新型カローラセダンSグレードの外装インプレ【落ち着いた雰囲気で人気】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と中間モデルの”Sグレード”が圧倒的な人気を誇っています。

ただ、外装・エクステリアに関しては、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と中間モデルの”Sグレード”では、大きな差が…。

そんな新型カローラセダン(Corolla Sedan)の中間モデル”Sグレード”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような特徴&WxBとの違いがあったのでしょうか?

実車画像を使って、中間モデル”Sグレード”の外装・エクステリアを徹底解説したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラセダン Sグレードのフロントマスクをチェック【外装レビュー1】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)の中間モデルに位置をする”Sグレード”のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■Sグレードのフロントマスク

フロントマスクにメッキ調の加飾はなし

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”はフロントグリル部分にメッキの加飾が用意されおり、ラグジュアリー感を強調したフロントマスクになっていました。

■最上位モデルWxBのフロントマスク

しかし、中間モデルの”Sグレード”のフロントマスクには、”WxB(ダブルバイビー)”のようなメッキ調の加飾はなし。

ただ、Sグレードのフロントグリル部分には光沢感のある艶アリのブラック塗装が施されており、安っぽさはありません。

■中間モデルSグレードのフロントマスク

“WxB(ダブルバイビー)”のような派手さはないものの、老若男女問わず誰からも愛されるオーソドックスで落ち着い雰囲気のフロントマスクになっていました。

ヘッドライトは3灯式のLEDタイプを標準装備

また、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”と大きく異なるのが、ヘッドライトです。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、一つのバルブでハイビームとロービームを使い分けることができる”バイビーム(Bi-BEAM)”タイプのLEDヘッドライトを標準装備していました。

■WxBのバイビームタイプのLEDヘッドライト

一方、中間モデルのSグレードでは、ハイビームとロービームで違うバルブを使用したオーソドックスな3灯式のLEDヘッドライトを標準装備。

■SグレードのLEDヘッドライト

このようにヘッドライトのデザインや機能性が異なるため、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”とSグレードでは、ライトを点灯した時の印象に大きな違いがありました。

クリアランスランプにも大きな差が…

また、クリアランスランプのデザインや点灯した時の様子も、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の”WxB(ダブルバイビー)”とSグレードでは、大きくことなります。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、ヘッドライトのラインを下から強調するようなワイド感のあるクリアランスランプを採用しており、かなりインパクトのあるデザインに…。

■WxBのクリアランスランプ

一方、中間モデルの”Sグレード”では、ヘッドライトの上部にクリアランスランプを搭載。

■Sグレードのクリアランスランプ

ただ、”WxB(ダブルバイビー)”と比較すると、Sグレードのクリアランスランプ(ポジションランプ)は、迫力&スタイリッシュさに欠ける感じが…。

このインパクトに欠けるクリアランスランプ(ポジションランプ)は、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の中間モデル”Sグレード”の残念な部分の一つでした。

フロントフォグランプはメーカーオプション設定

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)の中間モデルSグレードでは、フロントフォグランプは装着されていません。

ここらへんも、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と大きく異なる部分の一つです。

ただ、この新型モデルでは、LEDフロントフォグランプをメーカーオプションとして用意されています。

ちなみに、LEDヘッドランプのオプション価格は2万2000円とのこと。

オプション価格も高額ではないので、LEDフロントフォグランプが気になる方は、購入を検討してみても良いかもしれませんね。

新型カローラセダン Sグレードのサイドスタイルをチェック【外装レビュー2】

トヨタから新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の中間モデル”Sグレード”のサイドスタイルは、このようなデザインになっています。

■Sグレードのサイドスタイル

Sグレードはシルバー塗装のタイヤ&ホイールを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の”Sグレード”では、シルバー塗装を施したタイヤ&ホイールを標準装備。

■Sグレードのタイヤ&ホイール

ダークグレーメタリック塗装をほどこしたホイールを装着してアグレッシブさを強調していた最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”とは違い、シルバー塗装のホイールを装着したSグレードは、落ち着いた雰囲気のサイドスタイルとなっていました。

Sグレードは乗り心地も良好

また、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の中間モデル”Sグレード”は、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”よりもタイヤサイズがひと回り小さい16インチサイズのタイヤを装着。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、下からの突き上げや衝撃がお尻にダイレクトに伝わってくる印象があったのですが、タイヤサイズがひと回り小さくなったSグレードでは、乗り心地にしなやかさが増したような感じが…。

乗り心地の良さに関しては、16インチサイズのタイヤを履いている中間モデルのSグレードが一番良いように感じました。

サイドミラーはボディと同系色

また、サイドミラーのデザインも注目ポイントの一つです。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、ダークグレーメタリック塗装をあしらったサイドミラーを採用していましたが、中間モデルのSグレードでは、ボディと同系色のサイドミラーを標準装備。

シルバー塗装をほどこしたタイヤ&ホイールとの相性も良く、落ち着いた雰囲気のサイドスタイルを演出していました。

Sグレードのサイドミラーの使い勝手は良好

このようにオーソドックスなデザインになっている新型カローラセダン(Corolla Sedan)の中間モデルのSグレードのサイドミラーですが、使い勝手&機能性は良好。

このSグレードのサイドミラーは、エンジンのON/OFFに連動してサイドミラーが自動的に格納される【オート電動格納機能】を採用。

スーパーやコンビニ、ショッピングモールで駐車をするたびにサイドミラーを格納する面倒から解放された使い勝手に優れたサイドミラーになっていました。

新型カローラセダン Sグレードの後ろ姿をチェック【外装レビュー3】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の中間モデルSグレードの後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■Sグレードの後ろ姿

リヤスポイラーの用意は無し

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”はリヤスポイラーを標準装備しており、スポーティーな後ろ姿をしていましたが、中間モデルのSグレードでは、リヤスポイラーの用意は無し。

中間モデル”Sグレード”の後ろ姿は、セダン車らしい落ち着いた雰囲気を醸し出していました。

まとめ:Sグレードの外装は誰からも愛されるユニバーサルなデザイン

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の中間モデルに位置をする”Sグレード”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

スポーティーさとワイルドさを強調した最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は好き嫌いがハッキリと分かれそうなデザインをしていましたが、中間モデルの”Sグレード”は、”WxB(ダブルバイビー)”とは正反対。

オーソドックスながらも質感の高さを感じる”Sグレード”は、老若男女問わずだれからも好まれるデザインになっているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする