実用的になった新型ランクル300 7人乗りの荷室【アレンジなど特徴を徹底解説】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗り仕様は、先代モデルと3列目シートの収納方法が変わりました。

そのおかげもあり、この新型モデルの7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスぺースの使い勝手が格段に良くなりました。

この新型モデルの7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、どのようなアレンジ&使い勝手になっていたのでしょうか?

新型ランクル300(Land Cruiser)7人乗りの仕様の荷室・ラゲッジスペースのデザインやアレンジ、使い勝手を、実車画像を交えて紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300の7人乗り仕様の荷室【デザイン&装備をチェック】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300の7人乗り仕様の荷室

3列目シートを展開すると、荷室・ラゲッジスペースは、やはり狭くなってしまいますね。

ただ、今回デビューを果たした新型モデルの7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、先代モデルよりも格段に使い勝手が良くなっていました。

そんな新型モデルの7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースの特徴を紹介したいと思います。

3列目の格納は床下収納に進化

先代モデルのランクル200の3列目シートの収納は、荷室・ラゲッジスペースの左右に跳ね上げるタイプを採用していました。

そのため、3列目シート収納時は、荷室・ラゲッジスペースの横幅が少し狭くなると言う欠点&デメリットがありました。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルの3列目シートの収納は、跳ね上げ式から、床下に収納するタイプに変更。

■新型ランクル300の3列目シート収納時

この新型モデルの3列目シートは、まるでシートを取り外したかのうようにキレイに床下に収納されるため、2列シート仕様のと比べても勝るとも劣らない使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースになっていました。

3列目シートの収納も楽々

また、下位モデルに位置をするAXグレードを除き、新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートの収納&展開は、電動式になっています。

■新型ランクル300の収納&展開スイッチ

そのため、この新型モデルの3列目シートの収納&展開は、非常に楽です。

また、この新型モデルの3列目シートの収納&展開スイッチは、荷室脇だけではなく、3列目シート脇にも用意しており、どこからでも操作できるようになっていたのも好印象でした。

床下収納(サブトランク)は小さめ

新型ランクル300(Land Cruiser)の2列シート同様、3列シート7人乗り仕様も、荷室・ラゲッジスペースに下に床下収納(サブトランク)を用意しています。

■新型ランクル300の7人乗り仕様の床下収納

ただ、7人乗り仕様の床下収納(サブトランク)は、5人乗り仕様よりもサイズが若干小さくなっていました。

新型ランクル300の7人乗り仕様の荷室【アレンジをチェック】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)は、荷室アレンジのバリエーションも豊富なため、使い勝手が非常に良いです

この新型モデルの7人乗り仕様は、どのような荷室アレンジを用意しているのでしょうか?実車画像を使って、チェックしていきましょう。

3列目シート使用時の荷室・ラゲッジスペース

新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗り仕様の3列目シート展開時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになっています。

■7人乗り仕様の荷室:3列目シート展開時

先ほども簡単にお話しましたが、3列目シートを展開すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、かなり狭くなりますね。

ハンドバックを収納するくらいのゆとりしかありません。

新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートは補助シート的な役割なので、使用しない時は収納して、荷室・ラゲッジスペースを広めに確保しておいた方が良さそうですね。

3列目シート収納時の荷室・ラゲッジスペース

荷室の左壁面に用意されている3列目シート収納スイッチを操作して、3列目シートを収納した時の新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

こちらは、3列目シートをすべて収納した時の様子です。

■7人乗り仕様の荷室:3列目シート収納時

3列目シートを収納すると、荷室・ラゲッジスペースの奥行きは、かなり広くなりますね。

荷室フロアに段差がなくフラットなので、荷物の積み下ろしもスムーズにおこなえそうな感じが…。

また、この新型モデルの3列目シートは中央分割方式になっており、左右別々にシートを収納できるのも、好印象でした。

■7人乗り仕様の荷室:3列目シートの左側収納時

■7人乗り仕様の荷室:3列目シートの右側収納時

ちなみに、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗り仕様の2列目シートは、ミニバンとは違い固定式となっています。

なので、2列目シートの位置を変更して、後部座席の奥行きの広さを調整することはできないので、ご注意くださいね。

3列目&2列目シート収納時の荷室・ラゲッジスペース

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)は、3列目&2列目シートを収納した時の荷室アレンジのバリエーションも豊富です。

今回デビューを果たした新型モデルは、4対2対4分割方式の2列目シートを採用しているため、このように2列目シートの中央部分のみを収納することも可能です。

■7人乗り仕様の荷室:2列目シートの中央収納時

釣り竿やスキー板などの長尺物を積み込む時に重宝しそうですよね。

また、この新型モデルは、2列目シートの左右の背もたれを収納して、荷室・ラゲッジスペースの容量を広くすることも可能です。

■7人乗り仕様の荷室:2列目シートの背もたれ収納時

2列目シート部分で少し大きな段差が生じてしまうのは少し気になるところですが、ちょっと荷室・ラゲッジスペースを広く使いたい時には、重宝するアレンジになっていました。

2列目シートは小さく折り畳むことも可能

また、2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗り仕様の2列目シートは、座面ごと前方に跳ね上げるタンブル機能も用意しています。

■新型ランクル300の2列目シートをタンブルした時の様子

また、2列目シートをタンブルした時の荷室・ラゲッジスペースは、このような感じになります。

■7人乗り仕様の荷室:2列目シートをタンブル収納時

2列目シートをタンブルすると、2列目シートの部分での段差が解消されるため、たくさんの荷物を効率的に積み込むことができそうですね。

また、2列目シートをタンブルすると、この新型モデルの高い天地口を最大限に利用することができるので、背の高い荷物を積み込みたい時にも重宝するのかなと思いました。

まとめ:実用的に生まれ変わった新型ランクル300の7人乗り仕様の荷室

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースは、このようなデザイン&使い勝手になっていました。

■新型ランクル 7人乗り仕様の荷室のまとめ

・3列目シートの収納は床下収納タイプに変更
・AX以外のグレードの3列目シートの収納は電動
・床下収納は5人乗り仕様よりも小さい
・荷室アレンジのバリエーションは豊富

今回デビューを果たした新型モデルの3列目シートの収納方法は、跳ね上げ式から床下収納式に変更。

そのおかげもあり、3列目シート収納時は、まるでシートを取り外したかのようなスッキリ&広々とした荷室・ラゲッジスペースに…。

3列シートの7人乗り仕様の荷室・ラゲッジスペースの使い勝手が大きくアップし、2列目シートと同等の実用性になったのが、好印象でした。

これなら5人乗り仕様ではなく、乗り出し価格が安い7人乗り仕様を購入しても良いかもしれませんね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02