WxBと違う!?新型カローラツーリング/セダンのSグレードのタイヤをチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンで最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と人気を2分しているのが、装備と価格のバランスが取れた”Sグレード”です。

そんな新型モデルのSグレードは、WxB(ダブルバイビー)とは異なる専用デザインのタイヤ&ホイールを装着しています。また、タイヤサイズも他のグレードと異なるため、乗り心地に違いが…。

この新型モデルの”Sグレード”のタイヤ&ホイールは、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、このSグレードのタイヤサイズ、メーカー&ブランドは、どのようになっていたのでしょうか?

新型カローラ ツーリング/セダンの中でも人気が特に高い”Sグレード”に用意されているタイヤ&ホイールを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラツーリング/セダンのSグレードのタイヤのデザインをチェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”のタイヤ&ホイールは、このようなデザインになっています。

■Sグレードのタイヤ&ホイール

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、ダークグレーメタリック塗装を施したアルミホイールを標準していましたが、中間モデルの”Sグレード”では、オーソドックスなシルバー塗装のアルミホイールを標準装備。

そのおかげもあり、中間モデルの”Sグレード”は、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”よりもハデさを抑えた落ち着いたカローラらしい雰囲気のサイドスタイルになっていました。

■新型ツーリングのサイドスタイル

■新型セダンのサイドスタイル

ちなみに、いつもお世話になっているディーラーさんによると、中間モデルの”Sグレード”は、先代モデルにあたるカローラフィールダー(Corolla Firlder)からの乗り換えを中心に幅広い年齢層のお客さんに売れているそうですよ。

新型カローラツーリング Sグレードのタイヤサイズは?

シルバー塗装を施したオーソドックスなデザインになっていた新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”のタイヤ&ホイールですが、タイヤサイズはどれくらいだったのでしょうか?

この新型モデルの”Sグレード”に装着されているタイヤ&ホイールのサイズを確認してみたところ、次のようになっていました。

■Sグレードのタイヤ&ホイールのサイズ

16インチ(205/55R16)

中間モデル”Sグレード”に標準装備されているタイヤ&ホイールの大きさは、最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”よりも一回り小さい16インチサイズに…。

なので、このSグレードのサイドスタイルの迫力は、最上位モデルのWxB(ダブルバイビー)よりも劣ります。

■最上位モデルのWxBのサイドスタイル

ただ、タイヤ&ホイールとボディのバランスも良いですし、また、このクルマの車格のことを考えても、16インチあれば十分なのかなと思いました。

ちなみに、最廉価モデルの”GXグレード”は、メーカーオプションで中間モデルの”S グレード”のタイヤ&ホイールに変更することができるようになっています。

ただ、Sグレードのタイヤ&ホイールを最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のものにアップグレードすることができないので、ご注意くださいね。

新型カローラツーリングのSグレードのタイヤメーカー&ブランドは?

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”のタイヤを確認してみたところ、最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のタイヤ&ホイールとは、異なるブランドのタイヤを履いていました。

この中間モデル”Sグレード”では、どのメーカー&ブランドのタイヤを装着していたのか確認したところ、このようになっていました。

■Sグレードのタイヤメーカー&ブランド

・ダンロップ エナセーブ EC300+ (Dunlop Enasave EC300+)
・ブリヂストン エコピア EP150 (ECOPIA EP150)

最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”ではハイパフォーマンスタイヤを装着していますが、中間モデルの”Sグレード”では、優れた燃費性能に特徴がある低燃費タイヤを装着。

そのおかげもあり、この中間モデルの”Sグレード”は、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”とは全く異なる乗り心地になっていました。

中間モデル”Sグレード”の乗り心地の良さは想像以上

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンでは、どのグレードでも振動やふらつきの少ないフラットな乗り心地を楽しめるのですが、その中でも特にSグレードは路面に対するあたりがソフトで、【しなやかな】乗り心地に…。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”を運転していた時にで感じてたような路面のゴロゴロ感や微振動がなく、とても快適に運転をすることができました。

私はキビキビとしたちょっと硬めの乗り心地の方が好みなので最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の方が好みなのですが、下からの突き上げ感が嫌いな私の妻は、あたりが柔らかな”Sグレード”の乗り心地の方が良かったようです。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンは、グレードによって、乗り心地が若干異なるので、ご注意くださいね。

まとめ:Sグレードは柔らかめの乗り心地が好みの人にピッタリなモデル

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラ ツーリング/セダンの中間モデル”Sグレード”では、オーソドックスなシルバー塗装を施したタイヤ&ホイールを標準装備。

そのおかげもあり、老若男女問わず誰からも好まれる落ち着いたデザインに…。

また、中間モデルの”Sグレード”は、最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”よりも一回り小さい16インチタイヤを装着していることもあり、マイルドな乗り味に…。

柔らかめの乗り心地が好みの方は、ゴツゴツ感や微振動が多めに伝わってくる最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”よりもマイルドな乗り味になっているこのSグレードの方がピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする