予想以上のスポーティー!?新型カローラセダンの外装の実車画像レビュー

2019年9月にトヨタのフラッグシップモデル新型カローラセダン(Corolla Sedan)がフルモデルチェンジをしデビューを果たしました。

今回デビューを果たした新型モデルは3ナンバーサイズになったこともあり、存在感ある佇まい(たたずまい)に…。また、先代モデルよりも低重心になった新型モデルは、若者が乗っても違和感のないスポーティなシルエットになっていました。

そんな新型カローラセダン(Corolla Sedan)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、どのような魅力&特徴があるのでしょうか?

実車画像を使って、新しく生まれ変わった新型セダンの外装・エクステリアを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラセダンの正面のデザイン【外装の実車画像レビュー】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■新型カローラセダンの正面からのデザイン

フロントマスクはツーリングと全く同じデザイン

大口のフロントグリルやワイド感を強調するシャープなデザインのヘッドライトなど、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)のフロントマスクは、ステーションワゴン仕様の”ツーリング(Touring)”と全く同じデザインになっています。

■新型カローラツーリングのフロントマスク

なので、フロントマスクを見比べても、新型カローラツーリング/セダンの違いを見分けるのは難しいですよ。

LEDヘッドライトを全グレードに標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、上質感のあるLEDヘッドライトを全グレードに標準装備しています。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”だけではなく、最廉価モデルの”GXグレード”でもLEDヘッドライトが標準装備されているのは、かなりポイントが高いですよね。

ただ、この新型モデルでは、2種類のヘッドライトを用意。

最上位の”ダブルバイビー(WxB)”のみ機能やデザインに優れる専用デザインのヘッドライトとなっているので、要注目ですよ。

WxBのみフロントフォグランプを標準装備

安全性だけではなく、見た目の高級感や上質感にも影響を与えるフロントフォグランプですが、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のみLEDタイプのフロントフォグランプが標準装備されています。

そして、WxBに標準装備されているフロントフォグランプを点灯してみると、このような感じに…。

■フロントフォグランプを点灯した時の様子

青白く輝くLEDのフロントフォグランプがオシャレですよね。

高級感のあるLEDフロントフォグランプが、スタイリッシュな新型カローラセダン(Corolla Sedan)のフロントマスクをより一層際立たせているように感じました。

ちなみに、WxB(ダブルバイビー)以外のグレードでは、メーカーオプションでLEDフォグランプを装着することができますよ。

グレードによってフロントグリルの加飾が異なる

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、ハイブリッド車/ガソリン車それぞれ3つのグレードを用意しているのですが、フロントマスクの加飾は、グレードによって異なります。

例えば、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、フロントグリル周りにメッキで加飾して、高級感・上質感を演出しています。

■最上位モデルWxBのフロントグリル

また、一見同じにように見える、最廉価モデルの”GXグレード”と中間モデルの”Sグレード”もフロントマスクの加飾に若干の違いが…。この新型カローラセダン(Corolla Sedan)の外装・エクステリアはグレードによって大きく異なるので、要注意ですよ。

新型カローラセダンのサイド【外装の実車画像レビュー】

スタイリッシュな見た目に生まれ変わった新型カローラセダン(Corolla Sedan)ですが、サイドスタイルは、どのようになっていたのでしょうか?

こちらは、新型モデルのサイドスタイルです。

■新型カローラセダンのサイドスタイル

今回フルモデルチェンジをして新発売をしたこの新型モデルは、先代モデルよりも約95mm全長が長くなっただけではなく、25mmほど車高が低くなったころもあり、スポーツセダン車のような低重心&伸びやかな流線シルエットに…。

■新型カローラセダンのボディサイズ

全長:4,495mm
全幅:1,745mm
全高:1,435mm

また、セダン車タイプのこの新型モデルは、ステーションワゴン仕様のツーリング(Touring)とは異なり、後方に行くにつれて天井が低くなっていることもあり、新型カローラ(Corolla)の特徴でもあるスポーティーさがより強調されているように感じました。

タイヤ&ホイールは3種類用意

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)では、デザインやカラー、サイズが異なる3種類のタイヤ&ホイールを用意しています。

なので、この新型モデルは、グレードによってサイドスタイルに違いが…。

例えば、グレーメタリック塗装を施した17インチのタイヤを装着している最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は迫力のあるスポーティーなサイドスタイルになっています。

■最上位モデルのWxBのサイドスタイル

一方、オーソドックスなシルバー塗装を施した16インチサイズのアルミホイールを履いている中間モデルの”Sグレード”では、落ち着いた雰囲気のサイドスタイルに…。

■中間モデル”Sグレード”のサイドスタイル

このように今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、タイヤ&ホイールのデザインに大きな差があるので、要注目ですよ。

また、この新型モデルは、グレードによってタイヤメーカー&ブランドが異なるため、乗り心地にも差が…。この乗り心地の差も見逃せないポイントの一つですよ。

新型カローラセダンの後ろ姿【外装の実車画像レビュー】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■新型カローラセダンの後ろ姿

今回デビューを果たしたこの新型セダン車は、リヤも思ったよりもシャープなデザインに…。

また、このセダンは、左右のリヤコンビネーションランプを繋げたようなデザインになっており、ツーリング(Touring)やスポーツ(SPORT)とは一味異なる後ろ姿になっているのが印象的でした。

LEDリヤコンビネーションランプは専用デザインを採用

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)とステーションワゴン仕様の”ツーリング(Touring)”では、ヘッドライトやフロントグリル、タイヤは全く同じデザインになっていました。

ただ、このリヤコンビネーションランプは、ステーションワゴン仕様のツーリング(Touring)とは異なる専用デザインを採用。

■新型カローラセダンのリヤコンビネーションランプ

このクルマに搭載されているリヤコンビネーションランプは、ステーションワゴン仕様のツーリング(Touring)よりもサイズが大きく、セダン車らしい落ち着いたデザインになっていまいた。

まとめ:新型カローラセダンは幅広い年齢の人に愛される魅力的な一台

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

先代モデルのセダン車は商用車、もしくは、年配の人が乗るクルマと言ったイメージが強かったのですが、新しく生まれ変わった新型モデルは、スポーティーでスタイリッシュなデザインに一新。

20代~30代の若い世代が乗っていても違和感のない、幅広い年代の人に愛されるクルマに仕上がっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする