【装着必須!?】新型CRV/CR-Vの人気オプションをディーラーに聞いてきた

世界中に多くのファンを抱えるホンダのベストセラーSUV新型CRV/CR-Vが、2018年8月、日本復帰を果たしました。

そんな新型モデルの魅力の一つは、機能や装備の充実度です。

この新型モデルでは、競合車・ライバル車ではオプション設定になっているアイテムが標準装備されているので、追加で装着しないといけないアイテムがほとんどありません。

>>> 新型CRV/CR-V ハイブリッドの内装レビュー【先進的な機能&装備を徹底解剖】

ただ、ディーラーさんに確認したところ、やはりいくつかは装着した方が良いオプションがあるそうです。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vのおすすめのオプションは、なんだったのでしょうか?また、オプション価格は、いくらだったのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型SUVのおススメのオプションをディーラーさんに確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vのおススメのオプションは?ディーラーさんに確認してきた

先ほども紹介した通り、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vでは、競合車・ライバル車ではメーカーオプション設定になっているようなアイテムが標準装備されています。

特に最上位モデルの”EX マスターピース(EX Masterpiece)”は機能や装備が充実しており、次のような便利なアイテムが標準装備となっています。

・本革シート
・大型サンルーフ
・ルーフレール
・純正ナビ(VRU-195CVi)
・ETC車載器
・トノカバー(5人乗り仕様)
・バックカメラ
・LEDヘッドランプ
・安全装備”ホンダセンシング(Honda SENSING)”
・USBポート×3個

ちなみに、最廉価モデルの”EXグレード”では、本型シートや大型のサンルーフなどは装着されていませんが、純正ナビやETC車載器、安全装備”ホンダセンシング(Honda SENSING)”は、しっかりと標準装備されています。

■新型CRV/CR-Vの純正ナビ

新型CRV/CR-Vに標準装備されている純正ナビ(VRU-195CVi)は7インチサイズのエントリーモデルとはいえ、このクラスのSUVで、ナビなどが全グレード標準装備になっているのは、ちょっと珍しいですよね。

>>> 画面サイズや機能性はどう!?新型CRV/CRV-の標準装備ナビの実車画像レビュー

この機能・装備の充実度は、競合車・ライバル車と異なるこの新型モデルの最大の魅力なのかなと思いました。

ただ、ディーラーさん曰く、「安全性を高める次の2つのアイテムに関しては、是非とも装着して頂きたい!」との事でした。

そんなディーラーさんおススメのオプションを紹介したいと思います。

その1.アドバンスドルームミラー/84,240円

ディーラーさんおススメの新型CRV/CR-Vのオプションの一つが、”アドバンスドルームミラー”です。

■アドバンスドルームミラー

この”アドバンスドルームミラー”とは、車体後方に設置されたカメラの映像をルームミラー部分に映し出すという機能です。

後部座席に同乗者や大きい荷物が積んであると、後方の視界が遮られてしまいルームミラーの視認性が悪くなってしまうんですよね。

しかし、この”アドバンスドルームミラー”を使用すると、同乗者や荷物に遮られる事なく、クリアで広い後方視界を確保する事ができます。

私も以前、新型ステップワゴン(STEPWGN)を試乗した際、この”アドバンスドルームミラー”の使い勝手や性能を確かめさせてもらったのですが、通常のルームミラーと比較すると、後方の確認が格段にしやすくなり、感動をしたのを覚えています。

今回新発売された新型CRV/CR-Vは先代モデルよりも全長が70mm拡大された事もあり、後方の車体感覚が若干掴みにくくなっています。

>>> 後ろの確認はしやすい!?新型CRV/CR-Vの後方の視界を実車画像で徹底検証

オプション価格は約85,000円と少々高めになっておりますが、この新型モデルの後方の視界の視界の悪さや日ごろから使えるアイテムという事を考えると、購入する価値はあるのかなと思いました。

その2. ドライブレコーダーパッケージ/52,920円

また、交通事故発生時の状況を記録だけではなく、盗難防止などの役にも立つドライブレコーダーも、新型CRV/CR-Vのおススメのアイテムの一つのようです。

■新型CRV/CR-Vのドライブレコーダー

今回新発売された新型モデルでは、フロントガラスに設置する前方用のドライブレコーダーを3種類、そして、テールゲートに設置するの後方用のドライブレコーダーを1種類用意しており、単品でも購入する事ができるようです。

ただ、ディーラーさんのおススメは、前方用と後方用のライブレコーダーがセットになった”ドライブレコーダーパッケージ”の方のようです。

そんな新型CRV/CR-Vのドライブレコーダーパッケージ”を確認したところ、3種類用意されており、機能や装備、パッケージ価格に若干の違いがありました。

■ドライブレコーダーパッケージA
オプション価格:47,304円
2.4インチ画面を備えた前方用ドライブレコーダーと後方用ドライブレコーダーがセットエントリーモデル。

■ドライブレコーダーパッケージB
オプション価格:52,920円
録画した動画の確認をナビで行えるナビ連動タイプの前方用ドライブレコーダーと後方用のドライブレコーダーがセットになったパッケージ。

■ドライブレコーダーパッケージC
オプション価格:52,920円
GPS機能とフルHD機能を備えたハイスペックタイプの前方用ドライブレコーダーと後方用のドライブレコーダーがセットになった上級パッケージ。ちなみに、ナビと連動する機能は無し。

このように前方用のドライブレコーダーの機能に違いがある3つのパッケージを用意している新型CRV/CR-Vですが、その中でも一番のおススメは、ナビ連動タイプの前方用ドライブレコーダーが装着される”ドライブレコーダーパッケージB”のようです。

ちなみに、ディーラーさんの話によると、この新型モデルはナビが標準装備されている事もあり、ナビと連動する事ができる”ドライブレコーダーパッケージB”が圧倒的に人気が高くなっているようですよ。

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-Vの人気オプションを確認したところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルでは、純正ナビやETC車載器、安全装備”ホンダセンシング(Honda SENSING)”など標準装備のアイテムが充実しているため、オプションで追加する必要はほとんどありません。

ただ、先ほど紹介した2つのアイテムを装着すると、さらに安全性が高まるので、おススメのようですよ。

もしこの新型CRV/CR-Vの購入を検討しているのなら、ぜひともディーラーさんから紹介してもらった2つのアイテムもチェックをしてみてくださいね。

>>> 新型CRV/CR-Vの見積もりを大公開【HVとガソリンの差は大きめ!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする