新型オーラのおすすめグレードはどっち?【Gグレード vs Gレザーエディション】

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は、GグレードとGレザーエディションの2つのグレードを用意しています。

先日、この新型モデルの2つのモデルのグレードを見比べることができたのですが、GグレードよりもGレザーエディションの方がおすすめです。

なぜこの新型モデルのおすすめグレードは、GグレードではなくGレザーエディションなのでしょうか?また、GグレードとGレザーエディションは、どんな違いがあるのでしょうか?

Gグレードではなく、新型オーラ(AURA)の最上位モデルに位置をするGレザーエディションの方がおすすめの理由を包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

充実した機能&装備【新型オーラのGレザーがおすすめの理由1】

私が新型オーラ(AURA)のGレザーエディションをおすすめする理由の一つが、機能&装備の充実度です。

特にGグレードとGレザーエディションでは、後部座席まわりの機能&装備に違いがありました。

Gグレードは後部座席にセンターアームレストの用意がない

新型ノート オーラ(NOTE AURA)のGグレードの後部座席は、ダークブラウンの合成レザーとツイード調の織物をあしらったお洒落なデザインをしています。

■新型オーラのGグレードの後部座席

ただ、下位モデルに位置をするGグレードでは、後部座席の中央にアームレストが用意されていないんですよね。

そのため、後部座席の快適性&居心地の良さに関しては、上位モデルに位置をするGレザーエディションよりも少し劣るように感じました。

Gレザーの後部座席はセンターアームレストを標準装備

一方、スタイリッシュな本革シートを採用している新型オーラ(AURA)の上位モデル”Gレザーエディション”では、後部座席の中央にセンターアームレストが備わっています。

■新型オーラの後部座席

■新型オーラのリヤセンターアームレスト

そのおかげもあり、この新型モデルのGレザーエディションは、Gグレードよりも快適に過ごせる後部座席になっていました。

また、Gレザーエディションに用意されているリヤセンターアームレストには、ドリンクホルダーを2つ備わっているのも、嬉しいポイントの一つでした。

車内の高級感&上質感【新型オーラのGレザーがおすすめの理由2】

また、新型ノート オーラ(NOTE AURA)のGグレードよりもGレザーエディションの方がおすすめの理由の一つが、車内の高級感&上質感です。

車内の洗練さに差があるGグレードとGレザーエディション

今回デビューを果たした新型モデルの内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■Gグレードの内装・インテリア

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/aura.html

シートにツイード調の織物×合成レザーをあしらっているGグレードは、どこか温かみのあるナチュラルテイストな車内空間になっていました。

一方、こちらは、新型オーラ(AURA)の最上位モデルに位置をするGレザーエディションは、その名の通り、本革シートを採用しています。

■Gレザーエディションの内装・インテリア

画像引用:https://www3.nissan.co.jp/vehicles/new/aura.html

そのおかげもあり、この新型モデルのGレザーエディションは、Gグレードとはひと味違う洗練された車内空間に…。

プレミアムコンパクトカーらしい高級感&上質感を味わいたいのなら、Gグレードではなく最上位モデルに位置をするGレザーエディションの方が良いのかなと思いました。

座り心地が良いGレザーエディションの本革シート

また、シートの座り心地が良いのも、Gレザーエディションをおすすめしている理由の一つです。

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のGレザーエディションの本革シートでは、スカイラインやフーガ、エルグランドなどの日産の高級車のみに採用されている高級なウレタン”スラブウレタン”と言うのを採用しているようなんですね。

画像引用:http://www.nissan.co.jp/

そのおかげもあり、この新型モデルのGレザーエディションの本革シートは、適度な沈み込みと優しく身体を包み込むホールド感がある上品な座り心地に…。

また、この新型モデルのGレザーエディションの本革シートは、レザーシート特有の表面の張りの強さがなく、優しくお尻を包み込んでくれるような座り心地になっているのも好印象でした。

コストパフォーマンスの良さ【新型オーラのGレザーがおすすめの理由3】

また、乗り出し価格の安さ&コストパフォーマンスの良さも、Gレザーエディションをおすすめする理由の一つです。

GグレードとGレザーの車体本体価格の差は約9万円

今回デビューを果たした新型ノート オーラ(NOTE AURA)のGグレードとGレザーエディションの車体本体価格を比べてみると、約9万円の差しかないんですよね。

■新型オーラのGグレードとGレザーの車体本体価格比較

また、この新型モデルのGグレードとGレザーエディションの乗り出し価格は、それぞれこのような感じになります。

■新型オーラのGグレードとGレザーの乗り出し価格比較

9万円でシートを織物×合成レザーのコンビシートから座り心地が良い本革シートにアップグレードできて、リヤセンターアームレストが追加されると考えると、かなりお得感がありますよね。

オプションでシートを本革に変更するだけで、10万円~20万円かかるクルマもあるので…。

この新型ノート オーラ(NOTE AURA)のGグレードとGレザーエディションを考えると、Gレザーエディションを購入した方が満足度が高いのかなと思ってしまいました。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、GグレードよりもGレザーエディションの方が人気が高く、2WD/4WDあわせて7割以上の方がGレザーエディションを選んでいるそうですよ。

まとめ:新型オーラの良さを存分に味わえるGレザーエディション

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)は、GグレードとGレザーエディションの2つのグレードを用意していますが、このような理由で最上位モデルのGレザーエディションの方がおすすめです。

■新型オーラのGレザーの方がおすすめの理由

・充実した機能&装備
・車内の高級感&上質感
・コストパフォーマンスの良さ

この新型モデルのGレザーエディションは、高級車に採用されている本革シートを採用するなど、Gグレードにはない魅力&メリットが…。

また、GグレードとGレザーエディションの乗り出し価格の差が小さいのも魅力の一つです。

新型ノート オーラ(NOTE AURA)の良さの一つでもあるプレミアム感を存分に味わいたい方は、Gグレードではなく、最上位モデルにGレザーエディションを選んだ方が満足できると思いますよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02