新型CRV/CR-V ガソリン車のメーター【フルデジタルの視認性を徹底解剖】

2018年8月、2年間のブランクを経て、ホンダの人気ミドルクラスSUV新型CRV/CR-Vの5代目モデルが日本デビューを果たしました。

今回新発売された新型モデルのハイブリッド車には、ボタン式のシフトレバーが採用されるなど最新の機能が盛り沢山でしたが、ガソリン車には一般的なストレート式のシフトレバーが採用されるなど、比較的シンプルなデザインに…。

そんな新型CR-V/CRVのガソリン車の内装・インテリアを確認していて印象的だった装備の一つが、フルデジタル化されていたメーターです。

この液晶化されたメーターパネルを採用したおかげで、ガソリン車の内装・インテリアも、他のSUVとは一線を画した先進性のあるデザインになっているように感じました。

今回フルモデルチェンジをして新発売されたこの新型モデルのガソリン車のメーターは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、フルデジタルになったこの新型SUVの視認性は、どうだったのでしょうか?

2018年8月に日本デビューを果たした新型CR-V/CRVのメーターのデザインや視認性を確認してきたので、実車画像を使って紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型CRV/CR-V ガソリン車のメーター画像レビュー

2018年8月に日本デビューを果たした5代目新型CR-V/CRVのメーターは、このようなデザインになっています。

■新型CRV/CR-V ガソリン車のメーター:エンジンOFF

そして、エンジンを立ち上げると、このような感じに…。

■新型CRV/CR-V ガソリン車のメーター:エンジンON

今回新発売されたこのガソリン車のメーターは、ハイブリッド車とは異なり、両サイドには水温系とガソリンタンクの残量を表すの燃料計を配置。

■新型CRV/CR-V ガソリン車の水温系

■新型CRV/CR-V ガソリン車の燃料計

そして、中央には、一番上にタコメーター、そして、中央部分に大きな文字で速度を表示してくれるデジタル表示のスピードメーターを採用。

■新型CRV/CR-V ガソリン車のスピードメーター&タコメーター

また、スピードメーターの下の部分には、様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイが用意されていました。

■新型CR-V ガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイ

このようなメーターのデザインは珍しいので、最初は違和感を感じまくりだったのですが、タコメーターやスピードメーター、マルチインフォメーションディスプレイなどの情報を一目で確認できるようになっているのは、とても良いと思いました。

また、新型CR-V/CRVの中央部分に採用されている液晶化されたメーターパネルは、画素密度が高く、高精細になっているのが印象的でした。

ちなみに、新型CR-V/CRVと同じフルデジタル表示タイプを採用しているシビック(CIVIC)のメーターは、このようなデザインになっています。

■新型シビックのメーター

左側に水温系、右側に燃料計を備えているのは、共通しておりますが、新型シビック(CIVIC)は、中央部分にアナログっぽいデザインのタコメーターを採用し、レーシングマシン風のデザインに…。

見た目のインパクトは、レッド基調になっている新型シビックのメーターの方がありましたが、個人的には、スッキリとしたデザインになっている新型CR-V/CRVのメーターの方が視認性は、良いように感じました。

新型CRV/CR-Vのガソリン車のマルチインフォメーションディスプレイの表示項目を徹底チェック

また、先ほどもお話した通り、今回新発売された新型CR-V/CRVでは、中央にある液晶パネル部分にマルチインフォメーションディスプレイが用意されているのですが、ガソリン車の表示項目を確認してみたところ、このようになっていました。

ちなみに、この新型モデルのマルチインフォメーションディスプレイは、ハンドルの左側にあるステアリングスイッチで表示項目を切り替える事が可能ですよ。

■新型CRV/CR-Vのステアリングスイッチ

 

■新型CR-Vのマルチインフォメーションディスプレイの表示項目
・航続可能距離表示/平均燃費表示/瞬間燃費表示

・平均車速表示/経過時間表示

・コンパス表示/交差点案内表示

・ドライバー注意力モニター

・リアルタイムAWD&駆動力配分表示

・リヤシートベルト使用状況表示

・オイルモニターシステム表示

・車両設定

・警告表示

今回新発売された新型CR-V/CRVのマルチインフォメーションディスプレイには、ハンドル操作から居眠り運転や不注意運転を検知し、休憩を促す”ドライバー注意力モニター”など、他のホンダ車には用意されていない表示項目を多数用意。

また、エンジンの出力を抑え、燃費運転のドライブモードにするECONスイッチを押すと、このようにマルチインフォメーションディスプレイに大きく表示されます。

■新型CRV/CR-VのECONスイッチを押した時の様子

このようにECONスイッチを押した時やアイドリングストップスイッチを押した時は、マルチインフォメーションディスプレイの画面に大きな文字で表示してくれるので、運転中も確認しやすいように感じました。

ちなみに、自動ブレーキなどの安全装備が作動した時も、マルチインフォメーションディスプレイの画面部分に大きく表示されるようです。

2018年8月にデビューをしたホンダのミドルクラスSUV”新型CR-V/CRV”のガソリン車のメーターは、このようなデザインになっていました。この新型モデルでは、液晶パネルを用いた先進的なデザインのメーターを標準装備。

競合車・ライバル車とは、全く異なるスタイリッシュな雰囲気のメーターになっていました。

この新型モデルのメーターは、かなりチャレンジをしたデザインになっているので、好き嫌いはハッキリと分かれそうです。ただ、様々な情報を表示してくれるマルチインフォメーションディスプレイの画面も大きく、視認性はとても良いように感じました。

もしこれか、この新型モデルの試乗に行かれる方は、フルデジタルになってる新型CR-V/CRVのメーターのデザインや視認性についても、しっかりと確認をしてみてくださいね。

>>> 新型CRV/CR-Vのメーター比較【ハイブリッドとガソリンの違いを徹底解剖】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする