新型CRV/CR-V ガソリン車のインパネ【運転席まわりの装備を徹底解剖】

街乗りにピッタリなスタイリッシュSUVの代表格新型CRV/CR-Vが、2018年8月にデビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルの内装・インテリアは、フルデジタル表式のメーターが採用されるなど、先進性と高級感を兼ね備えたデザインになっています。

>>> 新型CRV/CR-V ガソリン車のメーター【フルデジタルの視認性を徹底解剖】

また、この新型モデルのインパネは、見た目のデザインだけではなく、使い勝手も良く、実用性も兼ね備えているように感じました。

今回新発売された新型SUVのガソリン車の内装・インパネは、どのようなデザインだったのでしょうか?また、ハンドルやシフトレバーなど運転席周りの装備や機能は、どうだったのでしょか?

2018年8月に日本デビューを果たした新型CR-V/CRVのインパネを確認してきたので、実車画像を使って、徹底的にレビューをしてみたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-V ガソリン車の内装・インパネ画像レビュー

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVの内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vの内装・インパネ

この新型モデルの内装・インパネは、マット感が強い木目調パネルをあしらった高級感・上質感のあるデザインに…。また、この新型モデルのインパネにはソフトパットを多用しているため、触った時の感触も良く、車格に相応しいデザインになっているように感じました。

ちなみに、今回新発売された新型モデルでは、ブラックとブラウンの2色の内装色を用意していますが、どちらのモデルを選んでもインパネのデザインに違いはありません。

また、今回新発売された新型CR-V/CRVのガソリン車は、5人乗り仕様と7人乗り仕様の2種類を用意していますが、どちらのモデルを選択してもインパネのデザインに違いはありませんでした。

ただ、個人的には、競合車・ライバル車の一つスバルの新型フォレスター(Forester)のようにブラックとブラウンの内装色によって、インパネのデザインを少し変更しても良かったのかなと思いました。

>>> 【ブラックorブラウン】新型フォレスターの本革シートはどっちが良い?

新型CRV/CR-Vの運転席まわりの装備の操作性&使い勝手は、どうだった?

このように上質感のある木目調パネルを採用している新型CRV/CR-Vの内装・インパネですが、ハンドルやシフトレバーなどの運転席周りの各装備のデザインや操作性は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルのインパネに用意されている各装備のデザインや使い勝手を、細かく確認してみましょう。

ハンドル・ステアリングホイールは、高級感のあるデザインに…

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVのハンドル・ステアリングホイールは、高級感のある本革巻きを全グレード標準装備。

■新型CRV/CR-V ガソリン車のハンドル

やはり本革巻きのハンドルは、見た目が最高です。

また、この新型モデルでは、右側にクルーズコントロールを設定スイッチ、左側には、マルチインフォメーションディスプレイを切り替えスイッチが用意されています。

このステアリングスイッチのストロークは短めになっており、カチカチと気持ち良く動く操作感が好印象でした。

赤く点灯をするエンジンスターター

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVでは、ハンドル・ステアリングホイールの右側にワンプッシュでエンジンが立ち上がるスタータースイッチを標準装備しています。

■新型CRV/CR-V ガソリン車のスタータースイッチ

このエンジンスタータースイッチは、エンジンを立ち上げると、このような感じに…。

■新型CRV/CR-Vのエンジンを立ち上げた時の様子

この赤く点灯するエンジンスタータースイッチも、スタイリッシュなデザインでなかなか良いように感じました。

ちょっと残念だったシフトレバーパネル

また、インパネの中央に配置されている新型CR-V/CRVのガソリン車のシフトレバーは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-V ガソリン車のシフトレバー

ハイブリッド車では、先進性のあるボタン式になっていましたが、ガソリン車のシフトレバーは、一般的なシフトレバー式を採用。運転席から手が届きやすく、使い勝手は良いです。

また、シフトレバーの隣には、電動式のパーキングブレーキやブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持してくれるオートブレーキホールドスイッチが用意されています。

このように運転席から手が届きやすい位置にシフトレバーやパーキングブレーキスイッチが配置されているのはとても良いのですが、ちょっと残念だったのは、このシフトレバー周りのデザインです。

このシフトレバーまわりのデザインは、プラスチック感が強く、安っぽい感じが…。

今回新発売された新型CR-V/CRVでは、シフトレバーが用意されているセンタークラスターが大きいため、プラスチック感が余計に目立ち、内装・インテリア全体が安っぽく感じます。

個人的には、このシフトレバー周りのデザインをもう少し上質感のあるデザインにした方が良かったのかなと思いました。

シンプルだけど使い勝手の良いエアコン/ヒーター

また、シフトレバーなどがあるセンタークラスタの上部には、空調パネル(エアコンコントローラー)が標準装備されています。

■新型CRV/CR-Vの空調パネル

この空調パネルは、液晶画面も小さく、比較的シンプルなデザインに…。

ただ、運転席と助手席で独立して温度調節や風量が調節できる機能が備わるなど、機能性は良いように感じました。

ナビは全グレード標準装備

また、今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CR-V/CRVは、ナビが全グレード標準装備されています。

■新型CRV/CR-Vに標準装備されているナビ

費用面を考えると、これは嬉しいですよね。

ただ、ちょっと残念だったのは、標準装備されているナビの画面は7インチサイズとなっており、ちょっと安っぽさが…。新型CR-V/CRVはミドルクラスSUVでインパネ自体も大きいので、この画面のサイズの小ささが余計に際立ちます。

また、後付け感のあるデザインも個人的には、少々気になりました。

ナビが標準装備されているのはとても嬉しいのですが、せっかくなら8インチサイズにするなど車格に相応しいナビを標準装備して貰いたかったです。

ハンドルの右側にはスイッチ類を搭載

また、新型CR-V/CRVのハンドル・ステアリングホイールの右側には、安全装備関係やリヤゲートを開閉するスイッチなどをまとめて搭載。

■新型CRV/CR-Vのスイッチ類

あまり操作をする機会は無いと思いますが、スイッチ自体は大きく、比較的操作性は良いのかなと思いました。

ちなみに、このスイッチベースに下には、ETC車載器が搭載されているのですが、これも標準装備されています。

■新型CRV/CR-VのETC車載器

新型CR-V/CRVは乗り出し価格は競合車・ライバル車よりも高くなっていますが、このような機能が標準装備されているのは、競合車には無い魅力の一つだなと思いました。

>>> 新型CRV/CR-Vって本当に高い!?新型フォレスターの見積もりと比較してみた

今回フルモデルチェンジをして新発売されたホンダのミドルクラスSUV新型CR-V/CRVの内装・インパネは、このようなデザインになっていました。

今回新発売された新型モデルのインパネは、木目調のパネルを採用しており、落ち着いた大人っぽい雰囲気のデザインに…。ハデさありませんが、長年乗っていても飽きの来ないデザインになっているように感じました。

また、シフトレバーまわりのデザインや標準装備のナビのサイズなど、少々気になるところもありましたが、運転席周りがあまりゴチャゴチャとしておらず、使い勝手や実用性に優れたデザインになっているのも好印象でした。

内装・インテリアに関しては、好き嫌いがハッキリと分かれる部分です。
また、ブラックとブラウンの内装色で、車内の雰囲気が異なります。

もしこれからこの新型CR-V/CRVの試乗に行かれる方は、インパネのデザインや使い勝手もしっかりと確認してみてくださいね。

>>> 新型CRV/CR-V ガソリン車の内装インプレ【HV車には無い特徴&メリットとは?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする