自由自在!新型ランクル300の7人乗り仕様のシートアレンジを実車画像で徹底解説

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗り仕様の魅力の一つは、シートアレンジのバリエーションの多さです。

この新型モデルの7人乗り仕様は、4対2対4分割方式の後部座席を採用していることもあり、荷物の量や乗車人数に応じて、自由自在に車内のシートのアレンジを変更することができちゃいます。

そんな新型モデルの7人乗り仕様は、どのようなシートアレンジを用意しているのでしょうか?また、各シートアレンジの使い勝手&快適性は、どうだったのでしょうか?

14年ぶりにフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗りに用意されているシートアレンジを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300のシートアレンジ【特徴や魅力、注目ポイントをチェック】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗りのシートは、このようなデザインをしています。

■新型ランクル300の7人乗り仕様のフロントシート

■新型ランクル300の7人乗り仕様の2列目シート

■新型ランクル300の7人乗り仕様の3列目シート

また、今回デビューを果たした新型モデルの7人乗り仕様のシートは、次のような特徴&魅力を備えていました。

4対2対4分割方式の2列目シートを採用

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗り仕様は、後部座席の中央部分のみを収納することができる4対2対4分割方式の2列目シートを採用しています。

■4対2対4分割方式の新型ランクルの2列目シート

そのおかげもあり、釣り竿やスキーの板などの長尺物を積み込んだ状態でも、2列目シートに最大で2人乗車できるようになっていました。

電動で収納&展開をできる新型ランクル300の3列目シート

また、下位モデルに位置をするAXグレード以外のグレードでは、電動で収納&展開をすることができる3列目シートを標準装備しています。

■新型ランクル300の3列目シート収納スイッチ

スイッチ一つで、3列目シートの収納だけではなく、展開することができるのは、新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗り仕様の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

また、この新型モデルから3列目シートの収納は床下に収納するタイプを採用。

3列目シートを収納すると、まるでシートを取り外したかのような広々とした荷室・ラゲッジスペースになるのも好印象でした。

2列目シート&3列目シートは固定式

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗り仕様の2列目シートと3列目シートは、固定式となっています。

そのため、シートを前後にスライドをして、足元空間(ニークリアランス)の広さを調整することはできません。

ただ、この新型モデルの2列目シート&3列目シートは、十分な足元空間(ニークリアランス)を確保しています。

■新型ランクル300の2列目シートの足元空間

■新型ランクル300の3列目シートの足元空間

そのため、2列目シート&3列目シートの足元空間で、窮屈感を感じることはりませんでした。

新型ランクル300のシートアレンジ【快適性&使い勝手をチェック】

このように使い勝手の良いシートを備えているトヨタの新型ランクル300(Land Cruiser)ですが、各シートアレンジの快適性&居心地の良さは、どうだったのでしょうか?

この新型モデルの7人乗り仕様に用意されている各シートアレンジの快適性&居心地の良さを確認してきたので、紹介したいと思います。

シートフル展開する7人乗車モード

新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されているすべてのシートを活用する7人乗車モードは、このような感じなります。

■新型ランクル300の7人乗車モード

この新型モデルの2列目シートはサイズも大きく、座り心地も非常に良いです。

ただ、3列目シートは、シートサイズは大きいものの、着座位置が低めなので、体育座りのような座り心地になります。

なので、7人乗車モードで長距離ドライブするのは、ちょっと厳しいです。

この新型モデルに用意されている7人乗車モードは、乗車人数が増えた時の緊急時のシートアレンジくらいに考えておいた方が良いと思いますよ。

また、7人乗車モードにすると、荷室・ラゲッジスペースにほとんど荷物を置くことができないので、ご注意を…。

3列目シートの片側を収納する6人乗車モード

また、新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートの左右どちらかを収納すると、フロントシートに2人、2列目シートに3人、3列目シートに1人、合計6人乗車することができるシートアレンジになります。

