【床下収納のサイズは?】新型フォレスターHVとガソリン車の荷室の使い勝手レビュー

2018年6月に5代目新型フォレスター(Forester)がデビューをしましたが、その注目ポイントの一つが、ターボ車の代わりに登場をしたハイブリッド車です。

そんな新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車とガソリン車の荷室・ラゲッジスペースの広さや使い勝手に、大きな違いはありません。

>>> 新型フォレスター アドバンスの荷室を徹底解剖【ガソリン車との違いとは?】

ただ、この2台のモデルでは、床下収納(サブトランク)の広さや使い勝手に違いが…。

2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車とガソリン車の床下収納は、それぞれどのようなデザインになっていたのでしょうか?また、それぞれの床下収納(サブトランク)のサイズは、どのくらいだったのでしょうか?

フルモデルチェンジをして新発売された5代目モデルの荷室・ラゲッジスペースのフロア下に備わっている床下収納(サブトランク)の広さや使い勝手を確認してきたので、紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターの床下収納はどんなデザイン?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車の”アドバンス”とガソリン車の最上位モデル”プレミアム”の荷室・ラゲッジスペースは、それぞれこのようなデザインになっています。

■新型フォレスター ハイブリッド車の荷室・ラゲッジスペース
グレード:アドバンス(Advance)

■新型フォレスター ガソリン車の荷室・ラゲッジスペース
グレード:プレミアム(Premium)

ご覧いただければ分かると思いますが、ハイブリッド車とガソリン車で、荷室・ラゲッジスペースの広さに違いはありません。また、コンビニフックの数など、使い勝手に関しても違いはありません。

そんな新型フォレスター(Forester)の荷室フロアを持ち上げると、床下収納(サブトランク)が登場します。

こちらは、ガソリン車の床下収納(サブトランク)です。

■新型フォレスター ガソリン車の床下収納(サブトランク)

ガソリン車の場合、床下全体が収納スペースに…。

深さがないので、背の高い荷物・アイテムを収納する事はできませんが、タオルやクロスなどのちょっとした洗車アイテムや、フロントガラスの氷や霜を溶かす”解氷スプレー”などを積みこんでおくのにちょうど良いのかもしれませんね。

また、ガソリン車の床下収納(サブトランク)は、仕切りが用意されており、荷物やアイテムを分別して収納できるのも好印象でした。

一方、新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車の床下収納(サブトランク)は、このようなデザインになっています。

■新型フォレスター ハイブリッド車の床下収納(サブトランク)

ガソリン車は床下一面が収納スペースになっていたのに対し、ハイブリッド車の場合は、荷室前方にはハイブリッドシステムが搭載されているため、収納スペースは荷室・ラゲッジスペースの前方のみ。そのため、床下収納(サブトランク)の積載量は、ガソリン車よりも劣ります。

また、ハイブリッド車の床下収納(サブトランク)は、ガソリン車のものよりも深さはありますが、サイズは小さくなっています。床下収納の形もちょっとイビツです。

なので、ハイブリッド車の床下収納(サブトランク)の積載量・使い勝手は、ガソリン車よりも劣るのかなと感じました。

新型フォレスター ハイブリッドの床下収納のサイズは?

このようなデザインになっている新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車とガソリン車の床下収納(サブトランク)ですが、サイズ・広さは、どのようになっていのたのでしょうか?

この新型モデルのハイブリッド車/ガソリン車の床下収納(サブトランク)のサイズを計測してみたところ、それぞれこのようになっていました。

■新型フォレスター ガソリン車の床下収納の広さ
・前方(半円型部分)のサイズ
奥行き:約320mm
横幅 :約660mm
深さ :約 95mm
・後方部分(四角形部分)のサイズ
奥行き:約330mm
横幅 :約690mm
深さ :約140mm

■新型フォレスター ハイブリッド車の床下収納の広さ
奥行き:約280mm
横幅 :約300~460mm
深さ :約200mm

床下収納(サブトランク)の深さはハイブリッド車の方があるものの、ハイブリッド車の横幅や奥行きは、ガソリン車の四角形になっている手前部分よりも劣っています。

やはり新型フォレスター(Forester)のハイブリッド車よりも、床下収納のサイズが広くなっているガソリン車の床下収納(サブトランク)の方が、使い勝手は良いように感じました。

ちなみに、後部座席を使用した5人乗車の状態でのガソリン車の荷室容量は520リットルになっているのに対し、ハイブリッド車は、509リットルと11リットルほど少なくなっています。

ディーラーさんに確認したところ、このハイブリッド車とガソリン車の荷室容量の違いは、床下収納(サブトランク)の広さや形の違いによるところが大きいそうですよ。

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売されたスバルの新型フォレスター(Forester)の床下収納は、ご覧いただいた通り、ハイブリッド車とガソリン車で形やサイズに違いがありました。

ガソリン車の場合、床下収納(サブトランク)の下にスペアタイヤが用意されている事もあり、深さはちょっと浅めでしたが、横幅や奥行きは十分。

新型フォレスター(Forester)の荷室・ラゲッジスペースには、広さはあるものの小物を収納するスペースが少ないので、この仕切りが付いた床下収納(サブトランク)は、重宝するのかなと思いました。

一方、ハイブリッド車の床下収納(サブトランク)は、深さは良いものの奥行きや横幅の狭さが少々気になりました。

このようにハイブリッド車とガソリン車の床下収納(サブトランク)の広さは、異なります。もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる際は、床下収納(サブトランク)のサイズや使い勝手の違いも、しっかりと確認をしてみてくださいね。

>>> 新型フォレスター ハイブリッドの見積もり公開【ガソリン車との差はほんの僅か!?】

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする