新型オーラのドライブモードは使いやすい?【特徴や魅力、使い勝手を徹底チェック】

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は、ノーマルモードを含めて3つのドライブモードを用意しています。

ただ、この新型モデルに用意されているドライブモードは、ホンダのフィット(FIT4)やトヨタのアクア(AQUA)、ヤリス(YARIS)とは特徴や使い勝手が異なります。

この新型モデルでは、どのようなドライブモードが用意されているのでしょうか?また、この新型モデルのドライブモードの使い勝手&操作感、乗り心地は、どうだったのでしょうか?

日産からデビューを果たしたプレミアムコンパクトカー新型オーラ(AURA)に用意されているドライブモードの特徴や使い勝手、乗り心地などを徹底解剖したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラはどんなドライブモードを用意?【特徴や魅力を紹介】

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は、次のようなドライブモードを用意しています。

■新型オーラのドライブモード

・ノーマルモード
・エコモード
・スポーツモード

この新型モデルに用意されているドライブモードは、このクルマのベースになっているノートe-POWERと同じです。

ただ、各ドライブモードの乗り心地や加速感については、ノートe-POWERよりもさらに良くなった感じが…。そんな新型オーラ(AURA)に用意されている各ドライブモードの特徴や魅力を紹介したいと主増す。

エコモードの特徴

この新型モデルに用意されているドライブモードの一つ”エコモード”は、穏やかな加速性能を抑え、その名の通り、エコな走りを楽しめるドライブモードになっています。

ただ、ホンダのフィット4(FIT4)などの競合車・ライバル車のエコモードとはことなり、この新型モデルのエコモードは、加減速をアクセルペダル一つで行える”ワンペダル走行”を楽しめるのが特徴の一つです。

また、新型オーラ(AURA)に用意されているエコモードは、ワンペダル走行をしている時の加減速がノートe-POWEよりも滑らかで、上品な走りを楽しめるのも魅力の一つなのかなと思いました。

スポーツモードの特徴

また、2021年8月にデビューを果たした日産の新型ノート オーラ(NOTE AURA)は、アクセルの踏み込みに対するレスポンスを高めてくれるスポーツモードを用意しています。

この新型モデルのスポーツモードにした時の加速感は、スポーツカーのように前にグーンと飛び出すような感じではなく、電気自動車のようにスピード感がなくシームレスに加速をしていく感じです。

なので、運転をしていて全く怖い雰囲気がありません。

また、この新型モデルのスポーツモードは、エコモードと同様、アクセルペダルのみでスピードの加減速を調整できる”ワンペダル走行”ができるようになっており、アクセルペダルのみでスイスイと気持ちが良い運転をすることができるのが魅力の一つですよ。

ノーマルモードの特徴

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)の注目のドライブモードは、ノーマルモードです。

この新型モデルに用意されているエコモードやノーマルモードは、アクセルペダルの踏み込みや離す量でスピードを調整できるワンペダル走行を楽しめるドライブモードになっています。

それに対し、この新型モデルのノーマルモードは、ワンペダル走行ではなく、アクセルとブレーキペダルを駆使をする一般的な運転操作を楽しめます。

新型オーラ(AURA)の特徴でもあるワンペダル走行に馴染めなかった方には、普通の感覚で運転をすることができるノーマルモードは、非常に重宝するのかなと思いました。

新型オーラはドライブモードは使いやすい?【操作性&使い勝手を徹底解説】

このように3つのドライブモードを用意している日産の新型ノート オーラ(NOTE AURA)ですが、運転中のドライブモードの切り替えで若干気になるところも…。

そんな新型モデルのドライブモードの操作感&使い勝手を包み隠さず紹介したいと思います。

ドライブモード切替スイッチは運転席の横に設置

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)では、ドライブモード切り替えスイッチ(ドライブモードセレクター)をセンターコンソールの右側、シフトレバーのスグ横に設定しています。

■新型オーラのドライブモード切替スイッチ

運転席から手が届く位置にスイッチが用意されており、手軽にドライブモードを切り替えることができるのは、非常に用意と思いました。

また、この新モデルに用意されているドライブモード切り替えスイッチは、指一本分とそれほど大きくありません。ただ、ドライブモード切替スイッチの下にあるEVモードスイッチやオートブレーキホールドなどとスイッチの形状が異なるため、操作ミスが起きにくいのも好印象でした。

ドライブモードはエコモードがデフォルト設定

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のドライブモードスイッチで印象的だったのは、デフォルトの設定(標準の状態)です。

競合車・ライバル車の多くは、ノーマルモード(NORMAL MODE)が標準設定となっているのですが、この新型モデルでは、ワンペダル走行を楽しめるエコモードが標準設定となっています。

そして、スポーツモードにするときは、センターコンソールに備わっているドライブモード切替スイッチのつまみを前方にカチっと倒します。

逆に普通のアクセル&ブレーキ操作で運転をすることができるノーマルモードにするときは、ドライブモード切替スイッチのつまみを後方に引きます。

このようにデフォルトの設定がエコモード(ECOモード)になっているのは、競合車・ライバル車との大きな違いの一つなのかなと思いました。

ドライブモードのメモリー機能はなし

そんな新型オーラ(AURA)のドライブモードで気になったことの一つが、ドライブモードのメモリー機能です。

この新型モデルのドライブモードはメモリー機能を搭載していないため、電源を切るたびにデフォルト設定のエコモードに戻ってしまいます。

なので、エコモードに馴染めず、ノーマルモードで運転している方は、クルマに乗るたびにドライブモード切替スイッチにノーマルモードに切り替えてから運転をする必要があります。

クルマに乗るたびにドライブモードを切り替えないといけないのは、ちょっと面倒ですよね。

個人的には、メモリー機能を搭載して、エンジンを停止前のドライブモードの状態を維持するようにして貰いたかったです。

まとめ:ノートより快適性が増した新型オーラの乗り心地

2021年8月にデビューを果たした日産の新型ノート オーラ(NOTE AURA)のドライブモードを確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラのドライブモードのまとめ

・ノーマル/エコ/スポーツの3種類を用意
・乗り心地&快適性はノートe-POWER以上
・センターコンソールに切り替えスイッチを搭載
・メモリー機能の用意はなし

今回デビューを果たした新型モデルでは、ベースとなっているノートe-POWERと同じ3つのドライブモードを用意していました。

ただ、ノートe-POWERよりもモーターのパワーが増したこともあり、どのドライブモードも上品&快適な乗り心地になっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02