見切りが良くて運転しやすい!新型ステップワゴンの前方視界&視認性を徹底解説

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、ミドルクラスのミニバンの中で一番ボディが大きくなっています。

ただ、運転席からの視界&視認性がよくなるよう様々な工夫をほどこしているおかげで、運転のしにくさは感じませんでした。

今回デビューを果たした新型モデルの運転席からの視界&視認性は、どのような感じになっているのでしょうか?また、この新型モデルには、どのような工夫がほどこされているのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の前方の視界&視認性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ステップワゴンの正面の視界&視認性をチェック

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の正面の視界&視認性は、このような感じになっています。

■新型ステップワゴンの正面の視界

この新型モデルのフロントガラスは広々としていて、前方の視界&視認性は、かなり良さそうですよね。

そんな新型モデルの前方視界には、次のような魅力&特徴を備えていました。

前方の視界を妨げない低めのダッシュボードを採用

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の運転席に座ってまず初めに驚いたのが、ダッシュボードの低さです。

競合車・ライバル車の一つでもある日産のセレナe-POWERやトヨタのヴォクシー/ノアは、少しボテっとした厚みのあるダッシュボードを採用していました。

■ヴォクシーのインパネ

■セレナe-POWERのインパネ

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、左右に真っすぐに伸びた水平基調のダッシュボードを採用。

■新型ステップワゴンのインパネ

しかも、この新型モデルは、ダッシュボードの上段とサイドウィンドウの下端(=ベルトライン)を同じ高さにあわせあり、競合車・ライバル車よりも低くなっているんですよね。

そのおかげもあり、この新型モデルの運転席からの視界&見晴らしが良く、安心して運転をすることができました。

車両感覚が掴みやすいスッキリとした前方視界

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の魅力の一つは、前方の見切りの良さです。

今回デビューを果たした新型モデルのダッシュボードは低めに設置しただけではなく、上面がフラットな形状になっているんですよね。

また、この新型モデルのダッシュボードの上面は、ボンネットまで段差がなく真っ直ぐに伸びているようなデザインに…。

そのおかげもあり、私の身長は175㎝くらいなのですが、背伸びをしない状態でボンネットの4分の3くらいまで確認をすることができます。

この車両感覚が掴みやすい見切りの良さも、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の良いところの一つなのかなと思いました。

前方の視界&視認性をサポートする機能も充実

また、2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、前方の視界&視認性をサポートする機能が充実しています。

この新型モデルの前方の視界&視認性をサポートする機能の一つが、最上位モデルに位置をするプレミアムライン(PREMIUM LINE)に標準装備されているマルチビューカメラシステムです。

■新型ステップワゴンのマルチビューカメラシステム

この新型モデルに用意されているマルチビューカメラシステムは、前後左右様々な角度からクルマの周囲を確認することができるのですが、車両前方を約180度見渡せる広角映像を映し出すことも可能です。

なので、接近してきたクルマや歩行者、自転車などを確認しにくい見通しの悪い交差点でも、この新型モデルは、安心して運転をすることができますよ。

新型ステップワゴンの斜め前方の視界&視認性をチェック

真正面の視界は非常に優れている新型ステップワゴン(STEP WGN)ですが、斜め前方の視界&視認性は、どうなのでしょうか?

こちらが、運転席から左側の斜め前方を確認した時の様子です。

■新型ステップワゴンの斜め前方の視界

今回デビューを果たした新型モデルのAピラーの太さは、トヨタのヴォクシー/ノアよりも若干太いです。

ただ、斜め前方に関しても、視界&視認性を確保するための対策をしっかりとほどこしてくれているおかげで、運転のしにくさは感じませんでした。

この新型モデルでは、斜め前方の視界&視認性を確保するためにどのような工夫をほどこしてくれていたのでしょうか?新型ステップワゴン(STEP WGN)の斜め前方の視界の特徴や魅力、注目ポイントを紹介したいと思います。

斜め前方の視界を遮らないサイドミラー

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)の斜め前方の視界&視認性を確認して良いと思ったことの一つが、サイドミラーの位置です。

トヨタのヴォクシーやノア、日産のセレナe-POWERなどの競合車・ライバル車では、Aピラーの付け根の部分にドアミラーが装着されていました。

そのため、サイドミラーとAピラーが重なってしまい斜め前方の死角が大きく、歩行者や自転車が完全に死角に隠れてしまうことも…。

なので、歩行者が多い交差点を通過する際は、細心の注意を払って運転をする必要がありました。

一方、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、サイドミラーをAピラーの付け根ではなく、ドア内側パネルに装着。

そのおかげもあり、斜め前方の死角は競合車・ライバル車よりも少なく、安心をして運転をすることができました。

助手席側の死角を減らすサイドアンダーミラーを標準装備

また、2022年フルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)は助手席側のサイドミラーに、前輪&後輪付近を確認することができるサイドアンダーミラーを標準装備しています。

■新型ステップワゴンのサイドアンダーミラー

正直に言って、ピョコッと飛び出しているサイドアンダーミラーは、この新型モデルの特徴でもある上品でスッキリとした見た目に相応しくないように感じます。

ただ、旧型モデルに備わっていた補助ミラーと比べると、この新型モデルに用意されているサイドアンダーミラーの方が視認性&使い勝手は、良いように感じました。

マルチビューカメラでも助手席側の死角を確認可能

また、今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は、最上位モデルのプレミアムラインに標準装備されているマルチビューカメラシステムでも、車両の前方側面を確認することが可能です。

■マルチビューカメラのサイドビュー

サイドアンダーミラーも良いですが、真上から見下ろすような視点でも確認することができるマルチビューカメラシステムの方が確認がしやすいですね。

マルチビューカメラシステムでは、補助線が表示されるため、距離も把握しやすいですし…。

ちなみに、様々な角度でクルマの周囲を確認することができるマルチビューカメラシステムは、メーカーオプションでも用意されていおり、エアー&スパーダにも装着することができます。

今回デビューを果たした新型ステップワゴン(STEP WGN)は大きいクルマなので、死角を減らして安心安全な運転をサポートするマルチビューカメラシステムがあると、かなり助かるのかなと思いました。

まとめ:競合車よりも安心感のある新型ステップワゴン

2022年5月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ステップワゴン(STEP WGN)の前方の視界&視認性を確認したところ、このようになっていました。

■新型ステップワゴンの前方の視界のまとめ

・ダッシュボードが低く、スッキリとした前方視界を確保
・運転席からの見切り&見晴らしは良好
・前方の視界をサポートするアイテムも充実
・Aピーラーのサイズは標準的
・斜め前方の死角も競合車よりも少ない

今回デビューを果たした新型モデルは、競合車・ライバル車よりもダッシュボードを低めに設置したおかげで、視認性に優れた広々とした前方視界を確保。

また、サイドミラーをドアパネルに設置しているおかげで、斜め前方の死角も競合車・ライバル車よりも少ないです。

なので、初めてボディサイズの大きいミニバンを運転する方でも、新型ステップワゴン(STEP WGN)は、安心して運転をすることができますよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02