ガソリン車よりも狭い!?新型CRV/CR-Vハイブリッドの荷室サイズを測ってみた

2018年8月、北米や中国などで発売されていたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vが満を持して、日本で発売を開始しました。

今回新発売さえた新型モデルはハイブリッド車とガソリン車が用意されていますが、この2台のモデルの大きな違いの一つが、荷室・ラゲッジスペースのデザインです。

>>> やっぱり狭い!?新型CRV/CR-Vのガソリン車7人乗りの荷室・ラゲッジルーム

ミドルクラスSUVと言う事で、新型CRV/CR-Vのハイブリッド車でも十分に広い荷室・ラゲッジスペースを備えていますが、使い勝手などに若干の違いが…。また、荷室サイズも若干狭いように感じました。

そんな新型ハイブリッドの荷室サイズは、どれくらいなのでしょうか?また、ガソリン車とハイブリッド車の荷室サイズは、どれくらいの差があったのでしょうか?

2018年8月にデビューしたホンダのミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vの荷室サイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-Vハイブリッドの荷室サイズ:通常時編

2018年8月に日本デビューを果たした新型CRV/CR-Vのハイブリッド車の後部座席を使用した時の荷室・ラゲッジルームは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-Vハイブリッドの通常時の荷室・ラゲッジルーム

この新型モデルは、歴代で最大のボディサイズになっている事もあり、大容量の荷室空間を確保していました。また、ホイールハウスの張り出しも小さく、多くの荷物を積みやすい荷室形状になっているように感じました。

そんな新型CRV/CR-V ハイブリッドの荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたとことろ、このようになっていました。

■新型CRV/CR-V ハイブリッドの通常時の荷室寸法
荷室長:約 950mm
荷室幅:約1,045mm
荷室高:約 850mm

今回新発売された新型モデルの荷室・ラゲッジスペースの奥行きは950mmとなっており、競合車の一つでもあるスバルの人気SUV新型フォレスター

ハイブリッド(Forester Hybrid)よりも一回り大きいサイズに…。

■新型フォレスター ハイブリッドの荷室・ラゲッジスペース

>>> 競合車よりも広い!?5代目新型フォレスターの荷室サイズを確認

このように広くて使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースは、競合車・ライバル車には無い広い車内空間を備えた新型CRV/CR-Vの魅力の一つなのかなと思いました。

ハイブリッド車の荷室はガソリン車よりもちょっと狭い!?

このように競合車と比較すると、十分満足できる広さを備えている新型CRV/CR-V ハイブリッドの荷室・ラゲッジスペースですが、ガソリン車よりも若干荷室サイズは狭くなっていました。

厳密に言うと、この新型モデルのハイブリッド車とガソリン車の5人乗りモデルでは、荷室・ラゲッジスペースでは、荷室の奥行きや横幅に大きな差はありません。

ただ、荷室の高さに大きな違いが…。

新型CRV/CR-Vのガソリン車の場合、高さを調節する事ができるラゲッジボードを備えており、ラゲッジボードを下段に設置した場合、荷室の高さは約940mmに達します。

■ガソリン車のラゲッジボード

ハイブリッド車の荷室高は約940mmなので、ガソリン車の方が約10cmも荷室が高い結果に…。

この違いは大きいですよね。

実際にガソリン車のラゲッジボードを下段に設置して、後部座席を収納すると、自転車やバイクもラクラク収納できそうな広さが…。

もし、自転車やバイクのような背の高いの荷物を積み込みたいのなら、荷室フロアから天井の高さにゆとりがあるガソリン車の方が良いのかなと思いました。

新型CRV/CR-Vハイブリッドの荷室サイズ:後部座席収納

一方、後部座席の背もたれを収納した時の新型CRV/CR-V ハイブリッドの荷室・ラゲッジスペースの広さは、どのようになっているのでしょうか?

こちらは、後部座席を収納した時のハイブリッドの車の荷室・ラゲッジスペースの様子です。

■新型CRV/CR-Vハイブリッドの荷室:後部座席収納時

後部座席を収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、かなり広くなりますね。

また、この新型モデルのハイブリッド車では、後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースがフルフラットになっているのもとても良いと思いました。

そんな新型CRV/CR-V ハイブリッドの後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジルームのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型CRV/CR-V ハイブリッドの後部座席収納時の荷室寸法
荷室長:約1,930mm
荷室幅:約1,045mm
荷室高:約 850mm

後部座席を収納した時の荷室長は約1,930mmとなっており、この後部座席を収納した時の広さもミドルクラスSUVの中でトップクラスに…。

また、この新型CRV/CR-Vの荷室・ラゲッジスペースは、サイズが広いだけではなく、フルフラットになっているので、車中泊をするのにも最適なクルマになっているのかなと思いました。

後部座席を収納した時の荷室の奥行きが広いのは、ガソリン車の7人乗り仕様!?

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型CRV/CR-V ハイブリッド車の後部座席を収納した時の荷室・ラゲッジスペースは、ミドルクラスの中でトップクラスの広さとなっています。また、フルフラットになり、車中泊をするのにも最適です。

ただ、このハイブリッド車よりも、後部座席(2列目シート)を小さく折り畳む事がができるガソリン車の7人乗り仕様の方が、荷室サイズは広く、使い勝手が良い感じが…。

■2列目シートを収納した時のガソリン車の7人乗り仕様の荷室

>>> 新型CRV/CR-V ガソリン車の7人乗りの荷室サイズ【HV車よりも荷室は広い!?】

7人乗り仕様と言うと、「荷室・ラゲッジスペースが狭い」と言うイメージがありますが、アウトドアレジャー目的など、荷室・ラゲッジスペースの広さや積載量を最優先に考える方は、ハイブリッド車よりも7人乗り仕様のガソリン車の方が適しているかもしれませんよ。

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUVの新型CRV/CR-Vの荷室・ラゲッジスペースの広さを確認したところ、このようになっていました。

今回新発売された新型モデルのハイブリッド車は、残念ながら、ガソリン車よりも荷室の高さは劣ります。なので、背の高い荷物の積み込みは、ハイブリッド車よりもガソリン車の方が向いていると思いました。

もしハイブリッド車の荷室サイズや使い勝手が気になる方は、実際にディーラーさんに行って、ご自分の目で広さや使い勝手を確認してみてくださいね。

>>> 足元空間はやはり狭い!?新型CRV/CR-Vの3列目シートの居住性レビュー

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする