新型ステップワゴンのメーカーオプションは欠点も…【価格や特徴、注意点を徹底解説】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、標準装備の機能や装備が充実しているため、メーカーオプションでできるアイテムは2つのみと非常にシンプルです。

ただ、この新型モデルに用意されているメーカーオプションには、欠点&デメリットも…。

今回デビューを果たした新型モデルは、どのようなメーカーオプションを用意しているのえしょうか?また、この新型モデルに用意されているメーカーオプションの欠点&デメリットは、何なのでしょうか?

新型ステップワゴン(STEP WGN)に用意されているメーカーオプションの種類や価格、注意点をグレード別にお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴン エアーに装着できるメーカーオプションとは?

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の下位モデルに位置をするエアーに用意されているメーカーオプションは、このようになっています。

■エアーに装着可能なメーカーオプション

今回デビューを果たした新型モデルのエアー(AIR)は、マルチビューカメラシステムと、2列目シートに3人乗車することができるベンチシートをメーカーオプションで用意しています。

そんな新型モデルのエアーに装着することができる2つのアイテムは、次のような特徴&注意点があります。

オプション価格の高さが気になるマルチビューカメラ

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーに用意されているメーカーオプションの一つが、真上から見下ろすような視点でクルマの周囲を確認することができるマルチビューカメラシステムです。

■新型ステップワゴンのマルチビューカメラシステム

このマルチビューカメラシステムは、バックをする時だけではなく、見通しの悪い交差点を走行する際など様々なシーンで活躍をしてくれる非常に使い勝手の良いアイテムです。

また、ディーラーさんの話によると、装着率も非常に高いそうです。

ただ、マルチビューカメラシステムを使用するには、ディーラーオプションのナビを装着しないといけないんですよね。

しかも、マルチビューカメラシステムに対応しているディーラーオプションナビは、9インチサイズと11.4インチサイズの2つのみ。

■新型ステップワゴンのディーラーオプションナビ

下位モデルの8インチナビでは、マルチビューカメラシステムを使用することができません。

そのため、マルチビューカメラシステムを装着すると、乗り出し価格が一気に高くなります。

また、この新型モデルに用意されているマルチビューカメラシステムの価格は約9万円と、オプション価格が少し高めに設定されているのも気になるところでした。

スライド幅が短くな2列目ベンチシート

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のエアーは、2列目シートをキャプテンシートからベンチシートに変更することができます。

■エアーに標準装備のキャプテンシート

■エアーにオプションで用意のベンチシート

メーカーオプションで用意されているベンチシートは2列目シートに3人乗車できたり、フルフラットにした時に隙間ができないなどの魅力があります。

ただ、メーカーオプションで用意されているベンチシートは、キャプテンシートと比べて、前後のスライド量が少ないんですよね。

また、3列目シートへのアクセスがキャプテンシートよりもしにくいという欠点・デメリットも…。

なので、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)で車中泊をしたいなどの特別な理由がない限り、ベンチシートの装着は考えなくて良いのかなと思いました。

新型ステップワゴン スパーダに装着できるメーカーオプションとは?

フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ”に装着することができるメーカーオプションは、次の通りになっています。

■スパーダに装着可能なメーカーオプション

スパーダ(SPADA)に用意されているメーカーオプションは、下位モデルのエアー(AIR)と全く同じです。

ただ、エアーにはないスパーダならではの注意点も…。

そんな新型モデルのスパーダ(SPADA)にメーカーオプションを装着する時の注意点を、気を付けなければいけないポイントを紹介したいと思います。

スパーダにマルチビューカメラシステムの装着は損

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ”は、エアーと同様、マルチビューカメラシステムをメーカーオプションで用意しています。

ただ、中間モデルのスパーダ(SPADA)にマルチビューカメラシステムを装着すると、損をする可能性が…。

と言いますのも、新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデルに位置をするプレミアムラインは、マルチビューカメラシステムを標準装備しているんですよね。

そのため、スパーダにマルチビューカメラシステムを装着すると、プレミアムラインとの乗り出し価格の差が、ハイブリッド車で約11万円、ガソリン車で約17万円くらいまで縮まってしまうんですよね。

