ラグジュアリー感が凄い!新型カローラセダンWxBの外装の魅力&特徴を徹底解剖

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位に位置をする”WxB(ダブルバイビー)”の魅力の一つが、高級感あふれる外装・エクステリアです。

様々な専用アイテムを装着した”WxB(ダブルバイビー)”は、他のグレードでは味わうことができない迫力とラグジュアリー感が…。私が持っていた「カローラ=一般大衆車」と言ったイメージは、見事に見事に裏切られました。

そんな”WxB(ダブルバイビー)”の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この”WxB(ダブルバイビー)”の外装・エクステリアには、どのような特徴があったのでしょうか?

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の外装・エクステリアの注目ポイントを実車画像を使って、どこよりも詳しくレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラセダンWxBのフロントマスクをチェック【外装インプレ1】

2019年9月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のフロントマスクは、このようなデザインになっています。

■WxBのフロントマスク

先代モデルは、カクカクとしたオーソドックスなセダン車になっていたのですが、今回フルモデルチェンジをして新発売をしたロー&ワイドを強調したスポーティーなシルエットに…。

スポーティなフォルムを手に入れたこの新型モデルは、若い世代の方が乗っても違和感のないクルマに仕上がっていました。

WxB専用デザインのヘッドライト

そんな新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の注目ポイントの一つが、ヘッドライトです。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、一つのバルブでハイビームとロービームを切り替えることができる”バイビーム(Bi-BEAM)”タイプのヘッドライトを標準装備。

■WxBのヘッドライト

この”WxB(ダブルバイビー)”のヘッドライトは、透明なレンズを採用していることもあり、中間モデルの”Sグレード”や最廉価モデルの”GXグレード”とは印象が異なるオシャレな顔つきになっていました。

クリアランスランプも要注目

また、クリアランスランプ(ポジションランプ)も、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の注目ポイントの一つです。

■WxBのクリアランスランプ

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”では、アルファベットの”J”の字を縦に2つ並べたようなデザインになっており、先進性のあるデザインになっているのも印象的でした。

LEDフロントフォグランプを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”とそれ以外のグレードで大きく異なることの一つが、フロントフォグランプです。

中間モデルの”Sグレード”や最廉価モデルの”GXグレード”ではメーカーオプション設定になっていたのに対し、最上位の”WxB(ダブルバイビー)”では、LEDのフロントフォグランプが標準装備。

■LEDフォグランプを点灯した時の様子

この真っ白に輝くLEDフォグランプも、”WxB(ダブルバイビー)”らしいスタイリッシュなフロントマスクを強調しているように感じました。

フロントグリルをメッキで加飾

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”は、フロントグリル周りをメッキで加飾を施したデザインになっています。

■メッキ加飾を施したWxBのフロントグリル

このようにフロントグリルをメッキで加飾しているのは、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のみです。

そのおかげもあり、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”は、【カローラ】とは思えない高級感&上質感のあるフロントマスクになっていました。

新型カローラセダンWxBのサイドスタイルをチェック【外装インプレ2】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)のサイドスタイルは、このようなデザインになっています。

■WxBのサイドスタイル

迫力のある専用デザインのタイヤ&ホイールを標準装備

“WxB(ダブルバイビー)”の最大の注目ポイントと言えば、専用デザインになっているタイヤ&ホイールです。

■WxBのタイヤ&ホイール

専用デザインのダークグレーメタリック塗装をあしらったアルミホイールを履いた”WxB(ダブルバイビー)”は、カローラとは思えない迫力のあるサイドスタイルとなっていました。

タイヤ&ホイールサイズも要注目

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、コンパクトカーサイズのセダンとしては珍しい17インチサイズのタイヤ&ホイールを標準装備。

そのため、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のサイドスタイルは、「えっ!?これが本当にあのカローラ!?」と思ってしまうくらいスポーティーでインパクトのあるデザインに…。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の乗り心地は硬めで、下からの突き上げや衝撃はお尻にダイレクトに伝わってくるという欠点はあります。

ただ、スポーティーさとワイルドさを強調した”WxB(ダブルバイビー)”専用デザインのタイヤ&ホイールは、このグレードの魅力の一つなのかなと思いました。

ちなみに、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のタイヤメーカー&ブランドも他のグレードとは異なるハイスペック仕様となっています。ワンランク上の運転のしやすさを楽しめるタイヤも見逃せないポイントの一つですよ。

ダークメタリック塗装のサイドミラーを標準装備

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”に用意されているサイドミラーは、どのボディカラーを選んでもダークグレーメタリックカラーとなる専用デザインに…。

■WxBのサイドミラー

今回私が見たモデルのボディカラーが”ホワイトパールクリスタルシャイン”と言うこともあり、ダークグレーメタリック塗装を施したサイドミラーとのコントラストが良いですね。

ダークメタリック塗装を施した専用デザインのタイヤ&ホイールとの相性も良く、スポーティーで迫力のあるサイドスタイルの演出に貢献しているように感じました。

新型カローラセダンWxBの後ろ姿をチェック【外装インプレ3】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■WxBの後ろ姿

リヤにメッキの加飾はナシ

兄弟車のツーリング(Touring)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、リヤにマフラーをモチーフにしたメッキ加飾があしらわれおり、スポーティーさを強調した後ろ姿になっていました。

■ツーリングのWxBの後ろ姿

ただ、今回フルモデルチェンジをした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、高級感&上質感を演出するメッキ加飾はなし。

その代わりにセダンの最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、ダークグレーメタリック塗装をほどこしたリヤスポイラーを用意。

■WxB専用のリヤスポイラー

そのおかげもあり、最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の後ろ姿は、他のグレードよりも迫力のあるスポーティなデザインになっていました。

まとめ:今までのカローラのイメージを覆したWxB

2019年9月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の外装・エクステリアは、このようなデザインになっていました。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は、専用デザインのタイヤ&ホイールやメッキ加飾を施したフロントグリルを採用するなど、他のグレードよりも豪華な仕様に…。

カローラセダンと言うと、年配の方が乗っているクルマと言ったイメージがありましたが、最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”は、良い意味で、今までのカローラのイメージを裏切ったスタイリッシュなモデルに仕上がっていました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする