新型ランクル300のVXグレードの見積もり公開【ZXよりかなりお買い得】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の中で一番価格の機能のバランスが取れているのは、中間モデルに位置をする”VXグレード”かもしれません。

先日、この新型モデルのVXグレードとZXグレードの見積もりをもらって、乗り出し価格を比較してみたのですが、予想以上の差が…。

今回、私がもらってきた新型モデルのVXグレードの見積もり金額は、いくらくらいだったのでしょうか?また、最上位モデルに位置をするZXグレードとの乗り出し価格の差は、どれくらいだったのでしょうか?

14年ぶりにフルモデルチェンジをした新型ランクル300(Land Cruiser)の中間モデル”VXグレード”の見積もりを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300のVXグレードの見積もりを公開

こちらが、今回私がもらってきた新型ランクル300(Land Cruiser)の中間モデル”VXグレード”の見積もりです。

■新型ランクル300のVXグレードの見積もり

ボディカラーは人気が高いブラックを選択

新型ランクル300(Land Cruiser)のVXグレードは、5色のボディカラーを用意していますが、今回の見積もりでは、”黒ソリ”と呼ばれている定番からのブラックを選択。

■新型ランクル300のブラック

画像引用:https://toyota.jp/landcruiser/

また、この新型モデルは5人乗り仕様と7人乗り仕様の2つのタイプを用意しています。

ただ、VXグレードに用意されているのは、3列シートの7人乗り仕様のみなので、7人乗り仕様を選択しました。

メーカーオプションでTコネクトナビなどを選択

また、後付けをすることができないメーカーオプションに関しては、次のようなアイテムをお願いしました。

■VXグレードの見積もりでお願いをしたメーカーオプション

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のVXグレードでは、クールボックスやパワーバックドア、電動ムーンルーフなど様々なアイテムがメーカーオプションで用意されています。

ただ、今回の見積もりでは、画面サイズが12.3インチある”Tコネクトナビ”やルーフレールなど必要最低限のアイテムのみをお願いしました。

■新型ランクル300のルーフレール

また、トノカバーに関しては、ディーラーさんが、「おすすめです!」と言っていたので、お願いをすることにしました。

ディーラーオプションは基本的なアイテムのみ装着

今回の新型ランクル300(Land Cruiser)のVXグレードの見積もりでお願いをしたディーラーオプションは、こちらです。

■VXグレードの見積もりでお願いをしたディーラーオプション

今回デビューを果たした新型モデルは、機能&装備が充実していることもあり、ドライブレコーダーやフロアマット、サイドバイザーなど基本的なアイテムのみをお願いすることにしました。

VXグレードの乗り出し価格は約735万円

純正ナビなど基本的なアイテムのみをオプションで装着した時の新型ランクル300(Land Cruiser)の中間モデル”VXグレード”の乗り出し価格は、このようになっていました。

■VXグレードの乗り出し価格

今回私がもらってきたVXグレードの見積もりの乗り出し価格は約735万円。

今回の見積もりではメーカーオプション価格が約37万5000円するTコネクトナビを装着していることもあり、車体本体価格よりも100万円くらい高くなっています。

ただ、ディーラーさんも言っていましたが、新型ランクル300(Land Cruiser)のVXグレードは、ランクルの中ではかなりお手頃なお値段なのかと思いました。

新型ランクル300のZXグレードの見積もりを公開

一方、こちらが、新型ランクル300(Land Cruiser)の最上位モデルに位置をする”ZXグレード”の見積もりです。

■新型ランクル300のZXグレードの見積もり

ボディカラーはブラックを選択

新型ランクル300(Land Cruiser)の最上位モデル”ZXグレード”の人気カラーは、専用カラーのプレシャスホワイトパールのようですが、今回は、VXグレードと同じブラックを選択。

■ZXグレードのブラック

画像引用:https://toyota.jp/landcruiser/

また、この新型モデルのZXグレードは、5人乗車仕様と7人乗車仕様の2種類を用意していましたが、今回は、VXグレードにあわせて7人乗車仕様を選びました。

オプションもVXグレードと同じ

また、新型ランクル300(Land Cruiser)のVXグレードとできるだけ同じ条件にするため、メーカーオプション&ディーラーオプションも、VXグレードと全く同じものを装着しました。

■ZXグレードの見積もりでお願いをしたメーカーオプション

■ZXグレードの見積もりでお願いをしたディーラーオプション

ただ、ZXグレードの純正ナビ”Tコネクトナビ”は、JBLプレミアムサウンドシステムとセットになっているため、VXのものよりも10万円ほど高くなっていました。

ZXグレードの乗り出し価格は約842万円

私がもらってきた新型ランクル300(Land Cruiser)の最上位モデル”ZXグレード”の見積もりの乗り出し価格は、このようになっていました。

■ZXグレードの乗り出し価格

VXグレードとできるだけ同じ条件にした時のZXグレードの乗り出し価格は、約842万円となっていました。

ZXグレードは、専用の装備&アイテムを備えた最上位モデルというだけあって、かなり良いお値段になっていました。

新型ランクル300のVXグレードとZXグレードの見積もり比較

また、2021年10月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の中間モデル”VXグレード”と最上位モデル”ZXグレード”の見積もり金額を比較してみたところ、このようになっていました。

■VXグレードとZXグレードの見積もり比較

VXグレードとZXグレードの乗り出し価格の差は約100万円

私がもらった新型ランクル300(Land Cruiser)のVXグレードとZXグレードの見積もりの乗り出し価格の差を確認してみたところ、約100万円となっていました。

最上位モデルに位置をするZXグレードのみ、エアロタイプの専用バンパーを備えるなど、VXグレードよりも迫力のある見た目になっています。

■新型ランクル300のZXグレードの外装

画像引用:https://toyota.jp/landcruiser/

■新型ランクル300のVXグレードの外装

画像引用:https://toyota.jp/landcruiser/

また、最上位モデルの”ZXグレード”は、ショックアブゾーバーの減衰力が変化をする”AVS(アクティブサスペンション)”や、5つの中から選ぶことができるドライブモードを備えるなど、VXグレードよりも走りも良くなっています。

ただ、ZXグレードのみに用意されている装備&機能に100万円の価値があるかどうかと言われると、正直に言って、少し微妙だなと思ってしまいました。

税金の高さもZXグレードの欠点

また、新型ランクル300(Land Cruiser)の中間モデル”VXグレード”と最上位モデル”ZXグレード”を見比べて気になったのは、ZXグレードの自動車重量税と環境性能割の高さです。

■VXグレードとZXグレードの税金比較

上記の表を見比べていただければ分かると思いますが、VXグレードよりもZXグレードの方が約4万円ほど税金が高くなっています。

ここらへんも、新型ランクル300(Land Cruiser)の最上位モデル”ZXグレード”の気になるところの一つでした。

まとめ:価格と機能のバランスが取れた新型ランクル300のVXグレード

2021年8月にデビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の中間モデルのVXグレードとZXグレードの見積もりをもらって、乗り出し価格を比較してみたところ、このようになっていました。

■新型ランクル300のVXグレードの見積もりのまとめ

・VXグレードの乗り出し価格は約735万円
・ZXグレードよりも約100万円安い

今回デビューを果たした新型モデルのVXグレードの乗り出し価格は約735万円となっており、最上位モデルに位置をするZXグレードよりも100万円ほど安くなっています。

VXグレードは、カラーヘッドアップディスプレイや長距離ドライブ時に重宝をするレーントレーシングアシストなども機能&充実しており、新型ランクル300(Land Cruiser)の中で一番価格と機能のバランスが取れたグレードなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02