しかも、最上位モデルのプレミアムラインは、2列目シートヒーターやアダプティブドライビングビームなどスパーダ(SPADA)には用意されていない機能&装備も備わっているんですよね。

■プレミアムラインの2列目シートヒーター

このように考えると、スパーダ(SPADA)よりもプレミアムライン(PREMIUM LINE)の方がお得感がある感じが…。

なので、中間モデルのスパーダ(SPADA)にメーカーオプションのマルチビューカメラシステムの装着を検討している方は、ご注意くださいね。

ベンチシートよりキャプテンシートの方が快適性は上

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデルのスパーダの2列目シートも、エアーと同様、キャプテンシートからベンチシートに変更をすることができます。

ただ、スパーダに標準仕様のキャプテンシートは、足を伸ばして座ることができるオットマンが備わっているのに対し、メーカーオプションのベンチシートには、オットマンが用意されていません。

■オットマン付きのスパーダのキャプテンシート

なので、快適性は、オットマンが備わっているキャプテンシートの方が圧倒的に良いです。

スパーダのキャプテンシートなら、このように180度リクライニングして、横になることもできますし…。

今回デビューをはたした新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダの2列目シートも、キャプテンシートからベンチシートに変更することができますが、特別な理由がない限り、ベンチシートに変更する必要はないと思いますよ。

新型ステップワゴン プレミアムラインに装着できるメーカーオプションとは?

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデルに位置をするプレミアムラインでは、どのようなメーカーオプションを用意しているのでしょうか?

最上位モデルのプレミアムラインに用意されているメーカーオプションは、このようになっていました。

■プレミアムラインに用意されているメーカーオプション

なし

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のプレミアムラインは、他のグレードではオプションで用意されていたマルチビューカメラシステムが標準装備となっています。

そのため、装着できるメーカーオプションの用意はありません。

ただ、最上位モデルのプレミアムライン(PREMIUM LINE)ならではの注意点があるので、紹介したいと思います。

マルチビューカメラシステムの使用には純正ナビが必要

先ほども申し上げたとおり、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたマルチビューカメラシステムは、標準装備されています。

ただ、他のグレードと同様、マルチビューカメラシステムの映像を表示するナビは標準装備ではなく、ディーラーオプション設定となっているんですよね。

そのため、せっかくマルチビューカメラシステムが標準装備となっていても、ディーラーオプションのナビを装着しなければ、使用することができません。

ちょっとコレは残念ですよね。

マルチビューカメラを標準装備するのなら、その映像を映し出す、ナビも標準装備にしても良かったのかなと思いました。

プレミアムラインはベンチシートに変更不可

また、新型ステップワゴン(STEP WGN)の最上位モデルに位置をするプレミアムラインは、他のグレードと同様、2列目にキャプテンシートを標準装備しています。

■プレミアムラインのキャプテンシート

ただ、他のグレードとは違い、この新型モデルのプレミアムラインの2列目は、キャプテンシートからベンチシートに変更をすることができません。

なので、この新型モデルで車中泊などをしたい方は、キャプテンシートしか選ぶことができあにプレミアムラインよりも、ベンチシートに変更することができるスパーダやエアーの方が良いかもしれませんね。

まとめ:注意点もある新型ステップワゴンのメーカーオプション

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)に用意されているメーカーオプションの種類や価格、欠点を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンのメーカーオプションのまとめ

・メーカーオプションは2種類のみ
・マルチビューカメラのオプション価格は8万9500円
・ベンチシートのオプション価格は2万2400円
・プレミアムラインはメーカーオプションを装着不可

今回デビューを果たした新型モデルは、クルマの周囲を360度確認することができるマルチビューカメラシステムと、車中泊をする時に助かるベンチシートの2つのアイテムを、メーカーオプションで用意。

ただ、マルチビューカメラシステムを使用するには、ディーラーオプションのナビが必要など欠点&デメリットがあります。

また、メーカーオプションで用意されているマルチビューカメラシステムと、カメラ映像を表示するのに必要なディーラーオプションを装着すると、乗り出し価格が高くなるのも、気になるところの一つでした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02