新型CRV/CR-V ガソリン車の内装インプレ【HV車には無い特徴&メリットとは?】

2018年8月、北米や中国で人気が高いホンダのミドルクラスSUV5代目新型CR-V/CRVが、日本デビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルは、ガソリンとハイブリッドの2つのパワートレーンを用意しています。

このガソリン車の内装・インテリアは、基本的にはハイブリッド車と同じデザインになっているのです。ただ、ハイブリッド車には無い7人乗りの3列シートモデルを用意するなど、ガソリン車ならではの魅力が…。

>>> 3つの違いとは?新型CR-V/CRVのハイブリッドとガソリンの外装を比較

ホンダの新型CR-V/CRVのガソリン車の内装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、ガソリン車の内装・インテリアには、どのような特徴や魅力があったのでしょうか?

この5代目モデルのガソリン車の内装・インテリアを見る事ができたので、徹底的にレビューをしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vのガソリン車の内装インプレ:インパネ周りの機能や装備を徹底チェック

2018年8月に日本デビューをした新型CR-V/CRVのガソリン車の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■新型CRV/CR-Vのガソリン車の内装

液晶パネルを用いたメーターや収納力に優れた大型センターコンソールボックスなど、基本的なインパネのデザインは、ガソリン車とハイブリッド車で共通となっています。

■新型CRV/CR-Vのガソリン車のメーター

■新型CRV/CR-Vのガソリン車のセンターコンソール

また、クルマによっては、ハイブリッド車とガソリン車で加飾を変えている車種もありますが、この新型モデルでは、ハイブリッド車と同様のデザインに…。

インパネやセンターコンソール、ドア内側パネルにマット感のある木目調パネルを採用しており、大人っぽい落ち着いた雰囲気の内装・インテリアになっていました。

中央に7インチを大型ディスプレイを配したフルデジタルメーターを採用

そんな新型CR-V/CRVのガソリン車の内装・インテリアの注目ポイントの一つは、メーターのデザインです。

今回新発売された新型モデルのガソリン車では、中央に高精細の液晶ディスプレイを配したフルデジタル式のメーターを標準装備。

■新型CRV/CR-Vのガソリン車のメーター

3分割構成になっているこのガソリン車のメーターは、左右に水温系と燃料計を、そして、中央にはスピートメーターやタコメーターを表示してくれる7インチサイズの大型液晶ディスプレイを配したデザインに…。

また、この新型モデルのメーターの中央部分には、様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイを表示。

■新型CRV/CR-Vのマルチインフォメーションディスプレイ

他のホンダ車よりもマルチインフォメーションディスプレイの画面が大きく、運転中に確認しやすいデザインになっていました。

ちなみに、コチラの記事では、マルチインフォメーションディスプレイの表示項目や操作性など、新型CR-V/CRVのガソリン車のメーターの詳細をまとめてあります。もしメーターの詳細を確認したい方は、コチラの記事を参考にしてみてくださいね。

>>> 新型CRV/CR-V ガソリン車のメーター【フルデジタルの視認性を徹底解剖】

新型CRV/CR-Vのガソリン車では、ストレートゲート方式のシフトレバーを標準装備

また、今回新発売された新型モデルの注目ポイントの一つは、インパネ中央に配置されているシフトレバーです。

■新型CRV/CR-Vのガソリン車のシフトレバー

新型CR-V/CRVのハイブリッド車では、先進性のあるスイッチ式のシフトレバーを採用していましたが、ガソリン車では、一般的なストレートゲート方式を採用。

誰でもカンタンに使用できるのはとても良いと思いましたが、先進性に関しては、スイッチ式を採用しているハイブリッド車の方が良いように感じました。

また、シフトレバーが配置されているセンタークラスター部分がプラスチック素材になっており、高級感・上質感に乏しいのも、ちょっと残念でした。

新型CRV/CR-Vのガソリン車の内装インプレ:5人乗り仕様と7人乗り仕様の2種類を用意

今回新発売された新型CR-V/CRVのガソリン車の魅力&メリットの一つは、5人乗りの2列シートモデルだけではなく、7人乗りの3列シートモデルを用意している事です。

7人乗りの3列目シート仕様は簡易的なので、常時使用するのには不向きな作りになっています。ただ、友達や祖父母と一緒ににお出かけをする際など、イザと言う時に使用できるシートが用意されているのは、心強いですよね。

そんな新型モデルのの5人乗り仕様と7人乗り仕様のシートは、それぞれこのようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの5人乗り仕様

・フロントシート

・2列目シート


※画像はハイブリッド車のものですが、シートのデザインなどに違いはありません。

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様

・フロントシート

・2列目シート

・3列目シート

パッと見ただけでは分らないと思いますが、今回新発売されたこのガソリン車の5人乗りの2列シート仕様と7人乗りの3列シート仕様では、2列目シートの作りが全く異なっております。

例えば、5人乗車の2列シート仕様の後部座席は、3列目シート仕様の2列目シートよりも座面のサイズが大きく、快適性・座り心地の良さを追求したデザインになっております。

一方、新型CR-V/CRVの7人乗り仕様は3列目シートの足元空間(ニークリアランス)を確保するために、2列目シートにスライド機能を備えています。

■新型CRV/CR-Vの2列目シートを前後にスライドした時の様子

また、7人乗り仕様の2列目シートは、3列目シートへの乗り降りをしやすくするために、小さく落ち畳める仕様に…。

■新型CRV/CR-Vの2列目シートをタンブル収納した時の様子

ちなみに、5人乗り仕様の後部座席には、スライド機能や小さく折り畳めるタンブル収納機能の用意はありません。なので、3列目シートへのアクセスは、思った以上にラクです。

このように7人乗り仕様と5人乗り仕様の2列目シートは、全くの別設計になっているので、試乗をする際は、しっかりと確認してみてくださいね。

新型CRV/CR-Vのの3列目シートは、シンプルな造りに…

今回新発売された新型CR-V/CRVに初めて用意された7人乗り仕様の3列目シートは、このようにシンプルなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の3列目シート

また、このようにシートの座面の高さが低いため、足が持ち上がり体育座りのような座り方に…。なので、居住性・座り心地はあまり良くありません。

なので、この新型モデルの3列目シートは、常時使用するには、少々不向きなのかなと思いました。また、常時3列目シートを使用する場合は、新型CR-V/CRVよりもステップワゴンやオデッセイなどのミニバンの方が良いのかなと思いました。

2018年8月に日本デビューを果たした新型CR-V/CRVのガソリン車の内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

木目調パネルを採用するなど、ガソリン車の内装・インテリアもハイブリッド車と同様に大人っぽい雰囲気の内装に…。シフトレバー部分のデザインなど細かい部分では気になるところはありましたが、プレミアムSUVらしい高級感漂うデザインになっていました。

また、この新型モデルのガソリン車は専用デザインのメーターを採用するなど、ハイブリッド車とは異なるデザインに…。

ハイブリッド車とガソリン車のどちらのモデルを購入しようか迷っている方は、内装・インテリアの違いにも注目をしてみるのも良いと思いますよ。

>>> 新型CRV/CR-V ハイブリッドの内装レビュー【先進的な機能&装備を徹底解剖】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする