新型ランクル300のガソリンとディーゼルのガソリン代【元を取るのに必要な走行距離は?】

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、ガソリン車とディーゼル車を用意していますが、どちらも燃費性能が良くないため、毎月のガソリン代は、かなり掛かります。

ただ、ハイオクを燃料にしているガソリン車と軽油を燃料にしているディーゼル車では、毎月のガソリン代に大きな差が…。

今回デビューを果たした新型モデルのガソリン車とディーゼル車のガソリン代は、それぞれいくらいなのでしょか?また、この2台のモデルの乗り出し価格の差の元を取るには、どれくらい走行距離が必要なのでしょか?

14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車とディーゼル車のガソリン代を計算してみたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300のガソリン車のガソリン代シミュレーション

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車の各グレードの燃費性能は、このようになっています。

■新型ランクル300のガソリン車の燃費性能

ガソリン車の中でも特に人気が高いZXグレードの燃費性能は、WLTCモードで7.9km/L。

一方、上位モデルよりも車体重量が軽く、ガソリン車の中でも燃費性能が優れているAXグレード&GXグレードでも8.0km/Lとなっています。

そのため、ガソリン車のガソリン代は、あまり期待することができません。

そんな新型モデルのガソリン車の各グレードの燃費性能を確認してみたところ、次のようになっていました。ちなみに、ガソリン代は、1リットルあたり180円で計算をしています。

AXグレード&GXグレードのガソリン代はいくら?

新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車の中でも燃費性能に優れる下位モデルのAXグレード&GXグレードのガソリン代は、このようになっていました。

■ガソリン車のAXグレード&GXグレードのガソリン代

この新型モデルの下位モデルに位置をするAXグレードとGXグレードのガソリン代は1㎞あたり22.5円となっており、毎月1000km走るとなると、ガソリン代だけで約2万2500円の出費に…。

そして、毎月1000km走った時の1年間のガソリン代は、22万5000円になります。

「もしこの新型モデルに5年、10年と乗り続けたとすると、ガソリン代だけで、いくらになるんだろう…。」と、考えただけで少し怖くなってしまいました。

ZXグレードなど上位モデルのガソリン代はいくらい?

一方、AXグレードやGXグレードよりも燃費性能が劣る新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車の上位モデルのガソリン代は、いくらなのでしょうか?

ZXグレードやGRスポーツなど、この新型モデルのガソリン車の上位モデルのガソリン代を計算してみたところ、次のようになっていました。

■ガソリン車の上位モデルのガソリン代
グレード:VXグレード/ZXグレード/GRスポーツ

下位モデルよりも燃費性能が0.1km/L劣る新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車の1kmあたりのガソリン代は22.8円となっており、下位モデルよりも0.3円ほど高くなります。

そのため、走行距離1000kmあたりで比較すると、ガソリン車の上位モデルは下位モデルよりも約285円ほど高くなっています。

ただ、これくらいの金額差なら、ZXグレードやGRスポーツなどの上位モデルを購入した方が満足度は高そうですね。

新型ランクル300のディーゼル車のガソリン代シミュレーション

一方、2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のディーゼル車の燃費性能は、このようになっています。

■新型ランクル300のディーゼル車の燃費性能

この新型モデルのディーゼル車の燃費は、ZXグレード/GRスポーツどちらもWLTCモードで9.7km/Lとなっており、ガソリン車よりも1.7km/L ~ 1.8km/Lほど優れています。

そんな新型モデルのディーゼル車のガソリン代を確認してみたところ、次のようになっていました。ちなみに、ガソリン代は、1リットルあたり147円で計算しています。

■新型ランクル300のディーゼル車のガソリン代
グレード:ZXグレード/GRスポーツ

ガソリン車より圧倒的に安いディーゼル車のガソリン代

先ほどもお話した通り、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のディーゼル車は、ガソリン車よりも燃費性能が1.7km/L ~ 1.8km/Lほど優れています。

また、使用している燃料も軽油のため、ガソリン代も安くなっています。

そのため、新型ランクル300(Land Cruiser)のディーゼル車の1kmあたりのガソリン価格は約15.2円となっており、ガソリン車よりも7.6円ほど安くなっています。

また、年に12,000km走行した時のディーゼル車とガソリン車のガソリン代を比べてみると、ディーゼル車の方が約9万2000円も安くなっています。

■ガソリン車とディーゼル車のガソリン代比較

このように比較すると、この新型モデルのガソリン車とディーゼル車のガソリン代の差は、かなり大きいですよね。

今回デビューを果たした新型モデルのディーゼル車はガソリン車よりも車体本体価格が高くなっていますが、このように毎月の負担が安く済むのは、ディーゼル車の大きな魅力の一つだなと感じました。

元を取るのに必要な走行距離は約4万2000km

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)ののガソリン車とディーゼル車の乗り出し価格の差は約32万円になっているのですが、ガソリン代で元を取るにはどれくらいの走行距離が必要なのでしょうか?

■新型ランクル300のガソリンとディーゼルの乗り出し価格比較
グレード:GRスポーツ

ガソリン代で元を取るのに必要な走行距離を確認してみたところ、次のようになっていました。

■乗り出し価格元を取るのに必要な走行距離…4,2069.8km

新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車とディーゼル車の乗り出し価格の差の元を取るのに必要な走行距離は、約4万2000キロメートル。

思ったよりも少ないですね。

毎年1万2000キロメートル運転する人なら、3年ちょっとで元を取ることができちゃいます。

今回デビューを果たした新型モデルはガソリン車の方が人気が高いようですが、維持費やトータルコストを抑えたい方は、ガソリン車よりもディーゼル車の方がお得かもしれませんね。

まとめ:ガソリン車よりもガソリン代が安い新型ランクル300のディーゼル車

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車とディーゼル車のガソリン代を確認したところ、このようになっていました。

■新型ランクル300のガソリン代のまとめ

・ガソリン車のガソリン代は1km当たり22.8円
・ディーゼル車のガソリン代は1km当たり15.2円
・ディーゼル車はガソリン車よりも1㎞あたり7.6円安い
・乗り出し価格の差の元を取るのに必要な走行距離は約4万2000km

この新型モデルのディーゼル車は燃料に軽油を使用していることもあり、ガソリン車よりも1kmあたりのガソリン代が7.6円ほど安くなっています。

そのため、4万2000km運転するだけで、元が取れちゃいます。

新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車は、3列目シートを備えているなどディーゼル車にはない魅力があります。ただ、コスパ重視でもグレード選びをするのなら、ガソリン車よりディーゼル車の方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02