競合車よりも広い!?5代目新型フォレスターの荷室サイズを確認

2018年6月、SUVらしいチカラ強さと車内の広さを兼ね備えたスバルの人気SUV新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジをして、新発売されました。

もともと車内の広さや使い勝手の良さには定評のあったこの新型モデルですが、5代目モデルは、さらに使いやすくなった感じが…。特に開口部が広くなった荷室・ラゲッジスペースの使い勝手の良さは、ミドルクラスSUVの中でもトップクラスだと思いました。

>>> 広くて使い勝手も抜群!?新型フォレスターの荷室を徹底チェック

このように使い勝手の良さが魅力の新型フォレスター(Forester)ですが、荷室サイズ・広さは、どのくらいだったのでしょうか?また、この5代目モデルの荷室は、競合車の一つでもあるマツダのCX-5や日産のエクストレイルよりも広く、使い勝手は良かったのでしょうか?

2018年6月にデビューをしたこの5代目モデルの荷室サイズを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

ケース1:後部座席を使用時の新型フォレスターの荷室サイズ

2018年6月にスバルからデビューをした新型フォレスター(Forester)の後部座席を使用時(通常時)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの荷室・ラゲッジスペース:通常時

今回新発売されたこの新型モデルは、タイヤホイールの張り出しが小さくなり、スッキリとしたデザインに…。また、コンビニフックやアクセサリーソケットなど装備が充実しており、満足度の高い広さ・使い勝手の良さになっているように感じました。

■新型フォレスターの荷室に備わっているコンビニフック

■新型フォレスターに備わっているアクセサリーソケット

そんな新型フォレスター(Forester)の後部座席使用時の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。

■新型フォレスターの荷室サイズ:後部座席使用時
荷室長:約 900mm
荷室幅:約1,070mm ~ 約1,585mm
荷室高:約 810mm

今回新発売された新型フォレスター(Forester)の荷室幅は、ホイールハウス感が一番短く約1,070mmとなっているのですが、ホイールハウス手前の一番広い部分の荷室幅は約1,585mmとなっており、ミドルクラスのSUVとしては、十分なサイズに…。

なので、この新型モデルは、ゴルフバッグを横積みで、そのままスッポリと収納する事ができちゃいます。

このように後部座席を使用した状態でも十分な広さを確保しているのは、この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースのメリットの一つなのかなと思いました。

ケース2:後部座席を収納した時の新型フォレスターの荷室サイズ

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席の背もたれは収納できるようになっており、広い荷室・ラゲッジスペースを作り出すことができるようになっています。

荷室の壁面左右に備わっている”背もたれ収納レバー”を操作して、この新型モデルの後部座席の背もたれを収納してみると、このような感じ…。

■新型フォレスターの荷室:後部座席収納時

後部座席を使用していた時と比較すると、荷室・ラゲッジルームがかなり広くなりましたよね。

また、この新型モデルの荷室・ラゲッジルームは、後部座席を収納した時に段差ができず、ほぼフラットな状態に近くなっているのも好印象でした。

そんな新型フォレスター(Forester)の後部座席を収納した時のに荷室サイズ・寸法を確認してきたので、紹介したいと思います。

■新型フォレスターの後部座席収納時の荷室サイズ
荷室長:約1,805mm
荷室幅:約1,070mm ~ 約1,585mm
荷室高:約 810mm

当然のことながら、後部座席を収納しても荷室幅・高さに違いがありません。
ただ、後部座席を収納すると、荷室の奥行きが、約2倍に…。

多少、快適に過ごす工夫を施す必要はありますが、この新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジルームは、車中泊をするのに十分な広さと快適性を備えているように感じました。

新型フォレスターの荷室サイズは競合車より広い?比較してみた

このような荷室サイズになっている新型フォレスター(Forester)ですが、競合車・ライバル車と比較してみると、どうだったのでしょうか?

今回フルモデルチェンジをして新発売されたスバルの5代目新型フォレスター(Forester)とマツダのCX-5、日産のエクトレイルの荷室サイズを、比較してみたいと思います。

■新型フォレスターと競合車の荷室サイズ比較
・スバル 新型フォレスター
グレード:プレミアム(Puremium)
荷室長:約 900mm ~ 約1,805mm
荷室幅:約1,070mm
荷室高:約 810mm
・日産 エクストレイル
グレード:20X ハイブリッド
荷室長:約 840mm ~ 約1,840mm
荷室幅:約1,100mm
荷室高:約 750mm
・マツダ CX-5
グレード:25S プロアクティブ
荷室長:約 950mm ~ 約1,780mm
荷室幅:約1,100mm
荷室高:約 795mm

今回比較してみた3つのモデルでは、荷室・ラゲッジスペースのサイズに大きな違いはありません。

ただ、新型フォレスター(Forester)の荷室が一番背が高い事もあり、また、後部座席の収納した時の奥行きが一番広い事もあり、3台のモデルの中で一番使い勝手が良いように感じました。

フルモデルチェンジをして2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースのサイズを確認してみたところ、このようになっていました。また、競合車・ライバル車と比較したところ、このようになっていました。

今回新発売されたこの新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、競合車・ライバル車と比較しても遜色ない広さに…。これだけ荷室・ラゲッジスペースが広ければ、荷物をたくさん積みこむアウトドアレジャーでも大活躍するのかなと思いました。

また、個人的には、この新型モデルは、荷室・ラゲッジスペースの下のスペース広い床下収納(サブトランク)を備えているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする