ノートよりコスパが悪い!新型オーラの毎月のガソリン代をシミュレーション

2021年8月にデビューを果たした日産のプレミアムコンパクトカー新型オーラ(AURA)は、車体重量があるため、燃費性能が劣るのが欠点&デメリットの一つです。

そのため、ノートe-POWERなどの競合車・ライバル車よりも毎月のガソリン代がかかります。

今回デビューを果たしたこの新型モデルは、毎月、どれくらいのガソリン代がかかるのでしょうか?また、兄弟車のノートe-POWERとどれくらい差があるのでしょうか?

日産からデビューを果たした新型オーラ(AURA)のガソリン代は、どれくらいかかるのか計算してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型オーラのガソリン代をチェック

2021年8月にデビューを果たした日産の新型オーラ(AURA)は、GグレードとGレザーエディションの2種類のグレードを用意していますが、それぞれのグレードの燃費性能は、このようになっています。

■新型オーラの燃費性能

この新型モデルの下位グレードに位置をする”Gグレード”と上位モデルに位置をする”Gレザーエディション”では、燃費性能に差はありません。

ただ、2WD車と4WD車で燃費性能に差があります。

そこで、2WD車と4WD車に分けて、この新型モデルのガソリン代を計算してみたいと思います。

2WD車の1kmあたりのガソリン代は5.5円

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の2WD車のガソリン代を計算してみたところ、このようになっていました。

ちなみに、ガソリン代は150円で計算をしています。

■新型オーラの2WD車のガソリン代

この新型モデルの2WD車のガソリン代は、1kmあたり5.5kmとなっています。

一般的に日常の買い物のほか、週末のレジャーなどにクルマを使用をした時の毎月の走行距離は400km~800km、多い人で1000kmが目安と言われております。

この時のこの新型モデルのガソリン代は約2,200円~5,500円となっており、ハイブリッド車としては、ちょっとガソリン代がかかるなと感じてしまいました。

4WD車の1kmあたりのガソリン代は6.6円

一方、2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)の4WD車のガソリン代は、いくらだったのでしょうか?

この新型モデルの4WD車のガソリン代を計算してみたところ、次のようになっていました。

ちなみに、ガソリン代は、WLTC燃費を元に計算をしています。また、ガソリン代は、1リットルあたり150円で計算をしています。

■新型オーラの4WD車のガソリン代

この新型モデルの4WD車の1㎞あたりのガソリン代は約6.6円となっており、2WD車よりも1.1円ほど高くなっています。

また、街乗り&週末のレジャーなどにクルマを使用した時(走行距離:400km~1000km)の毎月のガソリン代は、約2650円~6600円くらいになります。

走行距離によっては、4WD車のガソリン代は、2WD車よりも毎月1000円以上も高くなるのが、気になるところでした。

新型オーラのガソリン代【ノートe-POWERなど競合車と比較】

ハイブリッド車の中では燃費性能が劣る日産の新型オーラ(AURA)ですが、毎月のガソリン代は、ノートe-POWERなどの競合車・ライバル車とどれくいらい差があるのでしょうか?

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)と競合車・ライバル車の毎月のガソリン代を比較してたところ、このようになっていました。

■新型オーラと競合車のガソリン代

毎月200円以上の差がでる新型オーラとノートのガソリン代

2021年8月にデビューを果たした新型オーラ(AURA)のベースになっているノートe-POWERのXグレードの2WD車の燃費性能は、オーラよりも1.2㎞/L多い28.4㎞/Lとなっています。

そのおかげもあり、毎月1000km走った時のガソリン代も200円以上の差が…。

つまり、年間の新型オーラ(AURA)のノートe-POWERのガソリン代の差は、2400円以上となります。

このように見ると、この2台のモデルのガソリン代の差って大きいですよね。

コンパクトカーとは思えない充実した機能&装備が魅力の新型オーラ(AURA)ですが、ガソリン代&維持費に関しては、ノートe-POWER(NOTE e-POWER)に少し及ばないのかなと思いました。

思った以上の差がある新型オーラとヤリスのガソリン代

また、ガソリン代を確認して驚いたのが、トヨタのヤリス(YARIS)との差です。

今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)とトヨタのヤリス(YARIS)では燃費性能に8km/L以上の差があることもあり、1000kmあたりのガソリン代で約1,300円の差が…。

なので、一年間で10,000㎞走行したとすると、新型オーラ(AURA)とヤリス(YAIRS)では、ガソリン代だけで13000円くらいの差が生まれます。

このように考えると、新型オーラ(AURA)のコスパの悪さが際立ちますね。

車内の広さや走りの良さが魅力の日産の新型オーラ(AURA)ですが、コストパフォーマンス(コスパ)や維持費、ガソリン代の節約のことを最優先に考えるのなら、このクルマではなく、燃費性能が圧倒的に良いトヨタのヤリス(YARIS)の方が良いのかなと思いました。

まとめ:競合車よりガソリン代&維持費がかかる新型オーラ

2021年8月にデビューを果たした日産のプレミアムコンパクトカーの新型オーラ(AURA)のガソリン代・維持費を確認したところ、このようになっていました。

■新型オーラのガソリン代のまとめ

・2WD車を普段使いした時のガソリン代は約2,200円~5,500円
・4WD車を普段使いした時のガソリン代は約2,650円~6,600円
・新型オーラの毎月のガソリン代は競合車よりも高め

今回デビューを果たした新型モデルは、コンパクトカーの中で特に燃費性能が悪いため、競合車・ライバル車よりも毎月のガソリン代がかかります。

車内の高級感や上質感、走りの良さを最優先に考えるのなら、今回デビューを果たした新型オーラ(AURA)はピッタリなクルマです。

ただ、走りの良さや車内の豪華さよりも毎月のガソリン代を抑えることを優先するのなら、この新型モデルよりも燃費性能が優れるトヨタのヤリス(YARIS)やアクア、ノートe-POWERなどの競合車の方が良いのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02