やっぱり狭い!?新型CRV/CR-Vのガソリン車7人乗りの荷室・ラゲッジルーム

日本では売れ行きが伸びずに販売中止になっていたホンダのミドルクラスSUVの新型CRV/CR-Vが、2018年8月に帰ってきました。

今回新発売された新型モデルのガソリン車では、7人乗り仕様の3列シートモデルと5人乗り仕様の2列シートモデルを用意しています。

この5人乗り仕様と7人乗り仕様では、2列目シートの作りや機能など様々な違いがありますが、荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手も異なります。

ただ、5人乗り仕様と比較して、7人乗り仕様の荷室・ラゲッジルームは、少し狭い感じが…。

ホンダからデビューをした新型CR-V/CRVの7人乗り仕様の3列シートモデルの荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインになっているのでしょうか?また、どのようなアレンジを用意していたのでしょうか?

2018年8月に日本デビューを果たした新型CR-V/CRVのガソリン車の7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り仕様の荷室レビュー:開口部編

2018年8月にフルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのガソリン車の7人乗り仕様の後ろ姿は、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の後ろ姿

そして、この新型モデルのテールゲートを開けてみると、このような感じに…。

■新型CRV/CR-Vの7人乗り仕様の荷室開口部

競合車・ライバル車の一つでもあるスバルのミドルクラスSUVの新型フォレスター(Forester)の荷室開口部と比較すると、若干狭くなっております。

■新型フォレスターの荷室開口部の広さ

>>> 広くて使い勝手も抜群!?新型フォレスターの荷室を徹底チェック

ただ、この新型モデルの荷室開口部は、下端が広い台形のようなデザインになっており、十分な広さを確保しているように感じました。

また、この新型モデルの荷室開口部の下端は約640mmとミドルクラスSUVの中では低めの設定になっており、スーツケースや自転車など重たい荷物を積み込むのに便利な荷室・ラゲッジスペースになっているのも好印象でした。

新型CRV/CR-Vのガソリン車の7人乗り仕様の荷室レビュー:アレンジ編

このように広い荷室開口部を備えている新型CR-V/CRVのガソリン車の7人乗り仕様ですが、ハイブリッド車やガソリン車の5人乗り仕様には無い荷室アレンジを用意しているのも魅力&メリットの一つです。

そんな7人乗り3列シート仕様の新型CR-V/CRVの荷室・ラゲッジスペースのアレンジを確認してきたので、紹介したいと思います。

新型CRV/CR-Vの3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペース

今回新発売された新型CR-V/CRVの3列目シートを使用時の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの3列目シートを使用した時の荷室

この新型モデルの魅力の一つは、車内の広さ・居住性の良さですが、3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペースは、さすがに狭いですね。

ディーラーさんは、「機内に持ち込めるサイズのスーツケースは収納できる荷室・ラゲッジスペースの広さを確保しています。」と説明をしてくれましたが、3列目シート使用時は、普段使いでもちょっと厳しい感じが…。

また、私が気になったのは、3列目シートの背もたれをリクライニングした時の新型CR-V/CRVの荷室・ラゲッジスペースの広さです。

この新型モデルの3列目シートの背もたれを一番後ろまでリクライニングすると、クルマの後方ギリギリまで傾斜します。

■新型CRVの3列目シートをリクライニングした時の様子

なので、3列目シートを使用している時は、背の高い荷物を積み込むのにも不向きな感じが…。

荷室・ラゲッジスペースの使い勝手を考えると、普段は3列目シートは収納しておき、緊急時の補助シートとして使用するのが良いのかなと思いました。

新型CRV/CR-Vの3列目シート収納時の荷室・ラゲッジスペース

3列目シート展開時は、荷室・ラゲッジスペースの奥行きが狭くなってしまう新型CR-V/CRVですが、3列目シートを収納する事によって、、荷室・ラゲッジスペースを広くする事が可能です。

実際に3列目シートの背もたれに備わっているストラップを引いて、背もたれを前方にパタンと倒した時の荷室・ラゲッジルームの広さこのような感じに…。

■新型CRV/CR-Vの3列目シートを収納した時の荷室

3列シート使用時の荷室・ラゲッジスペースと比較すると、荷室・ラゲッジスペースの広さは、かなり広くなりましたよね。

また、3列目シートをただ単に収納しただけでは、3列目シートの背もたれ部分で大きな段差が生じてしまうのですが、高さを調整できるラゲッジボードを上段に設定すれば、このように段差を解消する事が可能です。

■ラゲッジボードを下段に設定した時の荷室

■ラゲッジボードを上段に設定した時の荷室

このようにラゲッジボードを上段に設置した時の荷室・ラゲッジスペースは、ハイブリッド車やガソリン車の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースと比較しても遜色の無い使い勝手になっているように感じました。

新型CRV/CR-Vの2列目&3列目シート収納時の荷室・ラゲッジスペース

また、今回新発売された新型CR-V/CRVの2列目シートと3列目シートの背もたれを同時に収納した時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■新型CRV/CR-Vの2列目&3列目シートを収納した時の荷室

 

ラゲッジボードを上段に設置すれば、2列目&3列目シートを収納した時の荷室・ラゲッジスペースも使い勝手の良いフルフラットな荷室に…。

奥行きも十分んで車中泊をするのにピッタリな荷室アレンジになっているように感じました。

7人乗り仕様には、5人乗り仕様には無い荷室アレンジが…

また、新型CR-V/CRVの3列シート7人乗りモデルは、ガソリン車の5人乗りモデルや、ハイブリッド車には用意されていない荷室・ラゲッジスペースが用意されています。

例えば、2列目シートを前方にスライドすれば、荷室・ラゲッジスペースのフロアを拡大する事が可能です。

■2列目シートを一番前にスライドした時の荷室の様子

■2列目シートを一番後ろにスライドした時の荷室の様子

荷室フロアに若干の隙間が生じてしまいますが、長尺物を積み込む時や車中泊をするのに、重宝する荷室アレンジになっていました。

■3列目シートと2列目シートの間に生じる隙間

また、新型CR-V/CRVの2列目シートをタンブルして小さく折り畳むと、荷室・ラゲッジスペースの奥行きをさらに広くする事が可能です。

実際にこの新型モデルの2列目シートをタンブルすると、このような感じに…。

■新型CRVの2列目シートをタンブルした時の荷室

元々この新型モデルは十分な荷室・ラゲッジスペースの奥行きが用意されていましたが、2列目シートを折り畳むと、さらに広い荷室・ラゲッジスペースが…。

背の高い荷物を含めてたくさんの荷物を積み込まないといけない時には、この荷室アレンジは重宝するのかなと思いました。

2018年8月に日本デビューを果たしたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVのガソリン車の7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、このようになっていました。

3列目シートを使用した時の荷室・ラゲッジスペースは少し狭さを感じたのですが、3列目シートを収納した時は、十分に満足できる広さに…。

また、このガソリン車の3列目シート7人乗りモデルでは、他のモデルでは用意されていない荷室アレンジが用意されているのも好印象でした。

新型CR-V/CRVのガソリン車の3列目シートの7人乗り仕様は、5人乗り仕様よりも乗り出し価格が高くなっていますたが、荷室・ラゲッジスペースの使い勝手に関しては、この7人乗り仕様の方が良いように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする