新型ランクル300の3列目シートはイマイチ【デザイン&座り心地を徹底解説】

2021年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、オーソドックスな5人乗車仕様だけではなく、3列シートの7人乗車仕様も用意しています。

そんな新型モデルの3列目シートは、競合車・ライバル車よりも機能&装備は充実しています。

ただ、座り心地に関しては、ちょっと物足りなさが…。

今回デビューを果たした新型モデルの3列目シートは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、この新型モデルの3列目シートの座り心地で、どこに物足りなさを感じたのでしょうか?

トヨタからデビューを果たした”キング オブ SUV”新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートのデザインや装備、座り心地を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300の3列目シートのデザインをチェック

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300の3列目シートのデザイン

シートサイズは思ったよりも大きめ

今回デビューを果たした新型モデルは、床下に収納するタイプになっているため、座面や背もたれは、かなり薄いです。

ただ、この新型モデルは、座面&背もたれだけではなく、ヘッドレストも大きいサイズを採用しています。

そのおかげもあり、思ったよりもゆったりと座ることができました。

上位モデルの3列目シートは電動格納

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートは、下位モデルに位置をするAXグレード以外のすべてのグレードで、スイッチ一つで格納&展開を行える電動タイプとなっています。

しかも、ヘッドレストも自動的に収納されます。(※ヘッドレストの展開は手動です。)

■3列目シートの収納&展開スイッチ

そのため、AXグレード以外のモデルでは、シートの収納&展開を非常にラクです。

また、この新型モデルでは、3列目シートの格納&展開スイッチをラゲッジの壁面とシート脇の2カ所に用意。シートの収納&展開がしやすくなっているのも、好印象でした。

足元空間の広さは調節できない

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗り仕様の2列目シートは、前後にスライドすることができません。

そのため、3列目シートを展開しても、足元空間(ニークリアランス)の広さを調節することはできません。

ただ、この新型モデルの3列目シートは、大人が座っても不自由に感じることがないくらいの足元空間(ニークリアランス)を確保していました。

機能や装備も充実

また、今回デビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートは、機能や装備も充実しています。

この新型モデルの3列目シートの両サイドには、ドリンクホルダー2個&USB、そして、背もたれの角度を調節するリクライニング調整スイッチを搭載。

■3列目シート横に用意されているドリンクホルダー&スイッチ

3列目シートにもUSBポートが用意されているのは、非常に嬉しいですよね。

このように3列目シートに座った人でも快適に過ごすことができるよう工夫がほどこされているのも、この新型モデルの魅力の一つなのかなと思いました。

新型ランクル300の3列目シートの座り心地をチェック

機能&装備が充実している新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートですが、座り心地は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルを試乗した時に3列目シートににも座ってみたのですが、座り心地はイマイチ。

ハッキリ言って、補助シートの域を出ていません。

この新型モデルの3列目シートの座り心地で気になったところは、どこだったのか?この新型モデルの3列目シートの座り心地の欠点&デメリットを紹介したいと思います。

着座位置の低さ

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートの座り心地で一番気になったのは、着座位置の低さです。

3列目シートを収納する際、荷室・ラゲッジスペースの段差をなくすためだと思うのですが、この新型モデルの3列目シートの着座位置はとても低いです。

実際にどのくらい低いかと言うと、フロアからの座面までは、実測値で約21cmしかありません、

そのため、この新型モデルの3列目シートに座ると、体育座りのような着座姿勢になってしまいます。

先ほども申し上げたとおり、この新型モデルの3列目シートは、十分な居住スペースを確保していますが、着座姿勢が悪いため、長時間ドライブは、ちょっと厳しいかなと思ってしまいました。

シートのホールド感もイマイチ

また、2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートは、座面/背もたれともに凹凸感がなく、フラットな作りに…。

そのため、ホールド感に乏しく、大きいカーブやワインディングロードでは、体が左右に大きく振られます。また、座った時のフィット感もイマイチです。

このホールド感&フィット感に乏しい座り心地も、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートの気になるところでした。

まとめ:補助シートの域を出ない新型ランクル300の3列目シート

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートのデザインや装備、座り心地を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ランクル300の3列目シートのまとめ

・シートサイズは思ったよりも大きめ
・AXグレード以外の3列目シートは電動式
・USBポートなど機能&装備は充実
・着座位置が低いため、座り心地はイマイチ

今回デビューを果たした新型モデルの3列目シートは、USBポートや電動リクライニング機能が備わるなど機能&装備が充実しています。

また、足元空間(ニークリアランス)も、予想以上に広いです。

ただ、この新型モデルの3列目シートは着座位置が低く、体育座りのような座り心地になっているため、普段使いのシートとしては、少し厳しい感じが…。

なので、この新型モデルの3列目シートは、普段は収納しておいて、イザと言う時に使用をする補助シートとして活用するのが良いと思いますよ。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02