■新型ランクル300の6人乗車モード

3列目シートをすべて展開する7人乗車モードでは、荷室・ラゲッジスペースにほとんど荷物を載せることができません。

ただ、3列目シートの片側を収納する6人乗車モードにすると、荷室・ラゲッジスペースにだいぶゆとりが…。

荷室・ラゲッジスペースにたくさんに荷物を載せたい時には、非常に重宝をするシートアレンジになっていました。

3列目シートを収納する5人乗車モード

新型ランクル300(Land Cruiser)の3列目シートをすべて収納すると、フロントシートに2人、2列目シートに3人乗車することができる5人乗車モードになります。

■新型ランクル300の5人乗車モード

先代モデルの3列目シートの収納は、左右に跳ね上げをするタイプを採用していたため、収納時は、荷室・ラゲッジスペースの横幅が狭くなってしまうのが、欠点&デメリットの一つでした。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルの3列目シートは、床下に収納するタイプに変更。

収納した3列目シートが荷物の積み降ろしや積載の邪魔をしない使い勝手の良い荷室・ラゲッジスペースになっているのが、好印象でした。

また、この新型モデルは、3列目シート収納時、大きな段差がなく、フルフラットな荷室・ラゲッジスペースになるのも好印象でした。

2列目シートに2人乗車する4人乗車モード

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、フロントシートと2列目シートに2人ずつ乗車をする4人乗車モードを用意していますが、2列目シートのアレンジによって、快適性が異なります。

こちらは、2列目シートの左右の片側を収納した時の4人乗車モードです。

■新型ランクルの4人乗車モード:シート左右収納時

また、こちらは、2列目シートの中央部分を収納した時の4人乗車モードです。

■新型ランクルの4人乗車モード:シート中央収納時

荷室・ラゲッジスペースを広く使いたい場合は、シートを左右を収納する4人乗車モードの方が良いと思います。

ただ、2列目シートに座る人の快適性や居心地を考えると、後部座席中央のみを収納する4人乗車モードの方が良いと思いますよ。

2列目シートに1人乗車をする3人乗車モード

新型ランクル300(Land Cruiser)の2列目シートの中央部分と左右どちらかを収納すると、フロントシートに2人、後部座席に1人、合計3人乗車することができる3人乗車モードになります。

■新型ランクル300の3人乗車モード

3人乗車モードにすると、荷室・ラゲッジスペースをかなり広く使うことができますね。

また、この新型モデルの2列目シートは、サイズが大きいため、3人乗車モードにしても、ゆったりと座ることができるのも好印象でした。

3列目&2列目シートを収納する2人乗車モード

また、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、3列目シート&2列目シートをすべて収納する2人乗車モードも用意しています。

■新型ランクル300の2人乗車モード

2人乗車モードにすると、荷室・ラゲッジスペースがかなり広くなりますね。

キャンプやバーベキューなどのアウトドアレジャーに行く時には、荷室を広く使うことができる人乗車モードは、非常に良いシートアレンジだと思いました。

また、今回デビューを果たした新型モデルは、2列目シートの座面を前方に跳ね上げて、フルフラットな荷室・ラゲッジスペースを作り出すこともできます。

■新型ランクル300の2人乗車モード:タンブル収納時

このように荷物の量や目的に応じて、荷室・ラゲッジスペースの形を変更することができるのも、新型ランクル300(Land Cruiser)に用意されているシートアレンジの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

まとめ:使い勝手の良い新型ランクル300の7人乗り仕様のシートアレンジ

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の7人乗り仕様のシートアレンジを確認してみたところ、このようになっていました。

新型ランクル300の7人乗り仕様のシートアレンジのまとめ

・2列目シートは4対2対4分割方式を採用
・3列目シートの収納&展開は電動式
・新型ランクル300は

今回デビューを果たした新型モデルの7人乗り仕様は、荷物の大きさや乗車人数に応じて、自由自在にシートアレンジを変更することができるため、使い勝手は、非常に良いです。

また、今回デビューを果たした新型モデルは2列目シートのサイズが大きく、ゆったりと座れるのも好印象でした。

ちなみに、新型ランクル300の5人乗り仕様と7人乗り仕様では、荷室・ラゲッジスペースの作りなどに若干の違いがあるので、ご注意を…。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02