一番人気なのも納得!新型ステップワゴンのスパーダの特徴や魅力、欠点を徹底解説

2022年5月にデビューをした新型ステップワゴン(STEP WGN)は3つのグレードを用意していますが、その中で特に人気が高いのが、中間モデルに位置をするスパーダ(SPADA)です。

上質感がただよう外装&内装など他のグレードにはない魅力があるスパーダ(SPADA)ですが、ちょっと気になるところも…。

今回デビューを果たした新型モデルのスパーダの外装&内装は、どのようなデザインをしているのか?また、スパーダ(SPADA)の人気が高い理由は、何なのでしょうか?

実写画像を使って、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダの特徴や魅力、残念なところを包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンのスパーダ【特徴や魅力をチェック】

2022年5月にフルモデルチェンジをした新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデルに位置するスパーダの外装&内装は、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンのスパーダの外装

■新型ステップワゴンのスパーダの内装

スパーダらしいシック&スタイリッシュな外装&内装になっているこの新型モデルですが、次のような特徴&魅力を備えています。

精悍さがただよう外装

今回デビュー果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ”の魅力の一つは、精悍さがただよう外装・エクステリアです。

スパーダ(SPADA)の外装・エクステリアは、最上位モデルに位置をするプレミアムライン(PREMIUM LINE)と非常によく似ています。

■スパーダの外装

■プレミアムラインの外装

ただ、この新型モデルのスパーダは、プレミアムラインと違いフロントグリルやサイドシル、テールゲートのガーニッシュにダーククロームメッキの加飾をほどこしたガーニッシュを採用しているんですよね。

■ダーククロームメッキ加飾ほどこしたスパーダ

また、ホイールも、 ダーククリア塗装がほどこされた専用デザインとなっています。

■スパーダのタイヤ&ホイール

そのおかげもあり、今回デビューをはたした新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダは、プレミアムラインよりも精悍さがただよう外装・エクステリアになっていました。

シックで大人っぽい内装・インテリア

また、内装・インテリアのデザインも、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダの魅力の一つです。

この新型モデルは、グレードによってダッシュボードやドア内側パネルに使用される素材がが異なるのですが、中間モデルのスパーダは、合成レザーのプライムスムースを採用。

また、シートもファブリックとプライムスムースを組み合わせたコンビシートとなっています。

■スパーダのコンビシート

そのおかげもあり、スパーダらしい大人っぽい落ち着いた雰囲気の内装・インテリアになっていました。

充実した快適装備&便利アイテム

また、充実した装備&アイテムも、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダの魅力の一つです。

下位モデルに位置するエアー(AIR)は、真冬の寒い日に重宝するシートヒーターやスマホや iPhoneを充電する時に使用するUSB ポートなどが用意されていませんでした。

■エアーの内装・インテリア

一方、中間モデルのスパーダ(SPADA)は、フロントシートに3段階から温度を調節することができるシートヒーターを標準装備。

■スパーダのシートヒータースイッチ

また、全席に充電用のタイプCのUSBポートを備えています。

そのおかげもあり、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダは、長時間ドライブでも快適に過ごせる居心地の良い車内空間になっていました。

下位モデルよりも充実した安全装備

また、下位モデルのエアーよりも安全装備が充実しているのも、スパーダの見逃せないポイントの一つです。

下位モデルに位置をするエアー(AIR)でも自動ブレーキや誤発進抑制機能など基本的な安全装備は、備わっています。

ただ、下位モデルのエアー(AIR)は、高速道路での車線変更をサポートしてくれるブラインドスポットインフォメーションが搭載されていないんですよね。

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ(SPADA)”は、ブラインドスポットインフォメーションを標準装備。

■スパーダのブラインドスポットインフォメーション

また、ヘッドライト点灯時、ステアリングやウィンカーに連動をして曲がる方向を照らしてくれるアクティブコーナリングライトも備えています。

■スパーダのヘッドライト

そのおかげもあり、スパーダはエアーよりも安心感があります。

このように安全装備が充実していて、安心して運転をすることができるのも、スパーダ(SPADA)の魅力の一つなのかなと思いました。

乗り心地の良さ&運転のしやすさ

また、乗り心地の良さ&運転のしやすさも、中間モデルに位置をするスパーダ(SPADA)の魅力の一つです。

最上位モデルに位置をするプレミアムラインは、スパーダよりもひと回り大きい17インチのタイヤ&ホイールを履いているため、足まわりの硬さを感じるんですよね。

■17インチタイヤを履いたプレミアムライン

特に荒れたアスファルト道路を運転した時は…。

一方、新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ”は、プレミアムラインよりもひと回り小さい16インチのタイヤ&ホイールを履いています

