使い勝手が改善された!?新型フォレスターの収納インプレ【後部座席編】

スバルの中でも特に人気が高いミドルクラスSUVの新型フォレスター(Forester)が、2018年6月にフルモデルチェンジを行いました。

今回デビューをした5代目モデルは、先代モデルよりも内装・インテリアのゴージャス感はアップしましたが、欠点・デメリットも…。

その一つが、収納スペースの数と使い勝手です。

今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)も先代モデルと同様に運転席周りの収納スペースが少なく、不便さを感じました。

>>> 小物入れは物足りない!?新型フォレスターの収納インプレ【運転席周り編】

ただ、その一方、後部座席まわりの収納スペースに関しては、先代モデルよりも新型モデルの方が良くなった感じが…

2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)の後部座席周りには、どのような収納スペースを用意していたのでしょうか?また、先代モデルよりも良くなったと感じた部分は、何だったのでしょうか?

2018年6月にデビューをした5代目モデルの後部座席周りの収納スペースの配置や使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターの収納スペースの使用インプレ【後部座席編】

今回新発売された5代目新型フォレスター(Forester)の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの後部座席

この新型モデルの後部座席には、シートヒーターや2.1AのUSBポートが用意されるなど、乗車する人にとって、嬉しい装備が…。

また、後部座席周りの収納スペースも使い勝手が良くなるように、様々な工夫が施されていました。

そんな新型フォレスター(Forester)の後部座席周りの収納スペースを一つ一つ見ていく事にしましょう。

後部座席の収納スペース1:シートバックポケット

今回新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席に備わっている収納スペースの中で特に印象的だったのが、フロントシートの裏側に備わっている収納スペース”シートバックポケット”です。

シートバックポケット自体はどのクルマにも用意されている当たり前の収納スペースなのですが、今回新発売された5代目モデルは、このように上下2段に分かれたデザインに…。

■新型フォレスターのシートバックポケット

このように上下2段になっているシートバックポケットは、ちょっと珍しいですよね。

また、このシートバックポケットの下段は、左右2分割されており、このようにスマホやiPhoneを収納しておくのにピッタリなデザインに…。

実際に私が所有しているiPhoneを実際に収納してみると、このような感じになります。

意外と収まりが良いと思いませんか?

なので、後部座席用に用意されたUSBポートと接続をして、充電をするのもとってもラクです。また、シートバックポケットの下段は、左右の大きさが異なるのですが、広い方のスペースには、iPadなどタブレット端末を収納しておくこともできちゃいます。

スマホやタブレット端末を収納できるこの新型フォレスター(Forester)の後部座席用のシートバックポケットは、使い勝手がかなり良いため、大活躍するのかなと思いました。

後部座席の収納スペース2:ドリンクホルダー

今回新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席の中央には、引き出して使用するドリンクホルダー付きのアームレストが用意されています。

■新型フォレスターの後部座席用アームレスト

ただ、この新型モデルの後部座席用のドリンクホルダーは、中央部分が繋がっている”メガネデザイン”になっていません。

参考:中央が繋がっているメガネデザインのドリンクホルダー

後部座席のドリンクホルダーにもストラップが用意されていて、ドリンクを置いた時の安定感は、とても良いのです。ただ、個人的には、小さい小物を置いておけるメガネデザインのドリンクホルダーにしても良かったのかなと思いました。

後部座席の収納スペース3:ドアポケット

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席周りの収納スペースで印象的だったのが、ドア内側パネルの下部に用意されているドアポケットです。

■新型フォレスターの後部座席用のドアポケット

車種によっては、後部座席用のドアポケットが小さく、ペットボトル用のドリンクホルダーしか収納できないものもあります。

しかし、今回新発売されたこの5代目モデルでは、意外と深さ&厚みのあるドアポケットを用意しており、ペットボトルだけではなく、小さめのポーチや財布、メモ帳などを収納できるサイズに…。

また、ドアポケット周りの空間も広めに確保されており、アイテムの出し入れもしやすいデザインになっているのも、とても良いと思いました。

2018年6月にデビューをしたスバルの人気SUV新型フォレスター(Forester)の後部座席周りの収納スペースは、このようになっていました。

この新型モデルの後部座席周りの収納スペース自体は、それ程多くありません。

ただ、上下2分割になっているシートバックポケットや大きいサイズのドアポケットなど、競合車・ライバル車よりも収納スペースの使い勝手は良い感じが…。

今回フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)は、後部座席に乗車する人が十分に満足できる数と使い勝手の良さを備えた収納スペースを用意しているように感じました。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、使い勝手が良くなった後部座席周りの収納スペースにも注目をしてみてくださいね。

>>> 広くて使い勝手も抜群!?新型フォレスターの荷室を徹底チェック

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする