新型カローラセダンはSグレードよりもWxBの方がお得【見積もり比較】

2019年9月にデビューを果たしたトヨタの新型カローラセダン(Corolla Sedan)は、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と中間モデルの”Sグレード”が特に人気が高くなっているようです。

そんな新型モデルの”Sグレード”と”WxB(ダブルバイビー)”の見積もりを貰ってきたのですが、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の方がお得感があるような感じが…。

私が今回貰ってきた最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と中間モデルの”Sグレード”の見積もりは、どんな感じだったのでしょうか?また、どうして、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の方がお得だと思ったのでしょうか?

私が貰ってきた新型カローラセダン(Corolla Sedan)の見積もりを使って、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の方がお得だと感じた理由を紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型カローラセダン WxBとSグレードの見積もりを公開

今回私は、新型カローラセダン(Corolla Sedan)のハイブリッド車の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”と中間モデルの”Sグレード”の見積もりを貰ってきたのですが、それぞれのモデルの見積もり金額・乗り出し価格は、このようになっていました。

最上位モデル”WxB”の見積もり

こちらが、私が貰ってきたハイブリッド車の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の見積もりです。

■WxBの見積もり

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”で選べるボディカラーは3色しかないのですが、今回は一番人気のホワイトパールクリスタルシャインをお願いしました。

また、メーカーオプション&ディーラーオプションに関しては、ディーラーさんにお任せをして、おすすめのアイテムを装着してもらいました。

■今回の見積もりでお願いしたメーカーオプション

ホワイトパールクリスタルシャイン特別塗装料 \33,000
9インチサイズディスプレイオーディオ
6スピーカー
\28,600
ブラインドスポットモニター
リヤクロストラフィックオートブレーキ
\66,000
シートヒーター \27,500
メーカーオプション合計金額 \155,100

■今回の見積もりでお願いしたディーラーオプション

ETC車載器 \42,416
ETCセットアップ料金 \2,750
WxB専用フロアマット \28,600
サイドバイザー \15,180
Tコネクトナビキット \113,960
ガードコスメ \67,100
ディーラーオプション合計金額 \270,006

このようなオプションを装着した時の新型カローラセダン(Corolla Sedan)のハイブリッド車の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の乗り出し価格は、このようになっていました。

■ハイブリッドWxBの乗り出し価格

WxB車体本体価格 \2,750,000
メーカーオプション合計 \155,100
ディーラーオプション合計 \270,006
諸経費&税金 \144,920
乗り出し価格 \3,320,026

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の乗り出し価格は、約332万円。

この”WxB(ダブルバイビー)”に備わっている機能や装備のことを考えると、このくらいの金額は仕方ないのかなと思ってしまうのですが、【一般大衆車のカローラ】として考えると、高いと感じてしまう人もいるのかなと思ってしまいました。

中間モデル”Sグレード”の見積もり

一方こちらは、新型カローラセダン(Corolla Sedan)のハイブリッド車の中間モデルに位置をする”Sグレード”の見積もりです。

■Sグレードの見積もり

中間モデルの”Sグレード”になると選べるボディカラーが一気に増えるのですが、今回は、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と同じホワイトパールクリスタルシャインを注文。

また、メーカーオプション、ディーラーオプションに関しても、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の見積もりと全く同じにしました。

■今回の見積もりでお願いしたメーカーオプション

ホワイトパールクリスタルシャイン特別塗装料 \33,000
9インチサイズディスプレイオーディオ
6スピーカー
\28,600
ブラインドスポットモニター
リヤクロストラフィックオートブレーキ
\66,000
シートヒーター \27,500
メーカーオプション合計金額 \155,100

■今回の見積もりでお願いしたディーラーオプション

ETC車載器 \42,416
ETCセットアップ料金 \2,750
フロアマット(ラグジュアリータイプ) \28,600
サイドバイザー \15,180
Tコネクトナビキット \113,960
ガードコスメ \67,100
ディーラーオプション合計金額 \270,006

その時の、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の中間モデル”Sグレード”の見積もり・乗り出し価格は、このようになっていました。

■ハイブリッドSグレードの乗り出し価格

ハイブリッドS車体本体価格 \2,574,000
メーカーオプション合計 \155,100
ディーラーオプション合計 \270,006
諸経費&税金 \144,920
乗り出し価格 \3,114,026

この中間モデル”Sグレード”の乗り出し価格は約315万円。

最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”と比較すると、中間モデルの”Sグレード”の乗り出し価格は、約20万円ほど安くなっていました。

新型カローラセダンは最上位モデル”WxB”の方がお得!その理由とは?

このように新型カローラセダン(Corolla Sedan)の”WxB(ダブルバイビー)”と”Sグレード”では20万円の価格差がありましたが、色々と比較してみると、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の方がお得感があるように感じました。

なぜ私は最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の方がお得感があると感じたのか?その理由を紹介したいと思います。

【理由1】機能や装備の違い

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の中間モデル”Sグレード”よりも最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の方がお得と感じた理由の一つが、機能や装備の違いです。

今回新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)では、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のみに用意されている専用装備&アイテムがたくさんあります。

■WxBのみに用意されている主な専用装備&アイテム

・バイビーム式LEDヘッドランプ
・メッキ加飾のフロントグリル
・リヤスポイラー
・LEDフロントフォグランプ
・オプティトロンメーター
・リヤセンターアームレスト
・後部座席用のUSBソケット
・6対4分割タイプの後部座席

これだけの装備&アイテムが付いていて、20万円の価格差なら、かなりお得な感じが…。
中間モデルの”Sグレード”にオプションでデジタル表示のオプティトロンメーターを装着するだけでも、7万7000円もかかりますし…。

また、外装や内装のデザイン性&質感も圧倒的に最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の方が良いです。

■中間モデル”Sグレード”の外装&内装

■最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の外装&内装

このように見比べると、外装や内装の豪華さ&上質感が全然違いますよね。

新型カローラセダン(Corolla Sedan)の”WxB(ダブルバイビー)”の乗り出し価格は、決して安い金額ではありません。

ただ、中間モデルの”Sグレード”と最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の機能や装備、デザイン性を考えると、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”を選ぶ価値は十分にあるのかなと思いました。

【理由2】荷室の使い勝手

また、荷室&トランク使い勝手も、新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”の方が圧倒的に良いです。

今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型カローラセダン(Corolla Sedan)では、最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”のみ、後部座席を収納して、トランクの奥行きを広くすることができます。

■後部座席を収納した時のWxBのトランク

長尺物を積み込む時など後部座席が収納できると、助かりますよね。

このように荷室・トランクの使い勝手が良くなる機能が備わっているのも、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の良いところの一つなのかなと思いました。

【理由3】後部座席の快適性

また、後部座席の快適性も、中間モデルの”Sグレード”よりも最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の方が圧倒的に良いです。

例えば、長距離ドライブの時に重宝をする後部座席用のUSBポートが用意されているのは、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のみです。

■後部座席用のUSBポート

中間モデルの”Sグレード”には、用意されていません。

また、後部座席の中央にドリンクホルダー付きのセンターアームレストが備わっているのも最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”のみです。

■後部座席用のセンターアームレスト

このように新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”と中間モデルの”Sグレード”では、後部座席まわりの機能や装備の充実度が異なります。

このくらいの価格差なら、後部座席まわりの機能や装備が充実していて、長距離ドライブでも快適に過ごせる最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”の方が良いのかなと、個人的には思いました。

まとめ:乗り出し価格は高いけど、快適に過ごせるWxB

2019年9月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型カローラセダン(Corolla Sedan)の最上位モデル”WxB(ダブルバイビー)”と中間モデルの”Sグレード”の見積もり金額・乗り出し価格を比較してみたところ、このようになっていました。

この2台のモデルの乗り出し価格を比較すると、約20万円ほどの価格差があります。

だた、機能や装備、使い勝手などを比べてみると、最上位モデルの”WxB(ダブルバイビー)”には、Sグレードとの値段の差以上の価値があるのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02
スポンサーリンクと関連記事

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする