界を確認したところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンの後方の視界のまとめ

・視認性に優れた大きなリヤガラスを標準装備
・後方の映像を映し出すアドバンスドルームミラーはオプション
・サイドミラーの大きさは標準的
・助手席側のサイドミラーには、補助ミラーを搭載
・上位グレードはブラインドスポットインフォメーションを標準装備
・3列目シート収納時も斜め後方の視界は良好

わくわくゲートを廃止した新型ステップワゴン(STEP WGN)は、後ろを確認をした際、違和感を感じないスッキリとしたクリアな後方視界に…。

また、今回デビューを果たした新型モデルは競合車とは違い、収納した3列目シートがサイドウィンドウを塞がないため、斜め後方も目視しやすいです。

そのため、この新型モデルは、安心して運転をすることができました。

もしこれから新型ステップワゴン(STEP WGN)の試乗に行く方は、この新型モデルの魅力の一つでもある後方&斜め後方の視界の良さもしっかりと確かめてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02