新型ランクル300の5人乗り仕様の荷室アレンジ【使い勝手で物足りなさも…】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の5人乗り仕様は、収納力に優れた広い荷室・ラゲッジスペースを備えています。

ただ、使い勝手で少し気になるところも…。

今回デビューを果たした新型モデルの5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザイン&アレンジを用意していたのでしょうか?また、残念に感じたところは、何だったのでしょうか?

新型ランクル300(Land Cruiser)の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースのデザインやアレンジ、使い勝手を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300の5人乗り仕様の荷室【デザインなど特徴をチェック】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300の5人乗り仕様の荷室

荷室開口部が広くて、荷物の積み込みがしやすそうですよね。

今回デビューを果たした新型モデルは、テールゲートの開け方ががオーソドックスな跳ね上げ式になったおかげで、スッキリとした荷室・ラゲッジスペースになっていました。

上位モデルは4対2対4分割方式の後部座席を採用

そんな新型ランクル300(Land Cruiser)の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースの注目ポイントの一つは、後部座席の形状です。

この新型モデルの最廉価モデルに位置をするGXグレードは、オーソドックスな6対4分割方式の後部座席を採用していました。

画像引用:https://toyota.jp/landcruiser/

しかし、GXグレード以外のグレードでは、後部座席の中央部分のみを収納することができる“4対2対4分割方式”の後部座席を採用。

■新型ランクル300の上位モデルの4対2対4分割方式の後部座席

そのおかげもあり、この新型モデルの後部座席に乗車する人が状態でも、スキーや釣り竿などの長尺物を積み込めるようになっていました。

上位モデルはLEDのラゲッジランプを採用

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の5人乗り仕様では、荷室の左側の壁面にラゲッジを照らすラゲッジランプが用意されています。

ただ、グレードによって、ラゲッジランプの光源に差が…。

この新型モデルの最廉価モデルに位置をするGXグレードでは、豆球のラゲッジランプを採用しているのに対し、ZXグレードやGRスポーツの5人乗り仕様では、LEDのラゲッジランプを採用。

そのおかげもあり、上位モデルの方が荷室・ラゲッジスペースは明るく、夜間の荷物が探しやすくなっていました。

7人乗り仕様よりも大きい5人乗り仕様の床下収納

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースの注目ポイントの一つは、床下収納(サブトランク)です。

この新型モデルの5人乗り仕様は、7人乗り仕様よりもひと回り大きい床下収納(サブトランク)を用意。

■新型ランクル300の5人乗り仕様の床下収納

この新型モデルの5人乗り仕様の床下収納(サブトランク)は、それほど深くありませんが、車載工具や洗車アイテムを収納するには、十分なサイズになっていました。

後部座席の収納は手動式を採用

そんな新型ランクル300(Land Cruiser)の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースで残念だったのが、後部座席の収納方法です。

この新型モデルの5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースには、後部座席を収納するためのスイッチの用意はなく、手動で収納するタイプに…。

■シート横に備わっている後部座席収納レバー

そのため、荷室・ラゲッジスペース側からでは、後部座席の収納操作を行うことができず、収納するためには、後部座席横に回り込む必要があります。

ちょっとコレは残念ですよね。

今回デビューを果たした新型モデルの5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは大きいので、スイッチ一つで後部座席を収納できるようにしてもらいたいところでした。

新型ランクル300の5人乗り仕様の荷室【アレンジ&使い勝手をチェック】

このように収納力に優れた荷室・ラゲッジスペースを備えている新型ランクル300(Land Cruiser)の5人乗り仕様ですが、荷室の使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルの5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースのアレンジ&使い勝手を確認してきたので、紹介します。

通常時の荷室・ラゲッジスペース

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の5人乗り仕様の通常時(=後部座席使用時)の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペース

この新型モデルの荷室・ラゲッジスペースは、奥行き&天地高が広く、後部座席を使用した通常時でも1,130リットルの荷室容量を確保。

通常時でも十分すぎるほどの荷室・ラゲッジスペースの広さとなっています。

また、この新型モデルは、荷室開口部がフラットで荷物の出し入れがしやすくなっているのも、好印象でした。

後部座席を収納時に荷室・ラゲッジスペース

また、後部座席を収納した時の新型ランクル300(Land Cruiser)の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

先ほどもお話した通り、この新型モデルの上位モデルの後部座席は、4対2対4分割方式を採用しています。

■新型ランクル300の4対2対4分割方式の後部座席

そのため、後部座席の乗車人数や荷室・ラゲッジスペースに積み込む荷物の大きさによって、自由自在に後部座席の形をアレンジすることができます。

■新型ランクル300の後部座席の中央部分のみ収納時

■新型ランクル300の後部座席の助手席側収納時

■新型ランクル300の後部座席の運転席側収納時

■新型ランクル300の後部座席の背もたれをすべて収納時

また、この新型モデルの5人乗り仕様は、シートを小さく折り畳むことができるタンブル収納も用意しています。

■タンブル収納した時の新型ランクル300の荷室

後部座席をタンブル収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、背もたれをただ倒した時よりも若干狭くなります。

ただ、荷室・ラゲッジスペースの床をフラットにした時や背の高い荷物を積み込みたい時には、非常に便利な荷室アレンジになっていました。

ちなみに、この新型モデルの後部座席は、左右別々にタンブルすることもできますよ。

まとめ:使い勝手の良い新型ランクル300の5人乗り仕様の荷室

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザイン&使い勝手になっていました。

■新型ランクル300の5人乗り仕様の荷室

・上位モデルは4対2対4分割方式の後部座席を採用
・床下収納は7人乗り仕様よりもひと回り大きい
・自由自在にアレンジできる5人乗り仕様の荷室
・後部座席をワンタッチで収納できるスイッチの用意はなし

今回デビューを果たした新型モデルの5人乗り仕様は、荷室・ラゲッジスペースの壁面に後部座席を収納するためのスイッチの用意がないのが、非常に残念でした。

ただ、この新型モデルの5人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースのサイズは大きく、また、自由自在に後部座席のレイアウトを変更変更することができるのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02