新型ランクル300の3列目シートの頭上&足元の広さを計測【予想以上に広くてビックリ】

2021年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗り仕様は、床下に収納するタイプの3列目シートを備えています。

そのため、この新型モデルの3列目シートは、補助シートのような作りになっているのですが、足元空間&頭上空間は、思ったよりも広くなっていました。

今回デビューを果たした新型モデルの3列目シートの足元空間(ニークリアランス)&頭上空間(ヘッドクリアランス)は、どれくらいの広さを確保しているのでしょうか?また、快適性は、どうだったのでしょうか?

14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートの足元空間&頭上空間の広さを計測してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300の3列目シート【足元空間の広さをチェック】

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300の3列目シート

また、この新型モデルの3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、このような感じになっています。

■新型ランクル300の3列目の足元空間の広さ

新型ランクル300は3列目シートの足元の広さは調節できない

トヨタの高級ミニバンのアルファードやヴェルファイア/ベルファイアでは、2列目シート&3列目シートを前後にスライドできるため、3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さを調節することができました。

■ヴェルファイアの2列目シート

一方、今回フルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の2列目シート&3列目シートは、前後にスライドすることができない固定式を採用。

■新型ランクル300の2列目シート

そのため、この新型モデルは、アルファードやヴェルファイア/ベルファイアのように3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さを調節することができません。

ただ、この新型モデルの3列目シートの足元空間(ニークリアランス)は、予想以上に広いため、2列目シートと3列目シートが前後にスライドすることができないことが一切気になりませんでした。

3列目シートの足元空間の広さは30cm以上

予想以上に広かった新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートの足元空間(ニークリアランス)ですが、どのくらい広いか気になったため、手持ちのメジャーで計測してみたとこ、このようになっていました。

■新型ランクル300の3列目の足元空間の広さ…約33cm

この新型モデルの3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さを確認してみたところ、約33mとなっていました。

一般的に足元空間(ニークリアランス)が30cm以上あると、足元空間が広いと言われています。

この新型モデルは、2列目シートではなく補助シート的な役割の3列目シートで、この広さの足元空間(ニークリアランス)を確保しているのは、凄いですよね。

この3列目シートの足元空間(ニークリアランス)の広さは、競合車・ライバル車にはない新型ランクル300(Land Cruiser)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

先人男性でも余裕がある新型ランクル300の3列目の足元空間

このように広々としている新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートに身長約175cm中肉中背の成人男性が座ってみると、このような感じになります。

■新型ランクル300の3列目シートの足元空間のゆとり

このように普通に座っても、膝先が2列目シートのシートバックに触れることなく、拳を縦にして約1個分くらいのゆとりがあります。

この広々とした足元空間(ニークリアランス)のおかげで、この新型モデルの3列目シートは、思ったよりも窮屈感がありませんでした。

新型ランクル300の3列目シート【頭上空間の広さをチェック】

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートまわりの居住スペースは、このような感じになっています。

■新型ランクル300の3列目シートまわりの居住スペース

着座位置を低くすることで居住スペースを確保

この新型モデルの3列目シートのまわりの室内高は、フロントシートや2列目シートまわりよりも狭くなっています。

そのため、この新型モデルは、3列目シートの着座位置を低くすることによって、3列目シートに座る人のための居住スペース&頭上空間を確保しています。

そのおかげもあり、この新型モデルの3列目シートは、大人が座っても窮屈感を感じないだけの頭上空間(ヘッドクリアランス)を確保しました。

ただ、着座位置を低くしたおかげで、この新型モデルの3列目シートは、体育座りのような座り心地になっているので。ご注意を…。

天井に頭が触れないだけの広さを確保

そんな新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートに身長約175cmの私が座ってみたところ、3列目シートの背もたれをリクライニングしない状態でも、頭のてっぺんから天井まで手の平一枚分くらいのゆとりがあります。

実際にこの新型モデルの後部座席の頭上空間の広さを動画で確認してみると、このような感じになります。(※動画の8分02秒あたりから)

【ランドクルーザー】電動格納3列シートで実用性も高い ※E-KDSSについて訂正あり。概要欄をご覧ください

この新型モデルの背もたれをリクライニングすると、3列目シートの頭上空間(ヘッドクリアランス)は、さらに広くなります。

そのおかげもあり、成人男性の私が3列目シートに座っても、「天井が低くて、窮屈だな…」と感じるシーンはありません。

また、今回デビューを果たした新型モデルは、天井がフラットで、視界の抜けが良いのも、窮屈感&圧迫感を感じない要因の一つなのかなと思いました。

まとめ:十分な広さを確保している新型ランクル300の3列目シート

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートの足元空間&頭上空間の広さを確認したところ、このようになっていました。

■新型ランクル300の3列目シートの広さのまとめ

・大人でも窮屈感を感じずに座れる広さを確保
・3列目シートの足元空間は30cm以上確保
・3列目シートの頭上空間は手の平1枚分

フルモデルチェンジをしたこの新型モデルの3列目シートは、30cm以上の足元空間(ニークリアランス)を確保していることもあり、広さは十分です。

ただ、この新型モデルの3列目シートは着座位置が低く、体育座りのような座り方になってしまいます。なので、この新型モデルの3列目シートは、快適とは程遠い座り心地になっているので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02