新型ステップワゴンの荷室は使い勝手も良い?【装備&アレンジを徹底解剖】

2022年5月にフルモデルチェンジをした新型ステップワゴン(STEP WGN)の魅力の一つは、バリエーションが豊富な荷室アレンジです。

この新型モデルは、旧型モデルよりも2列目シートの前後のスライド量が増えたこともあり、旧型モデルよりも荷室の使い勝手がさらに良くなったような感じが…。

また、この新型モデルの荷室には、競合車にはない嬉しい機能&装備が備わっているのも好印象でした。

この新型モデルの荷室・ラゲッジルームまわりには、どのような装備&アイテムが用意されているのでしょうか?また、この新型モデルは、どのような荷室アレンジを用意していたのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ステップワゴン(STEP WGN)の荷室まわりの装備&アレンジを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの荷室の装備【注目のアイテムを紹介】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型ステップワゴンの荷室

旧型モデルは、縦方向だけではなく、横方向にも開閉することができる”わくわくゲート”が備わっていました。

■旧型モデルの荷室のわくわくゲート

しかし、今回デビューをはたした新型モデルは、わくわくゲートの用意はなし。

そのおかげもあり、新型ステップワゴン(STEP WGN)は、旧型モデルと比べて、シンプルでスッキリとした荷室・ラゲッジルームに…。

ただ、荷室・ラゲッジスペースまわりの装備やアイテムに関しては、旧型モデルよりも格段に良くなっていました。

そんな新型モデルの荷室・ラゲッジスペースに用意されている装備やアイテムを、紹介したいと思います。

旧型よりさらに広くなった床下収納

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の荷室・ラゲッジスペースの注目アイテムの一つが、広々とした床下収納です。

■新型ステップワゴンの床下収納

今回デビューを果たした新型モデルは、旧型モデルと同様、3列目シートを床下に収納するタイプを採用しています。そのため、3列目シートを使用時は、この床下を収納スペースを活用することができるんですよね。

しかも、今回デビューを果たした新型モデルの床下収納は、旧型モデルよりもひと回り広く、深さが25cmちょっとあります。

■新型ステップワゴンの床下収納のサイズ

そのおかげもあり、3列目シート使用時の荷室・ラゲッジルームの収納力&使い勝手は、競合車よりも優れているように感じました。

隠れ収納ボックスを荷室に用意

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)で驚いたのは、荷室・ラゲッジスペースの左側の壁面のデザインです。

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの左側の壁面には、蓋(リッド)付の収納ボックスを用意。

■新型ステップワゴンの収納ボックス

今回デビューを果たした新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、小物を入れて置けるような小型ポケットがないため、荷室の壁面に用意されているこの収納ボックスは、意外と重宝するような感じが…。

ただ、この新型モデルに用意されている収納ボックスで気になったのは、開け閉めのしやすさです。

この収納ボックスを使用するには、蓋を取り外さないといけないのですが、ちょっと面倒な感じが…。

個人的には、もう収納ボックスの蓋を取り外しやすいデザインにしても良かったのかなと思いました。

ラゲッジランプは豆球を採用

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の荷室・ラゲッジスペースまわりの装備で少し気になったのは、ラゲッジランプです。

■新型ステップワゴンのラゲッジランプ

この新型モデルは、荷室・ラゲッジスペースの天井の中央にラゲッジランプを1つ備えているのですが、光源がLEDではなく、豆球なんですよね。

そのため、夜間に荷室・ラゲッジスペースに積み込んだ荷物を探そうとすると、場所によっては暗さを感じます。

ちなみに、新型ステップワゴン(STEP WGN)では、ディーラーオプションでラゲッジランプをLEDに変更をすることが可能です。

画像引用:https://www.honda.co.jp/STEPWGN/

オプション価格も3,800円とお手頃なので、荷室・ラゲッジスペースにたくさんの荷物を積み込む方やキャンプや釣りなどのアウトドアに行かれる方は、ディーラーオプションで用意されているLEDランプに変更を検討しても良いかもしれませんね。

新型ステップワゴンの荷室アレンジ【広さ&バリエーションをチェック】

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、2列目シートに最大で865mm前後にスライドできるロングスライド機能を備えたこともあり、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手も良くなっていました。

今回デビューをはたした新型モデルは、どのような荷室アレンジを用意しているのでしょうか?また、各荷室アレンジの使い勝手は、どうだったのでしょか?

旧型モデルよりも進化を遂げた新型ステップワゴン(STEP WGN)の荷室アレンジを、実写画像を使って、紹介したいと思います。

3列目シート使用時の荷室

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■3列目シート使用時の荷室アレンジ

この新型モデルは、ミドルクラスの中ではボディサイズが大きいとはいえ、3列目シートを使用すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、やはり狭くなってしまいますね。

ただ、先ほども申し上げた通り、3列目シートを使用時は、床下を収納スペースとして活用できます。

そのため、3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、競合車・ライバル車よりも良いように感じました。

また、この新型モデルの3列目シートは6対4分割方式となっており、左右別々に収納することができるのも好印象でした。

3列目シート収納&2列目シート最後端

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の3列目シートを収納して、2列目シートを一番後ろまでスライドした時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■3列目シート収納&2列目シート最後端の荷室

3列目シートを収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、かなり広くなりますね。

やはり荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を考えると、3列目シートを使用しない時は、床下に収納しておくのが良さそうです。

また、競合車・ライバル車と違いこの新型モデルは、3列目シートを収納しても、荷室・ラゲッジスペースの横幅が狭くならないのも好印象でした。

3列目シート収納&2列目シート中央

また、3列目シートを収納&2列目シートを中央に設置(=両サイドに広げた状態での最後端)にした時の新型ステップワゴン(STEP WGN)の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■3列目シート収納&2列目シート中央時の荷室

2列目シートを中央に設置した時の荷室・ラゲッジスペースの奥行きは約1,200mmとなっており、普段使いでは、十分すぎるほどの広さを確保。

また、この荷室アレンジでは、2列目シートの間にスキー板や釣り竿などの長尺物を積み込むことができるのも好印象でした。

3列目シート収納&2列目シート最前端

また、3列目シートを収納して、2列目シートを一番前にスライドした時の新型ステップワゴン(STEP WGN)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■3列目シート収納&2列目シート最前端時の荷室

この新型モデルの2列目シートは小さく折り畳むことができたいのが、少し残念ですが、2列目シートを最前端にすると、まるで商用バンのような広々とした荷室・ラゲッジスペースに…。。

この時の荷室の奥行きは、約1,700mm。

大人が横になれるくらい広い荷室サイズを確保しているので、車中泊をする際にも便利なのかなと思いました。

まとめ:広さ&使い勝手の良さが魅力の新型ステップワゴンの荷室

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の荷室・ラゲッジスペースに用意されている装備やアレンジを確認してみたところ、次のようになっていました。

新型ステップワゴンの荷室の装備&アレンジのまとめ

・旧型モデルよりも広い床下収納を採用
・荷室の壁面に収納ボックスを用意
・標準仕様のラゲッジランプは豆球
・荷室アレンジのバリエーションも豊富

この新型モデルは、ミドルクラスのミニバンの中で唯一、3列目シートを床下の収納するタイプを採用。

そのおかげもあり、3列目シート収納時の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手は、競合車・ライバル車よりも良い感じが…。

また、今回デビューをはたした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、2列目シートを一番前方にスライドすると、車中泊ができるくらい広々とした荷室・ラゲッジスペースになるのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02