小物入れは物足りない!?新型フォレスターの収納インプレ【運転席周り編】

日本だけでなく、世界中で人気が高いスバルの新型フォレスター(Forester)の5代目モデルが、2018年6月にデビューをしました。

今回新発売された新型モデルはキープコンセプトになっているため、外装・内装のデザインは、4代目をそのまま踏襲したデザインに…。ただ、内装・インテリアの上質感が格段に良くなっており、満足度の高い仕上がりになっていました。

>>> 新型フォレスターの内装の実車画像レビュー【使い勝手&デザイン性を徹底チェック】

そんな新型フォレスター(Forester)の内装・インテリアでちょっと気になったのが、収納スペースの数や使い勝手です。

今回新発売された新型モデルは、先代モデルよりも使い勝手が良くなるように様々なな工夫が施されていますが、やはり収納スペース・小物入れの数自体が、ちょっと少なすぎる感じが…。

新型フォレスター(Forester)の運転席周りには、どのような収納スペースが用意されているのでしょうか?また、用意されている運転席周りの収納スペースの使い勝手や大きさは、どうだったのでしょうか?

2018年3月にデビューをした5代目モデルの運転席周りの収納スペースの数や使い勝手、収納力を実車画像を使って徹底的にレビューしたいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターの収納インプレ:フロントシート編

今回新発売されたスバルの人気ミドルクラスSUV”新型フォレスター(Forester)”の内装・インパネは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの内装・インパネ

この新型モデルでは、センターコンソールのサイドにシルバーの加飾パーツを採用するなど、高級感のあるデザインに…。また、インパネ中央にあるマルチファンクションディスプレイの画面サイズが大きくなり、視認性が良くなったのも好印象でした。

>>> 4代目より大幅に進化!?新型フォレスターのメーターの使い勝手レビュー

ただ、この5代目新型フォレスター(Forester)の内装・インテリアで少々残念だったのが、収納スペースです。

先代モデルから収納スペースの少なさは指摘されていたので、この新型モデルでは、多少は収納スペースの数が増えるのかと期待していたのですが、先代よりも収納スペースの数にほとんど変更は無し…。

収納スペースの使い勝手は多少良くなりましたが、個人的には、収納スペースに関しては、少々物足りなさを感じました。

そんな新型フォレスター(Forester)の運転席周りに用意されている収納スペースの使い勝手を、確認してみたいと思います。

収納スペース1:センタートレイ

新型フォレスター(Forester)のセンタコンソール前方に用意されている収納スペースが、センタートレイです。

■新型フォレスターのセンタートレイ

一見、このセンタートレイのサイズは小さくみえますが、スマホやiPhoneを置くのにピッタリなサイズに…。

このセンタートレイの奥側には、2.1AのUSBポートが2個用意されているので、走行中にスマホやiPhoneなどを充電するのにピッタリなのかなと思いました。

また、このセンタートレイの底面にはゴムのような柔らかい素材を使用しており、置いたスマホが傷つきにくい工夫が施されているのが好印象でした。

収納スペース2:ドリンクホルダー兼小物入れ

シフトレバーの後方に配置されているのが、フロントシート用のドリンクホルダーです。

■新型フォレスターのドリンクホルダー

先代モデルは手動式のサイドレバーを搭載していたため、ドリンクホルダーは2個縦に配置されていました。

■先代モデルのドリンクホルダー

しかし、今回新発売された新型フォレスター(Forester)では、電子式のサイドブレーキを採用したおかげで、ドリンクホルダーが横に2個配置されたデザインに変更。運転席からでも自然に手が届きやすい配置になりました。

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)のドリンクホルダーの後方には、先代モデルには用意されていなかった収納スペース”小型ポケット”が…。

■ドリンクホルダー後方の小型ポケット

サイズ自体は小さいので、置けるアイテムは限られてしまいますが、ミントタブレットやガム、スマホなどを収納しておくのには、ピッタリなのかなと思いました。

収納スペース3:大型センターコンソールボックス

今回新発売された新型フォレスター(Forester)には、内部が収納スペースになっている大型のセンターコンソールボックスが標準装備されています。

■新型フォレスターの大型センターボックス

この大型センターボックスの蓋(リッド)を開けてみると、このような感じに…

アームレスト部分を持ち上げて、最初に目に飛び込んでくるのは、スバル車ではお馴染みのコインホルダー付きのトレイです。

最近、運転中にコインを使用する機会はめっきり減ってきましたが、このスペースに少し小銭を置いておくと、ショッピングモールの駐車場料金を精算する時などに重宝するのかなと思いました。

また、コインホルダーの後方にあるスペースも意外と広く、ミントタブレットやガムなどの小物を置いておくのに便利だと思いました。

そして、使い勝手の良いコインホルダー付きのトレイを取り外してみると、このような感じに…。

意外と深さがありますよね。

この新型モデルのセンターコンソールボックスは、CDがラクに収まるくらいの深さを確保。女性用のメイクポーチや大きめの長財布を置いておくのにも、ピッタリなのかなと思いました。

収納スペース4:グローブボックス

今回新発売された新型フォレスター(Forester)に用意されているグローブボックスは、このようなサイズになっています。

最近はグローブボックス内を上下2段に分けて、車検証+αのアイテムが収納できるように工夫を施している車種もあります。ただ、この新型モデルのグローブボックスは、シンプルなデザインに…。

車検証などを収納するには十分なサイズになっていましたが、特段使い勝手の良いとは、思いませんでした。また、グローブボックスの内部が起毛素材になっておらず、プラスチック素材がむき出しになっているのも、少々残念でした。

収納スペース5:オーバーヘッドコンソール

新型フォレスター(Forester)のインパネの上部には、ワンプッシュで開け閉めをする事ができる収納スペース”オーバーヘッドコンソール”が用意されています。

■新型フォレスターのオーバーヘッドコンソール

夏はちょっと危険ですが、運転用のメガネやサングラスを収納しておくのにピッタリ。

また、小さいお子さんがいるご家庭では、ポケットタイプのティッシュやウェットティッシュなどを収納しておくのも良いのかなと思いました。この新型モデルには、ティッシュ置き場は無いので…。

収納スペース6:ドアポケット(フロントシート用)

今回新発売された新型フォレスター(Forester)の収納スペースの中で、意外と使い勝手が良いと感じたのは、ペットボトルのドリンクも収納する事ができるフロントドア用のドアポケットです。

■新型フォレスターのドアポケット

今回新発売された5代目モデルのフロントシート用のドアポケットを使用して良いと思ったのは、サイズです。

今回新発売された新型モデルのドアポケット周りのスペースが広めに取られており、アイテムの出し入れがしやすいデザインになっているのが、とても便利だと思いました。

また、この新型フォレスター(Forester)のドアポケットで良いと思ったのが、ペットボトル用のドリンクホルダーです。

通常ドア内側パネルに収納できるドリンクホルダーは、500mlサイズなのですが、今回新発売されたこの新型モデルでは、ひと回り大きい1.0リットルのドリンクも収納できサイズ感に…。

1.0リットルサイズの大きなペットボトルが収納できるのは、珍しいですよね。

夏の暑い日の長距離ドライブする際、1.0リットルのペットボトルが収納できるドリンクホルダーは、かなり重宝するのかなと思いました。

2018年6月にデビューにデビューをした新型フォレスター(Forester)の運転席周りの収納スペースを確認してみたところ、このようになっていました。

センターコンソール部分のドリンクホルダーの後方に小さな小物入れが設置されるなど、先代モデルよりも使い勝手が良いデザインになっていたのは、好印象でした。

ただ、運転席周りに収納スペース部分自体が少ないのが、難点…。

小さいお子さんがいるご家庭など、この新型フォレスター(Forester)をファミリーカーとして使用する事を考えている方は、収納スペースの数や使い勝手も、しっかりと確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする