新型ノートオーラのGグレードとGレザーエディション【内装の違いを比較】

2021年8月にデビューを果たした新型ノートオーラ(NOTE AURA)は、GグレードとGレザーエディションの2種類のグレードを用意しています。

この新型モデルのGグレード/Gレザーエディションはどちらも、ツイード調の織物と木目調のパネルをあしらったダッシュボードを備えており、プレミアムコンパクトカーと呼ぶのに相応しい高級感と上質感が…。

ただ、Gグレード/Gレザーエディションでは、シートの素材や機能&装備に若干の違いが…。

今回デビューを果たした新型モデルのGグレードとGレザーエディションの内装・インテリアはどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この2つのグレードの内装・インテリアには、どのような違いがあるのでしょうか?

実車画像を使って、新型ノートオーラ(NOTE AURA)のGグレードとGレザーエディションの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートオーラのGグレードとGレザーエディション【内装のデザインをチェック】

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)のGグレードとGレザーエディションの内装インテリアはそれぞれこのようなデザインをしています。

ナチュラル感が際立つGグレードの内装

今回デビューを果たした新型モデルのGグレードの内装インテリアはこのようなデザインをしています。

■Gグレードの内装

この新型モデルの G グレードでは、ダッシュボードやセンターコンソールにツイード調の織物とダークブラウンカラーの木目調パネルをあしらっており、上品さがただよう車内空間に…。

また、この新型モデルのGグレードでは、メイン部分にダッシュボードやセンターコンソールと同じカラー&素材感のツイード調の織物を採用していることもあり、上位モデルのGレザーエディションよりもナチュラル感のある内装・インテリアになっていました。

スタイリッシュさが増したGレザーエディションの内装

一方、新型ノートオーラ(NOTE AURA)の上位モデルに位置をするGレザーエディションの内装インテリアはこのようなデザインをしています。

■Gレザーエディションの内装

ダッシュボードやセンタコンソール、ドア内側パネルなどのデザインに関しては、Gグレードと全く同じになっています。

ただ、この新型モデルのGレザーエディションでは、本革のシートを採用しており、ツイード調の織物をメイン部分に採用していたGグレードよりもスタイリッシュな内装・インテリアになっていました。

新型ノートオーラのGグレードとGレザーエディション【内装の違いとは?】

プレミアムコンパクトカーと呼ぶのに相応しい上品さ機能&装備を備えている新型オーラ(AURA)のGグレードとGレザーエディションですが、この2台のグレードの内装・インテリアを見比べると、様々な違いがありました。

そんな新型モデルのGグレードとGレザーエディションの内装・インテリアの違いを紹介したいと思います。

内装色

今回デビュー果たした新型ノートオーラ(NOTE AURA)のGグレードとGレザーエディションの内装インテリアの大きな違いの一つが、 用意されている内装色です。

下位モデルに位置をするGグレードでは、内装色・インテリアカラーにブラックのみを用意。

そして、ダッシュボードやセンターコンソール、シートのメイン部分などにブラックの織物をあしらっていました。

■Gグレードのブラックの内装色

また、ブラックの内装色では、木目調パネルのカラーも落ち着きのあるダークブラウンカラーとなっていました。

一方、新型オーラ(AURA)の上位モデルに位置をするGレザーエディションでは、ブラックに加えて、開放感のあるエアリーグレーの内装色も用意。

■Gレザーエディションのみのエアリーグレーの内装色

このエアリーグレーの内装色・インテリアカラーでは、ダッシュボードやセンターコンソールにあしらわている織物のカラーが、明るめのグレーに…。

また、木目調パネルもブラックの時よりも明るいライトブラウンを採用。

そのおかげもあり、Gレザーエディション専用の内装色となっているエアリーグレーは、ブラックの内装色よりも車内がひと回り広く感じました。

シート

また、2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)のGグレードとGレザーエディションの内装・インテリアの大きな違いの一つが、シートに使用されている素材です。

下位モデルに位置をするGグレードでは、ツイード調の織物と合成レザーを組み合わせたコンビシートを採用していました。

■Gグレードのコンビシート

そのおかげもあり、Gグレードの車内空間は、素朴だけど、どこか上品さがある優しい車内空間に…。

一方、新型ノートオーラ(NOTE AURA)の上位モデルに位置をするGレザーエディションでは、ツイード調の織物×合成レザーのコンビシートではなく、シート全体にレザーをあしらった本革シートを採用。

■Gレザーエディションの本革シート

GグレードとGレザーエディションでは、シートの雰囲気が全く異なりますよね。

スタイリッシュな雰囲気がただよう本革シートを備えたGレザーエディションは、Gグレードよりも都会派っぽいモダンな雰囲気の車内空間になっていました。

リヤセンターアームレスト

また、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)のGグレードとGレザーエディションの内装・インテリアの大きな違いの一つが、後部座席の中央に備わっているリヤセンターアームレストです。

この新型モデルの上位グレードに位置をするGレザーエディションでは、後部座席の中央に引き出して使用をするアームレスト付きのセンターアームレストを標準装備しています。

■Gレザーエディションのリヤセンターアームレスト

しかし、下位モデルに位置をするGグレードの後部座席には、リヤセンターアームレストの用意はナシ。

■リヤセンターアームレストの用意がないGグレードの後部座席

ちょっとコレは残念ですよね。

プレミアムコンパクトカーを謳うのなら、リヤセンターアームレストくらい用意しても良かったと思うのですが…。

そのため、後部座席の快適性&利便性に関しては、Gグレードよりもリヤセンターアームレストを用意しているGレザーエディションの方がワンランクもツーランクも優れているように感じました。

まとめ:車内の雰囲気やや快適性に差があるGグレードとGレザーエディション

2021年8月にデビューを果たした新型ノートオーラ(NOTE AURA)のGグレードとGレザーエディションの内装・インテリアを比べてみたところ、このような違いがありました。

■GグレードとGレザーエディションの内装の違い

・用意されている内装色のバリエーション
・フロントシート&後部座席の素材
・リヤセンターアームレストの有無

今回デビューを果たした新型モデルのGグレードとGレザーエディションでは、シートの素材が違うこともあり、車内の雰囲気に大きな差が…。

また、快適性&居心地の良さに関しても、リヤセンターアームレストを備えているGレザーエディションの方が良いです。

パッと見では似たような感じになっている新型オーラ(AURA)のGグレードとGレザーエディションですが、内装・インテリアには、このような違いがあるのでご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02