■16インチを履いたスパーダ

そのおかげもあり、スパーダ(SPADA)は、あたりの柔らかな乗り心地になっています。

また、中間モデルのスパーダは、プレミアムラインよりも小回りが効くため、バックや駐車がしやすくなっていたのも好印象でした。

お得感のある価格設定

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデル”スパーダ”の魅力の一つは、機能と価格のバランスの良さです。

この新型モデルのスパーダの乗り出し価格は、下位モデルに位置をするエアーよりも26万円~27万円くらい高くなっているんですよね。

■スパーダとエアーの乗り出し価格:ガソリン車

■スパーダとエアーの乗り出し価格:ハイブリッド車

ただ、先ほどもお話した通り、中間モデルのスパーダ(SPADA)は、フロントシートのシートヒーターやUSBポート、電動パワーゲートなどエアーにはない機能&装備が備わっています。

また、スパーダは、本革巻きのハンドルを採用するなど、車内の高級感も増しています。

■スパーダのみに用意されている主な機能&装備

・本革巻きステアリングホイール
・電動パワーテールゲート
・シートヒーター(運転席/助手席)
・トリプルゾーンコントロール フルオートエアコン
・全列USBチャージャー
・LEDアクティブコーナリングライト
・ブラインドスポットインフォメーション

この機能&装備の違いと乗り出し価格の差を比べてみると、中間モデルのスパーダの方がお得感があるような感じが…。

この満足度の高い価格設定も、新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダの売れ行きが良い理由の一つなのかなと思いました。

新型ステップワゴンのスパーダ【欠点&デメリットを紹介】

洗練された見た目や充実した機能&装備など、他のグレードにはない魅力がある新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダですが、ちょっと残念なところもありました。

中間モデルに位置をするスパーダ(SPADA)の欠点&デメリットは、なんなのでしょうか?私が気になったところを紹介したいと思います。

2列目シートの快適性

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダの欠点&デメリットの一つは、2列目シートの快適性です。

この新型モデルのスパーダの2列目シートは、オットマンやUSBポートなどが備わっており、ミドルクラスのミニバンとしては十分な機能&装備が備わっています。

ただ、最上位モデルのプレミアムライン(PREMIUM LINE)と違い、スパーダ(SPADA)の2列目シートには、真冬の寒い日に重宝をするシートヒーターが備わっていないんですよね。

■プレミアムラインの2列目シートヒーター

そのため、2列目シートの快適性は、上位モデルに位置をするプレミアムラインよりも劣る感じが…。

ちなみに、今回デビューを果たした新型モデルのスパーダとプレミアムラインの乗り出し価格の差は11万円~17万円と、それほど大きくありません。

これくらいの価格差なら、2列目シートのシートヒーター目的で最上位モデルのプレミラムラインを購入しても良いかもしれませんね。

ガソリン車とハイブリッド車の乗り出し価格の差

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の中間モデルのスパーダで気になったのは、ガソリン車とハイブリッド車の乗り出し価格の差です。

この新型モデルのスパーダのガソリン車とハイブリッド車の乗り出し価格の差は30万円となっており、プレミラムラインよりも2台のモデルの乗り出し価格の差は広がっていたんですよね。

■スパーダのガソリンとハイブリッドの乗り出し価格差

そのため、この新型モデルのスパーダは、最上位モデルに位置をするプレミアムラインよりもガソリン車とハイブリッド車の元を取るのが大変です。

このプレミアムラインより差がある乗り出し価格の差は、新型ステップワゴンのスパーダの気になるところの一つでした。

まとめ:満足度の高さが魅力の新型ステップワゴンのスパーダ

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)のスパーダは、このような特徴や魅力、欠点がありました。

■新型ステップワゴンのスパーダの魅力のまとめ

・精悍さがただよう外装
・シックで大人っぽい内装
・充実した快適装備&便利アイテム
・安全装備の充実度

■新型ステップワゴンのスパーダの欠点のまとめ

・2列目シートまわりの快適性
・ハイブリッド車とガソリン車の乗り出し価格の差

今回デビューを果たした新型モデルのスパーダは、1列目から3列目まですべての座席に充電用USBポートなど、備わっていると嬉しい快適装備や便利アイテムが充実しています。

また、下位モデルに位置をしているエアー(AIR)には用意されていなかったブラインドスポットインフォメーションが備わるなど安全装備も充実。そのため、長距離ドライブでも安心安全&快適に過ごすことができます。

しかも、エアー(AIR)よりもスパーダ(SPADA)の差はそれほど大きくなく、お得感があります。

ここらへんが、中間モデルのスパーダの人気が高い理由なのかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02