新型フォレスターの各グレードのおススメのオプションは?ディーラーに質問してきた

スバルを代表する車種新型フォレスター(Forester)が2018年6月にフルモデルチェンジを行い、5代目モデルがデビューをしました。

今回新発売された5代目モデルは、最廉価グレードの”ツーリング(Touring)”でも、スバルの最新の安全装備システム”アイサイト Ver.3″が搭載されるなど、機能や装備が充実しているのが、魅力の一つです。

>>>  5代目新型フォレスターの安全装備【先代より進化した5つのポイントとは!?】

このように元々、機能や装備が充実している新型フォレスター(Forester)ですが、メーカーオプションも充実しており、さらに安全面や見た目、利便性を強化する事が可能です。

ただ、今回新発売された5代目モデルは、グレードによって、装着できるメーカーオプションが異なります。また、この新型モデルのメーカーオプションは、アイテムを個別だけではなく、パッケージで装着するものも用意してあります。

なので、オプションによっては、意外と乗り出し価格が高くなってしまう事も…

そんな新型フォレスター(Forester)は、どのようなメーカーオプションを用意していたのでしょうか?また、各グレードのおススメのメーカーオプションは、何だったのでしょうか?

先日、この5代目モデルの見積もりを貰ってきた際、おススメのメーカーオプションも確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型フォレスターに用意されてるメーカーオプションは?

2018年6月にフルモデルチェンジをして新発売されたスバルのミドルクラスSUVの新型フォレスター(Forester)では、次のようなメーカーオプションを用意していました。

また、各メーカーオプションの対象グレードは、このようになっていました。

■新型フォレスターに用意されているメーカーオプション
・キーレスアクセス&プッシュスタート
対象グレード:ツーリング/Xブレイク
・パワーリヤゲート
対象グレード:全車
・アイサイトセーフティプラス(運転支援)
対象グレード::ツーリング/Xブレイク
・アイサイトセーフティプラス(視界拡張)
対象グレード::全車
・大型サンルーフ
対象グレード:ツーリング/プレミアム/アドバンス
・ルーフレール
対象グレード:ツーリング/プレミアム/アドバンス
・本型シート
対象グレード:ツーリング/アドバンス

今回新発売された新型フォレスター(Forester)では、このように見た目や安全性を高める様々なオプションが用意されているます。

そんな新型フォレスター(Forester)では、これらのメーカーオプションを個別に、もしくは、パッケージで装着する形式になっています。また、各メーカーオプションのパッケージには、オプションコードが割り当てらえています。

そんな5代目モデルの各グレードのおすすめオプションをディーラーさんに聞いてきたので、紹介します。

新型フォレスター”ツーリング”のおススメのメーカーオプションは?

■ツーリングのおススメのメーカーオプション
・オプションコード…QE
・オプション価格……288,000円
・含まれるアイテム
キーレスアクセス&プッシュスタート
運転席&助手席8ウェイパワーシート
アイサイトセーフティプラス(運転支援)
アイサイトセーフティプラス(視界拡張)
ルーフレール

フルモデルチェンジをして新発売された新型フォレスター(Forester)の中で位置にしているのが、この”ツーリング”です。

このベースグレードの”ツーリング(Touring)”でも、LEDヘッドライトやアイサイトセーフティプラス、歩行者用のエアバッグが装着されるなど、基本的な機能は充実しております。なので、この”Touring”を選んでも、後悔する事は無いと思います。

ただ、この”ツーリング(Touring)”では、運転までをスムーズにしてくれるキーレスアクセス&プッシュスタートエンジンが標準装備されていません。

■新型フォレスターのキーレスアクセス&プッシュスタート

また、新型フォレスター(Forester)の最廉価モデル”ツーリング(Touring)”では、上位モデルでは標準装備されている安全性を高める装備”アイサイトセーフティプラス(運転支援)”もメーカーオプション設定になっています。

ここらへんを強化すれば、ガソリン車の最上位モデルの”プレミアム(Premium)”に匹敵をする装備を備える事ができますよ。

新型フォレスター”Xブレイク”のおススメのメーカーオプションは?

■X-BREAKのおススメのメーカーオプション
・オプションコード…QE
・オプション価格……226,800円
・含まれるアイテム
キーレスアクセス&プッシュスタート
運転席&助手席8ウェイパワーシート
アイサイトセーフティプラス(運転支援)
アイサイトセーフティプラス(視界拡張)

外装や内装に施されたレッドオレンジが印象的なアクティブモデルの新型フォレスター(Forester)のX-BREAK(Xブレイク)。

このX-BREAK(Xブレイク)は、他のグレードには用意されていない機能や装備が充実しているのが魅力の一つですが、基本的な装備や機能は、ベースモデルの”ツーリング(Touring)”に近くなっています。

>>> 他グレードよりも劣る事とは?新型フォレスターX-BREAKの欠点&不満

なので、”ツーリング(Touring)”と同様にこのX-BREAK(Xブレイク)も、キーレスアクセス&プッシュスタートが標準装備になっていません。また、このX-BREAK(Xブレイク)では、アイサイトを強化する”セーフティプラス”も装備されていません。

なので、ここらへんの機能や装備を充実させると、さらに満足感が高いクルマに仕上がるようですよ。

ちなみに、今回新発売された新型フォレスター(Forester)は、4つのグレードを用意していますが、このX-BREAK(Xブレイク)のみルーフレールが標準装備されています。しかも、このX-BREAK(Xブレイク)は、他のグレードと異なる専用デザインになっています。

>>> 新型フォレスター X-BREAKの外装【どんな専用装備を備えているか徹底解剖】

ここら辺は、X-BREAK(Xブレイク)の魅力&メリットの一つなのかもしれませんね。

新型フォレスター”プレミアム”のおススメのメーカーオプションは?

■プレミアムのおススメのメーカーオプション
・オプションコード…PE
・オプション価格……172,800円
・含まれるアイテム
パワーリヤゲート
アイサイトセーフティプラス(視界拡張)
ルーフレール

新型フォレスター(Forester)のガソリン車の中で最上位に位置するのが、機能や装備が充実しているのが特徴の一つでもある”プレミアム(PREMIUM)”です。

この”プレミアム(PREMIUM)”では、ツーリングやX-BREAKでは、メーカーオプション設定になっていたアイサイトセーフティプラス(運転支援)やキーレスアクセス&プッシュスタートが標準装備になっています。

なので、この”プレミアム(PREMIUM)”で装着するメーカーオプションのアイテムは、それ程多くありません。

ただ、スマートリヤビューミラーやフロントビューモニターを装着する事ができ、より安全な視界性を確保する事ができる”アイサイトセーフティプラス(視界拡張)”は、やはりつけて置いた方が良いとの事。

また、ディーラーさん曰く、「改良され開け閉めがスムーズになったパワーリヤゲートも、機能や装備の充実度が魅力のプレミアム(PREMIUM)だからこそ、装備をしておきたオプションの一つです。」との事でした。

新型フォレスター”アドバンス”のおススメのメーカーオプションは?

■プレミアムのおススメのメーカーオプション
・オプションコード…PI
・オプション価格……172,800円
・含まれるアイテム
パワーリヤゲート
アイサイトセーフティプラス(視界拡張)
ルーフレール

2.0リットルエンジンとモーターを組み合わせたハイブリッドシステム”e-BOXER”を搭載した注目のモデルの”アドバンス(Advance)”。

この”アドバンス(Advance)”もガソリン車の”プレミアム(PREMIUM)”と同様に、元々、機能や装備が充実しているのが特徴の一つです。なので、メーカーオプションを注文しなくても、十分満足できる装備や機能を備えています。

ただ、”プレミアム(PREMIUM)”と同様に前後の視認性と安全性と高めてくれる”アイサイトセーフティプラス(視界拡張)”は、やはりおススメのようです。

また、このアドバンスのルーフレールは、ガソリン車と異なるアドバンス専用デザインになっているため、おススメのようですよ。

2018年6月にデビューをした新型フォレスター(Forester)の各グレードのおススメのメーカーオプションをディーラーさんに確認したところ、このようになっていました。

下位モデルの”ツーリング(Touring)”の完成度が高く、メーカーオプションを上手に活用すれば、十分に満足できる機能や装備を備える事ができるのは、このクルマのメリットの一つなのかなと思いました。

ちなみに、アクティブ仕様の”X-BREAK(Xブレイク)”に色々なメーカーオプションを付けたら、このようにプレミアム(Premium)とほぼ変わらない乗り出し価格に…。

>>> 新型フォレスターX-BREAKの見積もり【プレミアムと乗り出し価格の差を比較】

ただ、色々なメーカーオプションを装着すると、予想以上の乗り出し価格になるので、注意をしてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02
テスドラ-レクタングル(大)-02

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする