使い勝手はイマイチ!?新型カローラ(セダン)のトランクの欠点&デメリット

2019年9月にフルモデルチェンジをしてトヨタからデビューを果たした新型カローラセダン(Corolla Sedan)のトランクの容量は480リットルあり、思ったよりも容量は広くなっています。

また、トランクの開口部も広くて、思ったよりも荷物の出し入れがしやすい作りになっていました。

ただ、この新型モデルのトランク・荷室を実際に使用してみると、使い勝手など物足りなさを感じたところも…。

フルモデルチェンジをしたを果たした新型カローラセダン(Corolla Sedan)のトランクで気になった事&欠点は、何だったか?

実際にこの新型モデルのトランク・荷室を使用をした感想&気になったところを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

トランクの高さ【新型カローラセダンの荷室の欠点1】

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)のトランク・荷室を見て気になった事のひとつが、トランクの高さです。

■新型カローラセダンのトランク

このクルマはセダン車なので仕方ない部分なのですが、やっぱりトランクの高さが低い…。

■新型カローラセダンの荷室高…約530mm

兄弟車にあたるステーションワゴン仕様の”ツーリング(Touring)”やハッチバック仕様の”スポーツ(SPORT)”と比較すると、荷室・ラゲッジスペースの高さの違いは明らかです。

■新型カローラツーリングの荷室

■新型カローラスポーツの荷室

■新型カローラ3兄弟の荷室高比較

セダン 約530mm
ツーリング 約655mm
スポーツ 約770mm

このクルマの荷室・トランクの奥行きはコンパクトセダン車としては十分に広いので、たくさんの荷物を積めるようになっているのですが、背の高い荷物の積み込みには、やはり不向きなのかなと実車を見て感じてしまいました。

トランクスルー【新型カローラセダンの荷室の欠点2】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)のトランク・荷室で残念だったことの一つが、長尺物を積み込むのに便利な”トランクスルー”の用意が無いことです。

■セダン車に用意されているトランクスルー

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”は6対4可倒式の後部座席を採用しているため、後部座席の背もたれを倒せば、長尺物を積み込むことが可能です。

■後部座席を倒した時の最上位モデルWxBのトランク

ただ、最廉価モデルの”GXグレード”と中間モデルの”Sグレード”では、トランク・荷室の奥行きを拡大することができる6対4可倒式の後部座席を搭載しておりません。

■Sグレードの荷室

また、後部座席の中央部分を貫通させるトランクスルーの用意もありません。

なので、最廉価モデルの”WXグレード”や中間モデル”Sグレード”は、釣り竿などの長尺物を積み込むことができません。

個人的には、トランクスルーくらいは備えておいて欲しかったのですが…

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の荷室・トランクは、普段使いとしては十分な広さを備えていますが、やはりたくさんの荷物を積みこんで長距離ドライブやアウトドアレジャーを行くクルマとしては不向きなのかなと思いました。

後部座席の収納【新型カローラセダンの荷室の欠点3】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)のトランク・荷室を確認していて気になった事の一つが、後部座席の収納操作です。

先ほどもお話しましたが、この新型モデルでは最上位の”WxB(ダブルバイビー)”のみ後部座席の背もたれを前方にパタンと倒して、トランクを広くすることができます。

■最上位モデル”WxB”のトランク

ただ、兄弟車のツーリング(Touring)とは異なり、このクルマはトランク内に後部座席の背もたれを収納するためのレバーの用意がありません。

なので、後部座席の背もたれを収納するため、一度クルマのサイドに回り込み、後部座席横のドアから操作をしないといけません。

後部座席を収納するためのレバーの位置も残念

また、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”では、後部座席の背もたれのロックを解除するためのレバーが肩口部分に用意されています。

■後部座席を収納するためのレバー

ただ、この背もたれのロックを解除するレバーは、ドアに近いシートの外側ではなく、なぜか中央部分に近い内側に設置。

そのため、後部座席のロックを解除するレバーを操作する際、車内に身体を潜り込ませないといけないため、操作が非常にしにくいです。

トランク内に後部座席の背もたれを収納するためのレバーを用意できないのは仕方ないことかもしれませんが、せめて収納レバーは、操作がしやすいシートの外側に用意して貰いたかったです。

この後部座席の収納操作のしにくさや面倒さも、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)のトランク・荷室の欠点の一つなのかなと思いました。

まとめ:購入前にトランクの広さや使い勝手は要チェック

2019年9月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の荷室・ラゲッジスペースは、コンパクトセダン車としては十分な広さと容量を備えています。

なので、普段使いで困るシーンはないと思います。

ただ、同じタイミングで発売されたステーションワゴン仕様の”ツーリング(Touoring)”と比較すると、やはり広さに制限があるような感じが…。また、後部座席の収納など使い勝手の悪さなども気になりました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、トランク・荷室の広さは十分か?また、使い勝手は大丈夫か?などもしっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする