使い勝手は良くなった!?新型CRV/CR-Vの収納スペース・小物入れを徹底解剖

北米や中国など海外では高い人気を誇っていたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが、2年ぶりに日本復帰を果たしました。

今回日本で新発売された新型モデルには、艶のない落ち着いた雰囲気の木目調が施されるなど高級感のあるデザインに…。久しぶりに日本で発売された5代目モデルは、歴代の中で、最も質感の良い仕上がりになっているように感じました。

>>> 新型CRV/CR-V ガソリン車の内装インプレ【HV車には無い特徴&メリットとは?】

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVには、運転席と助手席の間に大型のセンターコンソールを備えるなど、収納スペースの使い勝手も良くなった感じが…。

2018年8月に日本デビューを果たした5代目モデルでは、どのような収納スペース・小物入れを用意していたのでしょうか?また、各収納スペース・小物入れの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

ホンダの人気SUV新型CR-V/CRVに用意されている収納スペース・小物入れのデザインや使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vの運転席周りの収納スペースをチェック

2018年8月に日本デビューをした新型CR-V/CRVの内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの内装・インパネ

この新型モデルでは、マット感のある木目調パネルをインパネやセンターコンソールにあしらった落ち着いた雰囲気の内装・インテリアに…。

また、ユニークなデザインをしたセンターコンソールボックスなど、この新型モデルは、ホンダのクルマらしいユニークなデザインの収納スペース・小物入れが多いように感じました。

そんな新型CR-V/CRVの収納スペース・小物入れを確認してきたので、紹介したいと思います。

収納スペース1:大型センターコンソールボックス

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVの注目の収納スペースの一つが、大型のセンターコンソールボックスです。

■新型CRV/CR-Vの大型センターコンソールボックス

ユニークなデザインをしているこの大型のセンターコンソールボックスには、取り外し&スライド可能なトレーが用意。

荷物の大きさや使い方によって、様々な収納アレンジをする事ができるので、使い勝手はとても良いように感じました。また、この大型センターコンソールボックスは、ボックスティッシュを収納力を備えているのも好印象でした。

収納スペース2:センターコンソールトレー

また、新型CR-V/CRVの大型センターコンソールの前方には、小さいサイズながらトレーを用意しています。

■新型CRV/CR-Vのセンターコンソールトレー

サイズは少し小さめですが、スマホやiPhoneなどを収納しておくのには、適した収納スペースなのかなと思いました。

また、この収納スペースにはアクセサリーソケットは用意されているのですが、このスペースにUSBポートの用意はナシ。個人的には、スマホやiPhoneなどを充電するのに便利なUSBポートをこのスペースに用意して貰いたかったです。

収納スペース3:小型ポケット

新型CR-V/CRVのハンドル・ステアリングホイールのの右側には、ちょっとしたアイテムを収納する事ができる小型ポケットを用意。

■新型CRV/CR-Vの小型ポケット

このポケットはサイズが小さいので、収納できるアイテムは限られてしまうのですが、ガムやミントタブレットを収納しておくのには、良い収納スペースなのかなと思いました。

また、外からは見られにくいスペースなので、小銭入れや電子マネーなどを置いておくのにも良いかもしれませんね。

収納スペース4:オーバーヘッドコンソール

新型CR-V/CRVのルーフ部分には、ワンプッシュで開閉する事ができる収納スペース”オーバーヘッドコンソール”が用意されています。

■新型CRV/CR-Vのオーバーヘッドコンソール

運転用のメガネやサングラスを収納するには、とても良い収納スペースになっているのかなと思いました。また、厚みもあるので、大きいサイズのファッション用サングラスを収納するのにも適しているように感じました。

収納スペース5:グローブボックス

今回新発売された新型CR-V/CRVにもグローブボックスは用意されているのですが、大きさは、このようになっています。

■新型CRV/CR-Vのグローブボックス

この新型モデルに用意されているグローブボックスは、車検証を入れても、まだ収納スペースに余裕があるサイズになっています。ただ、ミドルクラスSUVとしては、平均的なサイズになっているのかなと思いました。

収納スペース6:ドア内側パネル

日本デビューを果たした5代目新型CR-V/CRVのフロントドアの内側パネルは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vのドア内側パネル(フロントドア用)

この新型モデルのドア内側パネルでは、アームレスト部分に用意されているドアを閉じる際のグリップも収納スペースとして使用できるデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vのドア内側パネルの小型ポケット

収納スペース自体はそれ程大きくありませんが、スマートキーなどを収納するのには、とても便利だと思いました。

また、新型CR-V/CRVのドアパネルの下部には、ドリンクホルダーとしても重宝するドアポケットを標準装備。

■新型CRV/CR-Vのフロントドアポケット

この新型モデルでは、スピーカーが高い位置にあるおかげで、フロントドアポケットが競合車・ライバル車よりも大きいサイズに…。

雑誌やペットボトルの飲み物などだけではなく、折り畳み傘を収納するのにも重宝するのかなと思いました。

新型CRV/CR-Vの後部座席の収納スペースをチェック

2018年8月に用意されている新型CR-V/CRVの後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの後部座席周りのデザイン

この新型モデルの後部座席に用意されている収納スペースは、シートバックポケットとドア内側パネルのみ。

■新型CRV/CR-Vのシートバックポケット

■新型CRV/CR-Vのドア内側パネル

この新型モデルの後部座席用のドア内側のポケットは、フロントシートと同様に大きなサイズになっており、収納力は十分です。

ただ、このクルマの後部座席に用意されている収納スペースはそれ程多くありません。また、収納スペース自体も定番のものばかりです。

個人的には、ホンダらしいアイディア満載の収納スペースを期待していただけあって、この新型CR-V/CRVの後部座席周りの収納スペースは、少々物足りなさを感じました。

7人乗りの3列シート仕様だけの収納スペースも…

今回日本デビューを果たした新型CR-V/CRVのガソリン車は、7人乗りの3列シートモデルを用意していますが、3列シート仕様には、専用の収納スペースが備わっておりました。

その一つが、ドリンクホルダーです。

この新型モデルの3列シート仕様では、後輪のホイールハウスの上部を活用した3列目シート用のドリンクホルダーを標準装備。

■新型CRV/CR-Vの3列シート専用のドリンクホルダー

このドリンクホルダーのフロア部分は窪んで(くぼんで)いるので、ちょっとした収納スペースとしても活用できるのかなと思いました。

また、ドリンクホルダーの後方には、3列目シートに座る人のための小型ポケットを用意。

■新型CRV/CR-Vの3列シート専用の小型ポケット

サイズはそれ程大きくありませんが、スマホやiPhone、携帯ゲーム機を収納するのには最適なのかなと思いました。

2018年8月に日本デビューを果たした新型CR-V/CRVの車内には、このような収納スペース・小物入れを用意していました。

今回新発売された新型モデルは様々な収納スペースを用意していましたが、特に良いと思ったのは、アレンジを変更できるセンターコンソールボックスです。

クルマによっては、サイズが大きくても仕切りがなく、使い勝手の悪い収納スペースが多々ありますが、このセンターコンソールボックスは、ドライバーさんの好みや収納するアイテムによってアレンジできるようになっているのが、とても良いと思いました。

また、高級感・上質感のあるこの新型モデルの内装・インテリアを損なわないデザイン性の良さを兼ね備えているのも好印象でした。

このように今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVは、使い勝手の良い収納スペースを多く用意しているので、収納スペースに関して困る心配は無いと思いますよ。

>>> 新型CRV/CR-V ガソリン車のメーター【フルデジタルの視認性を徹底解剖】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする