グレードで送風口の数が違う!新型ランクル300のエアコンの快適性&使い勝手を徹底解説

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)は、使い勝手の良いトグルスイッチが備わったフルオートエアコンが標準装備されています。

ただ、この新型モデルは、装着するナビのデザインによって、エアコンのコントロールパネルのデザインに違いが…。

また、グレードによって、後部座席まわりのエアコン&ヒーターの送風口の数も異なります。

今回デビューを果たした新型モデルのエアコンは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、この新型モデルのエアコンの快適性&使い勝手は、どうだったのでしょうか?

14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の用意されているエアコンのデザインや快適性、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300のエアコン&ヒーター【デザイン&機能をチェック】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のエアコンパネルは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300のエアコンパネル

液晶ディスプレイを配したエアコンパネルを標準装備

今回デビューを果たした新型モデルは、全グレード、風量や温度などを表示する液晶ディスプレイを備えたエアコンパネルを標準装備しています。

見た目は非常にシンプルなデザインをしているのですが、風量や温度調節のスイッチには凹凸感のあるトグルスイッチを採用。

トグルスイッチのサイズも大きく、運転中もエアコンの操作がしやすいデザインになっているのが好印象でした。

純正ナビの装着でエアコンパネルのデザインが変更

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、液晶ディスプレイが備わったエアコンパネルがダッシュボードの中央に配置されています。

ただ、メーカーオプションで用意されている12.3インチの純正ナビを装着すると、ダッシュボードの中央に用意されているエアコンパネルのデザインが変わります。

■純正ナビ装着時のエアコンパネル

純正ナビ装着時のエアコンパネルのデザインは、標準仕様の時とは、エアコンパネルの雰囲気が大きくことなりますよね。

純正ナビを装着時のアコンパネルの方が無骨感があり、オフローダーっぽいデザインになっているのが印象的でした。

また、純正ナビを装着すると、ナビ画面のタッチでエアコンの温度や風量の設定をできるようになるのも、特徴の一つですよ。

新型ランクル300のエアコンパネルは機能も充実

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のエアコンは、操作性が良いだけではなく、機能も充実しています。

その一つが、左右独立式の温度調節機能です。

今回デビューを果たした新型モデルは、運転席側と助手席側で温度を別々に設定することができる左右独立式の温度調節機能を全グレードに標準装備。

また、3段からから温度調整をすることができるシートヒーターを標準装備しているのも、この新型モデルの嬉しいポイントの一つでした。

後部座席用のエアコンパネルも用意

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、センターコンソールの後方に後部座席用のエアコンパネルを用意しています。

■新型ランクル300の後部座席用のエアコンパネル

シルバーに塗装をしたトグルスイッチなど、この新型モデルの後部座席用のエアコンパネルの基本的なデザインは、ダッシュボードに用意されているフロントシート用のエアコンパネルと全く同じになっています。

また、最廉価モデルのGXグレード以外のグレードでは、フロントシートだけではなく、後部座席も、運転席側と助手席側で別々に温度調節できるようになっていたのも好印象でした。

新型ランクル300のエアコン&ヒーター【快適性&効き具合をチェック】

このようにシンプルながらも使い勝手に優れるエアコンパネルを備えているトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)ですが、エアコンやヒーターの効き具合&快適性は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルのエアコン&ヒーターの快適性&効き具合を確認してきたので、紹介したいと思います。

GXグレードのエアコンの効き具合はイマイチ

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、グレードによって、用意されている送風口の場所が数が異なるのですが、他のグレードよりも劣ると感じたのが、最廉価モデルに位置をするGXグレードです。

この新型モデルの最廉価モデルに位置をするGXグレードでは、ダッシュボード部分とセンターコンソールの後方のみにしか、エアコンの送風口を用意していません。

■新型ランクル300のダッシュボードの送風口

■新型ランクル300のセンターコンソール後方の送風口

また、ヒーターの送風口はフロントシートの下の部分のみです。

そのため、この新型モデルのGXグレードは、他のグレードよりもエアコンの涼しい風やヒーターの温かい風が車内全体に行き渡るまで時間がかかります。

上位モデルはルーフなどにもエアコンの送風口を用意

一方、新型ランクル300(Land Cruiser)のGXグレード以上のモデルでは、センターコンソールの後方だけではなく、天井の左右にもエアコンの送風口を用意しています。

■新型ランクル300の天井の送風口

しかも、この新型モデルは、3列目シート横の天井部分もエアコンの送風口を用意しています。

また、ヒーターのダクトは、フロントシート下だけではなく、後部座席のまわりのフロアやデッキサイドトリム部分にも用意。

■新型ランクル300の前席下のヒーターダクト

そのおかげもあり、この新型モデルは、どのシートに座っても、エアコンやヒーターの風を直接感じることができます。

また、新型ランクル300(Land Cruiser)の上位モデルは、最廉価モデルに位置をするGXグレードよりもエアコンやヒーターの効きが圧倒的に良く、快適に過ごすことができます。

今回デビューを果たした新型モデルは5つのグレードを用意していますが、真夏の暑い日や真冬の寒い日の快適性を考えると、エアコンやヒーターの送風口の数が充実しているAXグレード以上のモデルの方が良いように感じました。

ちなみに、この新型モデルを試乗した時にディーラーさんに教えてもらったのですが、新型ランクル300(Land Cruiser)は、荷室・ラゲッジスペースが大きいため、トノカバーの有無でエアコンの効き具合が変わってくるそうです。

■新型ランクル300のトノカバー

この新型モデルで用意されているトノカバーのオプション価格は1万1000円と安いですし、暑さ対策のグッズとして、購入を検討しても良いかもしれませんね。

まとめ:使い勝手&快適性に優れる新型ランクル300のエアコン&ヒーター

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のエアコン&ヒーターは、このようなデザイン&使い勝手になっていました。

■新型ランクル300のエアコン&ヒーターのまとめ

・フルオートエアコンを全グレードに標準装備
・純正ナビを装着すると、エアコンパネルのデザインが変わる
・前席の左右独立式の温度調節機能は全グレード標準装備
・後席の左右独立式の温度調整機能はAXグレード以上
・グレードで後席の送風口の数が異なる

今回デビューを果たした新型モデルは、全グレード、左右独立式の温度調節機能が備わったエアコン&ヒーターを標準装備しています。

ただ、グレードによって、後部座席のエアコン&ヒーターの使い勝手や送風口の数などに違いが…。

真夏の暑い日のことを考えると、前席だけではなく後部座席にも左右独立式の温度調節機能が備わっていて、送風口の数が多いAXグレード以上のモデルが良さそうですね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02