先代よりも増えた!?新型フォレスターのUSBの数&使い勝手レビュー

2018年6月、使い勝手の良さが魅力のスバルのミドルクラスSUV新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目に移行をしました。

今回新発売された5代目モデルが先代よりも大きく進化した部分の一つが、内装・インテリアです。

今回新発売された新型モデルの内装・インテリアは、デザイン性だけではなく、使い勝手や利便性も大幅にアップ。また、後部座席の足元空間がさらに広くなり、居住性に優れたデザインに…。

>>> 後部座席の足元空間はどれくらい広い!?新型フォレスターの居住性を確認

また、この新型モデルの内装・インテリアを確認していて、地味に進化をしたなと感じたのが、USBポートです。

この新型モデルでは、先代よりもUSBの数が増えただけではなく、使い勝手をしっかりと考慮した配置になっていたのが好印象でした。

そんな新型モデルは、車内にいくつのUSBポートを用意していたのでしょうか?
また、この新型モデルのUSBが競合車・ライバル車よりも使い勝手が良いと思った理由は、何だったのか?

フルモデルチェンジをして新発売された5代目新型フォレスター(Forester)のUSBポートの数や使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

5代目新型フォレスターのUSBポート【個数&使い勝手を徹底チェック】

2018年6月にデビューをした5代目新型フォレスター(Forester)の内装・インテリアは、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの内装・インテリア

シルバーの加飾が施されるなど、先代モデルよりもスタイリッシュなデザインに生まれ変わったこの新型モデルですが、車内に用意されているUSBポートの数を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型フォレスターのUSBポートの数
・運転席周り…2個
・後部座席周り…2個

今回新発売された新型フォレスター(Forester)では、運転席周りに2個、後部座席周りに2個、合計4つのUSBポートを全グレードに標準装備。

この新型モデルは2列シートの5人乗車モデルと事を考えると、十分な数のUSBポートを各シートに用意しているのかなと思いました。

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)に用意されているUSBポートは2.1Aまで対応となっており、iPadや携帯ゲーム機など内蔵されている電池の容量が大きいものでも、素早く充電できるようになっているのも好印象でした。

新型フォレスターの運転席周りのUSBポートの使い勝手は?

今回新発売された新型フォレスター(Forester)の運転席周りに用意されているUSBポートを確認してみたところ、センターコンソールの前方にある収納スペース”インパネセンタートレイ”の奥に2個横並びで用意されていました。

■新型フォレスターのインパネセンタートレイ

■新型フォレスターの運転席周りのUSBポート

このようにこの新型モデルでは、インパネセンタートレイの奥側にUSBポートが用意されているため、USBと接続をしたスマホやiPhoneの置き場に困りません。

また、この5代目モデルのUSBポートを確認していて良いと思ったのは、インパネセンタートレイの床面に使用されている素材です。

この新型モデルの”インパネセンタートレイ”の床面には、滑り止め加工が施されているゴムのような素材を採用。置いたスマホやiPhoneの表面や画面に傷がつきにくい柔らかい素材になっているのが、かなり高ポイントでした。

新型フォレスターの後部座席周りのUSBポートの使い勝手は?

一方、今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)の後部座席周りでは、USBポートはどこに用意されているのでしょうか?

この新型モデルの後部座席では、センターコンソールの後方にUSBポートを2個用意。

■新型フォレスター 後部座席のUSBポート

USBポートを備えているクルマは多くなってきましたが、後部座席にUSBポートを用意しているクルマって、まだそれ程多くないんですよね。

今回新発売された新型モデルは、後部座席にも2個USBポートを用意しており、後部座席に乗車した人が気軽にスマホやiPhoneなどを充電できるようになっているのが、とても良いと思いました。

後部座席にもスマホを収納できるスペースをしっかりと用意

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席では、シートバックポケット部分に接続したスマホやiPhoneなどを収納するのにピッタリな小さなポケットを用意しています。

■新型フォレスターのシートバックポケット

実際にこのシートバックポケット部分に私が持っているiPhoneを収納してみたところ、このような感じになります。

ちょうど良いサイズ感だと思いませんか?

後部座席に座っていると、スマホやiPhoneの置き場がなく困る事もあるのですが、この新型フォレスター(Forester)では、スマホやiPhoneの置き場に困らないデザインになっているのは、とても良いと思いました。

また、このシートバックポケットは、USBポートの近くに用意されています。なので、1メートルくらいの長さのケーブルを使用すれば、この収納スペースに置いたままスマホ/iPhoneの充電をする事もできちゃいます。

この使い勝手の良さも、とても良いと思いました。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)に用意されているUSBの数や使い勝手を確認してみたところ、このようになっていました。

先代モデルではフロントシート周りに2個USBポートを用意していたのですが、今回新発売された新型モデルでは、USBポートを4つ装備。各シートにUSBポートが装備されているので、USBポートの数が足りないと、不満に思う事は無いのかなと思いました。

また、この新型モデルでは後部座席周りにUSBポートが装備され、後部座席の快適性・利便性が格段に良くなっているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする