新型ランクル300のセンターコンソールの使い勝手レビュー【残念なところも…】

2021年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、シンプルながらも使い勝手の良い大きなセンターコンソールを備えています。

ただ、この新型モデルのセンターコンソールで少し残念だったところも…。

今回デビューを果たした新型モデルのセンターコンソールは、どのようなデザインをしているのでしょうか?また、この新型モデルのセンターコンソールの残念なところは、どこだったのでしょうか?

14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のセンターコンソールのデザインや使い勝手、残念なところを包み隠さず紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300のセンターコンソールのデザインをチェック

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のセンターコンソールは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300のセンターコンソール

迫力のある大型のセンターコンソールを標準装備

今回デビューを果たした新型モデルのセンターコンソールは、シフトレバーやドリンクホルダー、オープントレイなどを配したシンプルなデザインになっています。

ただ、競合車・ライバル車よりもサイズが大きいこともあり、この新型モデルのセンターコンソールは、見た目の迫力があります。

また、スイッチ類を運転席側に集約するなど、操作性に優れているのも好印象でした。

グレードでセンターコンソールのデザインが異なる

2021年8月にデビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、全グレード、迫力のある大サイズのセンターコンソールを備えていますが、グレードによって、センターコンソール前方のパネルのデザインや素材感が異なります。

■新型ランクルのセンターコンソールの素材のグレード別比較

例えば、下位モデルに位置をするGXグレードやAXグレードでは、ブラック塗装をほどこしたパネルを採用しています。一方、中間モデルのGXグレードや最上位モデルに位置をするZXグレードでは、木目調のパネルを採用しています。

そのため、この新型モデルは、グレードによってセンターコンソールのデザインや雰囲気が大きく異なります。

最新の機能&装備を搭載

また、最新の機能&装備を搭載しているのも、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のセンターコンソールの魅力の一つです。

その一つが、パーキングブレーキです。

先代モデルにあたるランクル200は、手で引くタイプのサイドブレーキを採用していましたが、この新型モデルでは、電動式のパーキングブレーキを初採用。

また、ブレーキペダルから足を離しても停車状態をキープしてくれるオートブレーキホールドを標準装備しているのも、この新型モデルの魅力の一つですよ。

置くだけ充電の用意はなし

シンプルながらも使い勝手に優れる新型ランクル300(Land Cruiser)のセンターコンソールですが、ちょっと残念に感じたところもありました。

それは、スマホやiPhoneを置くだけで自動的に充電をおこなってくれる”置くだけ充電”の用意がなかったことです。

海外モデルの新型ランクル300(Land Cruiser)では、シフトレバーの左側に備わっているトレイ部分が置くだけ充電になっているんですよね。

ただ、この新型モデルの日本仕様は、なぜか置くだけ充電の用意はなし。また、メーカーオプションでの設定もありません。

なぜ日本仕様だけ、置くだけ充電の用意がないのかは分かりませんが、この新型モデルの車格や乗り出し価格を考えると、置くだけ充電くらいは標準装備してもらいたかったです。

新型ランクル300のセンターコンソールまわりの装備をチェック

2021年8つにデビューを果たしたトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)は、センターコンソールまわりの装備が充実しているのも魅力の一つです。

この新型モデルのセンターコンソールには、どのような装備を備えているのでしょうか?また、センターコンソールに備わっている各アイテムの使い勝手は、どうだったのでしょうか?

この新型モデルのセンターコンソールまわりの装備を確認してきたので、紹介したいと思います。

シフトレバー

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のシフトレバーは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300のシフトレバー

先代モデルにあたるランクル200は、ジグザクに入れるシフトレバーを採用していましたが、この新型モデルでは、前後にまっすぐにスライドするストレートゲート式のシフトレバーを使用。

そのおかげもあり、スッキリとした見た目に…。

また、この新型モデルのシフトレバーは、ステッチ入りのシフトブーツを備えてるなど、高級感&上質感を演出しているのも魅力の一つですよ。

センターコンソールトレイ

新型ランクル300(Land Cruiser)のシフトレバーの左側には、大きめのスマホ/iPhoneを置けるサイズの収納スペース”センターコンソールトレイ”が用意されています。

■新型ランクル300のセンターコンソールトレイ

このセンターコンソールトレイのスグ前方には、USBポートが用意されているため、充電中のスマホやiPhoneを置いておくのに重宝します。

ただ、先ほどもお話した通り、日本仕様の新型ランクル300(Land Cruiser)には、スマホやiPhoneをおくだけで充電をしてくれる”置くだけ充電”の用意がないのが、少々残念でした。

ドリンクホルダー

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、シフトレバーの後方に穴が横に2つ並んだドリンクホルダーを用意しています。

■新型ランクル300のドリンクホルダー

見た目は非常にシンプルなこの新型モデルのドリンクホルダーですが、運転席側の高さを調節することができるなど、他のクルマにはない工夫も…。

また、この新型モデルのドリンクホルダーは、横並びになっているため、運転席側/助手席側どちらからでも、飲み物が取り出しやすくなっています。

このドリンクホルダーの使い勝手の良さも、この新型モデルのセンターコンソールの魅力の一つなのかなと思いました。

センターコンソールボックス

また、2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、ドリンクホルダーの後方にセンターコンソールボックスを備えています。

■新型ランクル300のセンターコンソールボックス

先代モデルのランクル200は、縦に開けるタイプのセンターコンソールボックスを採用していましたが、この新型モデルは、横に開閉するタイプに変更。

運転席側からだけではなく、助手席側からも開閉することができるタイプになっているため、先代モデルよりも使い勝手が良くなっていました。

センターコンソールのスイッチ類

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、シフトレバーの右側に運転操作に関するスイッチ類を集約しています。

■新型ランクル300のスイッチ類

そのため、この新型モデルのスイッチ類は、非常に操作がしやすいです。

SUVらしい見た目を演出するトグルスイッチは、駆動系の作動状態を切り替えることができるトランスファースイッチです。

また、トランスファースイッチの奥(前方)には、タイトコーナーを走行するとき使用をする”ターンアシストスイッチ(左側)”と、ぬかるみなどでスタックした時に使用をするセンターデフロックスイッチが用意されていました。

まとめ:使い勝手に優れる新型ランクル300のセンターコンソール

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のセンターコンソールのデザインや装備、使い勝手は、このようになっていました。

■新型ランクル300のセンターコンソールのまとめ

・シンプルだけど使い勝手&操作性に優れたデザイン
・グレードでパネルのカラーが異なる
・電動パーキングブレーキなどランクル初となる装備を搭載
・置くだけ充電の用意はなし

この新型モデルの上位グレードのセンターコンソールは、木目調のパネルを採用するなど、高級感&上質感を強調したデザインに…。

また、置くだけ充電が標準装備されていなかったのは少々残念ですが、運転操作に関するスイッチを手が届きやすい運転席側に集約するなど、操作性&使い勝手に優れるデザインになっているのも好印象でした。

もしこれからこの新型モデルの試乗に行く方は、操作性&使い勝手が格段に良くなったセンターコンソールにも注目をしてみてくださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02