先代よりも格段に良い!新型ランクル300の前方の視界&見晴らしを実車画像でチェック

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の全長は最大で約4985mmとなっており、国内最大級のボディサイズを誇ります。

ただ、この新型モデルは、運転席からの見晴らしが良いため、前方の視界&視認性は良いです。また、前方の見切りが良くなるようボンネットなどに工夫がほどこされているのも魅力の一つです。

そんな新型モデルの前方&斜め前方の視界は、どのような感じだったのでしょうか?また、前方の視界&視認性で気になるところは、あったのでしょうか?

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の前方&斜め前方の視界、視認性を確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300の前方の視界&視認性をチェック

2021年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)の運転席からの前方の視界&見晴らしは、このようになっています。

■新型ランクル300の前方の視界

また、この新型モデルの前方の視界&見晴らしは、次のような特徴&魅力を備えていました。

上から見下ろすような圧倒的な見晴らし

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の前方視界の魅力の一つは、何といっても見晴らしの良さです。

この新型モデルの運転席の着座位置は870mm~890mmとなっており、国内で発売されているSUVの中でもトップクラスの高さに…。

■新型ランクル300の運転席

ちなみに、同じトヨタから発売されているランドクルーザー プラド(Landcruiser PRADO)の運転席のシート高は、実測値で約810mmとなっています。

■ランドクルーザープラドの運転席

このように見比べると、いかに新型ランクル300(Land Cruiser)の運転席の着座位置が高いかというのが、わかりますよね。

そのおかげもあり、この新型モデルは、運転席のシートリフターの高さを一番低くしても、遠くまで見渡せる高い視界で運転をすることができます。

また、この新型モデルの運転席は、着座位置が高いため、トラックなどに挟まれても圧迫感を感じません。

この運転席からの視界&見晴らしの良さは、他のクルマでは味わえない新型ランクル300(Land Cruiser)の特権なのかなと思いました。

前方の見切りも良好

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、前方の見切りも良好です。

この新型モデルは、ボンネット(フロントオーバーハング)も非常に長くなっています。

ただ、この新型モデルは、今までのランクルと同様、角張った箱型フォルムになっているため、運転席からの見切りが非常に良いです。

■新型ランクル300の前方の見切り

ご覧いただければ分かると思いますが、この新型モデルはボンネットが長いにも関わらず、車の最先端まで確認をすることができます。

また、この新型モデルのボンネットは、先代モデルの最終モデル同様、真ん中がくぼんでいるデザインになっています。

そのおかげもあり、この新型モデルは、ノーズの中央部分の把握がしやすいです。

新型ランクル300の斜め前方の視界&視認性をチェック

また、2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の斜め前方の視界&視認性は、このような感じになっています。

■新型ランクル300の斜め前方の視界

ランクルのコンセプトは、「どこへでも行き、生きて帰って来られるクルマ」と言うことで、頑丈に作られています。そのため、フロントガラスを支えるAピラーも太く、しっかりとした作りになっています。

ただ、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の斜め前方の視界は、先代モデルよりも格段に良くなっているように感じました。

この新型モデルの斜め前方の視界&視認性は、先代モデルよりもドコが良くなっていたのでしょうか?進化したポイントを紹介したいと思います。

サイドミラーの位置

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)と先代モデルの大きく変わったところの一つが、サイドミラーの位置です。

先代モデルのランクルは、Aピラーの付け根の部分にサイドミラーが備わっていました。

そのため、サイドミラーが妨げになって、斜め前方の死角が多くなっていたんですよね。

しかし、フルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)は、サイドミラーの設置位置をAピラーからドア内側パネルに変更。

しかも、この新型モデルのサイドミラーは、若干ですが、手前側(シート側)に設置されているんですよね。

そのおかげもあり、この新型モデルは先代モデルよりも斜め前方の死角が少なくなっています。

■死角が少ない新型ランクル300の斜め前方の視界

今回デビューを果たした新型モデルは、Aピラーが太いため、歩行者や自転車が死角に完全に隠れてしまう場合もあります。

ただ、サイドミラーの位置を最適化したこの新型モデルの斜め前方の視界&視認性は、先代モデルよりも格段に良くなっているように感じました。

ベルトラインの低さ

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)を試乗して驚いたのは、ベルトライン(=サイドウィンドウの下端)の低さです。

この新型モデルのフロントシートのサイドウィンドウのベルトラインは、ダッシュボードよりも一段低くなっているんですよね。

そのため、パッと斜め前方を確認した時に死角が少なく、安心感があります。

また、フロントシート横のサイドウィンドウが広く、圧倒的な開放感を味わえるのも、新しく生まれ変わった新型ランクル300(Land Cruiser)の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:先代モデルよりも運転がしやすいくなった新型ランクル300

2021年8月にフルモデルチェンジをしてデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の前方&斜め前方の視界&視認性は、このようになっていました。

■新型ランクル300の前方&斜め前方の視界のまとめ

・先代モデルと同様、前方の視界は良好
・ボンネットの中央が凹んでいるため、見切りも良好
・先代モデルよりも良くなった斜め前方の視界

今回デビューを果たした新型モデルは、先代モデルのボンネットの中央が凹んでいるデザインを踏襲したこともあり、真正面の視界&視認性は非常に良いです。

また、この新型モデルは、先代モデルとはサイドミラーの位置が変わっており、スッキリとクリアな斜め前方視界になっていたのも好印象でした。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行かれる方は、先代モデルよりも格段に良くなった前方&斜め前方の視界を確認してみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02