新型フォレスターの後部座席の装備【USBやアームレストなどの使い勝手は?】

日常使いとしても、アウトドアレジャー目的としても大活躍する使い勝手の良さが魅力のSUV5代目新型フォレスター(Forester)が、2018年6月、スバルからデビューをしました。

今回、フルモデルチェンジをして新発売された5代目モデルで良いと思ったのが、後部座席周りのデザインと装備の充実度です。

今回新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席は、居住スペースが広くなっただけではなく、アームレストやUSBポートなど機能や装備が充実。先代モデルよりも快適に過ごせるようになっていました。

そんな5代目モデルの後部座席は、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、USBポートやアームレストなど後部座席周りに用意されている装備や機能の使い勝手は、どうだったのでしょうか?

2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)の後部座席に用意されている機能や装備を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターの後部座席周りの機能や装備の使い勝手レビュー

2018年3月にデビューをしたスバルの5代目新型フォレスター(Forester)の後部座席は、このようなデザインになっています。

■新型フォレスターの後部座席

今回新発売された5代目モデルは、ホイールベースが拡大されたおかげで、足元空間(ニークリアランス)の広さにゆとりが…。そのため、この新型モデルは、足が組めるくらい広い足元空間を実現していました。

また、後部座席周りには、USBポートやアームレスト、シートヒーターなどの嬉しい機能・装備が充実しており、長時間ドライブでも快適に過ごせるようになっていました。

そんな新型フォレスター(Forester)の後部座席周りに用意されている装備や機能の使い勝手を、詳しく紹介していきたいと思います。

満足度が高いの後部座席用アームレスト

今回、フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の後部座席の中央には、引き出して使用するドリンクホルダー付きの後部座席用のアームレストが用意されています。

この後部座席用のアームレストを実際に引き出してみると、このような感じ…。

■新型フォレスターの後部座席用のアームレスト

このようなアームレストが用意されているクルマは数多くありますが、この新型モデルのアームレストは、競合車・ライバル車のものよりも使い勝手が良い感じが…。

その理由の一つが高さです。

この新型フォレスター(Forester)に用意されている後部座席用のアームレストは、比較的高い位置に配置されており、腕を置くのにピッタリな高さに…。

また、クルマによっては、剛性感が無いため、ダランと垂れ下がっているアームレストとして使い物にならないのもあるのですが、、この新型モデルのアームレストは、しっかりと水平をキープ。なので、アームレストとしての使い勝手も、かなり良かったです。

また、この新型モデルの後部座席のアームレストは、競合車・ライバル車の中でトップクラスに良いように感じました。

タブレット端末にも対応している後部座席用のUSBポート

今回新発売された新型フォレスター(Forester)のセンターコンソールの後方には、後部座席用のUSBポートが2個用意されています。

■新型フォレスターの後部座席用のUSBポート

しかも、この新型モデルに用意されているUSBポートは2.1A対応なので、スマホやiPhoneだけではなく、タブレット端末やゲーム端末なども充電できちゃいます。

USBポートを後部座席に用意しているクルマは徐々に増えてきましたが、2.1Aまで対応しているというのは、かなり嬉しいですよね。

また、今回新発売された新型フォレスター(Forester)のシートバックポケットは上下2段になっており、スマホやiPhoneなどを収納しておくのにピッタリな小さなポケットも用意。

実際に小さなシートバックポケットに私のスマホを収納してみると、このような感じ…。

後部座席に座っていると、意外とスマホやiPhoneの置き場に困るのですが、この新型モデルは、置き場に困る事無く、スマホやiPhoneを充電できるようになっているのが、好印象でした。

温度を調節できる後部座席シートヒーターも装備

フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)では、2つの温度から選択できる温度調節機能付きの後部座席用のシートヒーターが、標準装備されています。

しかも、この新型モデルでは、後部座席用シートヒーターは、上位モデルのアドバンスやX-BRAKE(Xブレイク)などの上位モデルだけではなく、最廉価モデルの”ツーリング(Touring)”にも標準装備されています。

ちょっとコレは嬉しいですよね。

このように今回新発売された新型フォレスター(Forester)は、上位モデルだけではなく、下位モデルの”ツーリング(Touring)”でも機能や装備が充実しているのは、注目ポイントの一つなのかなと思いました。

また、この新型モデルの後部座席用のシートヒータースイッチは、センターコンソールの後方に用意されているため、後部座席から簡単に操作できるようになっています。

■後部座席用シートヒータースイッチ

この使い勝手・操作性の良さも、この新型モデルの後部座席用シートヒーターの良い部分の一つなのかなと思いました。

ちなみに、この新型モデルの後部座席で、シートヒーターに対応しているのは、左右のシートのみです。後部座席用のアームレストが備わっている後部座席中央部分は、シートヒーターが対応していないので、ご注意を…。

2018年6月にデビューをしたスバルのミドルクラスSUVの新型フォレスター(Forester)の後部座席周りの装備を確認してみたところ、このようになっていました。

この新型モデルの後部座席は、使い勝手の良い2.1A対応のUSBポートやサイズの大きいアームレストなど、快適に過ごせる装備や機能が充実。

そのおかげもあり、個人的には、日産の新型エクストレイル(X-TRAIL)など競合車・ライバル車よりも、この5代目新型フォレスター(Forester)の方が、後部座席の居住性・快適性は、良いように感じました。

もしこの新型モデルを実際に見る機会がありましたが、後部座席の機能や装備の充実度にも注目をしてみてくださいね。

>>> 広くて使い勝手も抜群!?新型フォレスターの荷室を徹底チェック

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする