5代目新型フォレスターと先代の外装は本当にソックリ!?【違いを実車画像で比較】

2018年6月、日本だけではなく、欧米でも人気が高いスバルのSUV新型フォレスター(Forester)がフルモデルチェンジを行い、5代目モデルがデビューをしました。

今回新発ビアされた5代目モデルは、キープコンセプトとなっているため、先代モデルと外装・エクステリアの方向性は、同じになっています。

>>> 新型フォレスターの外装の実車画像レビュー【5代目モデルの魅力&特徴を徹底解剖】

ただ、先代モデルと比較すると、今回新発売された新型モデルは骨太感があり、SUVらしいチカラ強さが増した感じが…。

今回新発売された新型フォレスター(Forester)の外装・エクステリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、5代目モデルと先代の外装・エクステリアは、どのような違いがあったのでしょうか?

2018年6月にデビューをした5代目モデルと先代の外装・エクステリアの違いを、実車画像を使って、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

5代目新型フォレスターと先代モデルの外装比較

フルモデルチェンジをして新発売された5代目新型フォレスター(Forester)の外装・エクステリアは、このようなデザインになっています。

■5代目新型フォレスターの外装・エクステリア

一方、こちらは先代モデルとなる4代目フォレスターの外装・エクステリアです。

■4代目フォレスターの外装・エクステリア

この2台のモデルの外装・エクステリアを見比べてみると、確かに似ていますね。

「マイナーチェンジくらいの違いしかない。」と言うネットや雑誌の評判もありましたが、他確かにパッと見ただけでは、5代目モデルか4代目モデルか分らない感じが…。

ただ、この2台のモデルの外装・エクステリアを細かく確認してみると、次のような違いがありました。

外装の違い1:ボディサイズ

今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)と先代モデルの大きな違いの一つが、ボディサイズです。

■新型フォレスターのボディサイズ
・5代目新型フォレスター/X-BRAKE
全長:4,625mm
全幅:1,815mm
全高:1,730mm
ホイールベース:2670mm
・4代目フォレスター/X-BRAKE
全長:4,610mm
全幅:2,795mm
全高:1,735mm
ホイールベース:2,640mm

今回新発売された5代目と先代モデルの外装・エクステリアを比較してみると、新型モデルの方が全長が15mm、全幅が25mmほど大きくなっておりました。また、ホイールベース
は、30mm延長され、2,670mmまで拡大。

そのおかげもあり、この5代目モデルの後部座席の足元空間(ニークリアランス)の広さは、先代よりもひと回り広くなり、より快適に過ごせるようになっていました。

>>> 後部座席の足元空間はどれくらい広い!?新型フォレスターの居住性をチェック

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)は先代モデルよりも全長や全幅が若干広くなりましたが、運転のしにくさは一切ありません。

むしろ、サイドミラーの位置を見直すなど、視界の良さを確保するために様々な工夫を施した5代目モデルの方が、先代モデルよりも運転がしやすいように感じました。

外装の違い2:デザイン

今回新発売された新型フォレスター(Forester)はキープコンセプトとなっているため、基本的な外装・エクステリアのデザインは、先代モデルを踏襲しています。

しかし、この2台のモデルでは、要所要所のデザインに違いがありました。

迫力を増したフロントマスクのデザイン

フルモデルチェンジをして新発売された5代目モデルと先代モデルの外装・エクステリアの大きな違いの一つが、フロントマスクのデザインです。

最近のスバルのクルマの特徴でもある六角形のヘキサゴングリルを採用しているのは共通していますが、5代目モデルの方が大きなデザインに…。

■5代目フォレスターのヘキサゴングリル

■4代目モデルのヘキサゴングリル

また、フォグランプ部分も先代モデルよりも縦長になり、よりインパクトのあるデザインに…。

■5代目フォレスターのフォグランプベゼル


■4代目モデルのフォグランプベゼル

これらのデザインの変更のおかげで、今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)は、先代モデルよりも迫力のあるフロントマスクになっているように感じました。

SUVらしいデザインになったサイドビュー

また、フルモデルチェンジをして新発売された5代目新型フォレスター(Forester)と先代モデルでは、横からのデザインにも違いがありました。

この2台のモデルの横からのデザインの大きな違いの一つが、フェンダーアーチモールです。

先代モデルでは、オプション設定になっていましたが、今回新発売された5代目モデルでは、特性の樹脂素材で出来ているフェンダーアーチモールが全グレード標準装備。

■5代目モデルのフェンダーアーチモール

■4代目モデルのタイヤ周りのデザイン

このフェンダーアーチモールのおかげもあり、今回デビューをした5代目モデルは、先代よりもSUVらしいアグレッシブさのあるデザインになっていました。

一目見て違いが分かる後ろ姿

フロントマスクやサイドビューでは、新旧のモデルの見分けがつきにくい新型フォレスター(Forester)ですが、後ろ姿に関しては、違いが一目瞭然です。

この2台のモデルの後ろ姿の大きな違いの一つが、リヤコンビネーションランプです。

今回新発売された5代目モデルでは、リヤコンビネーションランプが横長になったおかげで、先代モデルよりもどっしりとした印象が…。

■5代目新型フォレスターのリヤコンビネーションランプ

■先代モデルのリヤコンビネーションランプ

この5代目モデルは先代モデルよりも20mmほど横幅が広くなりましたが、横に長くなったリヤコンビネーションランプのおかげで数字以上のサイズ感の違いを感じました。

また、5代目モデルは、リヤバンパーも立体的なデザインになっており、SUVらしいアグレッシブさを感じる後ろ姿になっていました。

2018年3月にデビューをしたスバルのミドルクラスSUVの新型フォレスター(Forester)と先代モデルの外装・エクステリアを見比べてみたところ、このようになっていました。

5代目モデルのスタイリングは先代モデルを踏襲したデザインになっており、フロントマスクやサイドビューを見ても、瞬間的に新旧モデルを見分けるのは難しいと思います。

ただ、今回新発売された新型モデルは、ヘキサゴングリルを大型化するなど、各パーツのデザインは進化。先代モデルよりも存在感があり、また、無骨感のあるSUVらしい外装・エクステリアになっているように感じました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする