ディーゼルもエコカー減税対象外!新型ランクル300の購入時の税金を徹底解説

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)は、先代モデルよりもガソリン車の売れ行きが良いみたいですが、その理由の一つが、税金面の優遇。

先代モデルは、ディーゼル車は税金面で優遇されていたため、ディーゼル車とガソリン車の車体本体価格の差が小さくなっていました。

しかし、今回デビューを果たした新型モデルのディーゼル車は、自動車重量税や環境性能割などの税金の優遇がなくなってしまいました。

そのため、新しく生まれ変わった新型ランクル300(Land Cruiser)は、ガソリン車とディーゼル車の価格差が大きいままに…。

そんな新型モデルのガソリン車とディーゼル車は、購入時にいくら税金がかかるのでしょうか?また、購入時に支払う税金は、ガソリン車とディーゼル車では、どちらの方が高かったのでしょか?

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)の購入時にかかる税金と課税額を、詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ランクル300の購入時の課税額は?【税金&エコカー減税をチェック】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車とディーゼル車の各グレードの税金&エコカー減税は、それぞれ次のようになっていました。

■新型ランクル300の税金&エコカー減税

ガソリン車/ディーゼル車ともに自動車税は免税対象外

自動車の所有者に対して課税される自動車税は、クルマの排気量によって課税額が決まります。

■自動車税の排気量ごとの課税額

新型ランクル300(Land Cruiser)の総排気量は、ガソリン車が3,345リットル、ディーゼル車が3,444リットルとなっており、自動車税の区分の”3000L超3500L以下”に該当します。

そのため、ガソリン車/ディーゼル車ともに自動車税は、5万7000円となります。

また、この新型モデルは、ガソリン車/ディーゼル車ともに翌年の自動車税が免税になる”グリーン化特例”の対象外のため、どちらもモデルも自動車税は100%課税されます。

ガソリン車/ディーゼル車ともに自動車重量税も免税対象外

自動車重量税は、その名の通り、クルマの車体重量に対して課される税金です。

■主な自家用乗用車の自動車重量税の課税額

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)の車体重量はグレードによって異なるため、課税額も若干ですが変わってきます。

■新型ランクル300の各グレードの車体重量と自動車重量税

※車体重量は装着するオプションで変わります。

また、燃費の良いクルマは、エコカー減税で自動車重量税が免税、もしくは、減税されます。

ただ、新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車は、エコカー減税の燃費達成基準に達していないため、自動車重量税は、免税されてません。

一方、ディーゼル車に関しては、2022年4月30日までの登録でしたら、取得時の自動車重量税は100%免税になっています。

しかし、2022年5月1日以降のディーゼル車の新規登録車は、2020年度燃費基準達成、かつ2030年度燃費基準達成以上に限り減税対象となり、新型ランクル300(Land Cruiser)のディーゼル車は、この基準に達していないため、免税対象外となりました。

環境性能割も免税対象外

環境性能割は、2019年10月1日に自動車取得税の代わりに導入された新しい税金で、燃費性能に応じて登録車は0%~3%ほど取得価額に対し課税される税金です。

新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車に関しては、燃費性能の基準に達していないため、環境性能割の免税や減税はなく、取得価額の3%課税されます。

一方、ディーゼル車に関しては、注意が必要です。

2023年4月1日からで環境性能割の免税措置からすべてのディーゼル車は外されます。

ただ、急にすべてのディーゼル車の環境性能割を免税対象から外してしまうと、ディーゼル車の売れ行きが悪くなる可能性があるため、「2022年4月1日~2023年3月30日までは、2020年度燃費基準達成車のみ環境性能割を非課税にする。」と言う特別措置が行わています。

しかし、今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)は、2020年度燃費基準達成車の基準を満たしていないため、2022年4月1日から取得価額の3%課税されています。

新型ランクル300の税金の支払い額【購入時に税金はいくらかかる?】

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)は、ガソリン車/ディーゼル車どちらもエコカー減税の対象外となっていましたが、購入時には、いくら税金が課されるのでしょうか?

私がもらってきたこの新型モデルのZXグレードの見積もりを使って、税金額の支払額を確認してみましょう。

ガソリン車の税金の支払い額は?

こちらが、今回私がもらってきたGRスポーツ(GR SPORT)のガソリン車の見積もりです。

■ガソリン車のZXグレードの見積もり

そして、ガソリン車の税金の項目を確認してみたところ、このようになっていました。

ちなみに、自動車税に関しては、4月登録での金額となっています。

■ガソリン車のGRスポーツの税金

今回デビューを果たした新型ランクル300(Land Cruiser)のガソリン車のGRスポーツを購入時にかかる税金の合計は、約32万7000円。

自動車税や自動車重量税の高さもさることながら、自動車の取得価額の3%課税される環境性能割の高さが目を引きました。

ディーゼル車の税金の支払い額は?

一方、こちらは、新型ランクル300(Land Cruiser)のオフロード仕様”GRスポーツ(GR SPORT)”のディーゼル車の見積もりです。

■GRスポーツのディーゼル車の見積もり

そして、ディーゼル車の見積もりの税金の欄を確認してみたところ、このようになっていました。

■ディーゼル車のGRスポーツの税金

このGRスポーツのディーゼル車の自動車税と自動車重量税は、ガソリン車と全く同じになっています。

ただ、GRスポーツのディーゼル車の車体本体価格は30万円ほどガソリン車よりも高いこともあり、環境性能割がガソリン車よりも8000円ほど高い33万5000円となっていました。

ディーゼルとガソリンの乗り出し価格の差は約32万円

また、今回私がもらってきた新型ランクル300(Land Cruiser)のGRスポーツ(GR SPORT)のハイブリッド車とガソリン車の乗り出し価格の乗り出し価格の差を比較してみたところ、このようになっていました。

ちなみに、ボディカラーやオプションに関しては、できるだけ同じにしてあります。

■GRスポーツのディーゼルとガソリンの乗り出し価格の差

私がもらってきたGRスポーツ(GR SPORT)のガソリン車のディーゼル車の乗り出し価格の差は約32万円となっており、車体本体価格よりも価格差は広がりました。

ディーラーさんの話を聞くと、「いまだにディーゼル車は税金面で優遇されていて、ガソリン車との乗り出し価格の差が小さくなる。」と、勘違いしている人が多いようなので、ご注意くださいね。

まとめ:税金面での優遇がない新型ランクル300

2021年8月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ランクル300(Land Cruiser)のハイブリッド車とガソリン車の税金を確認してみたところ、このようになっていました。

■新型ランクル300の税金のまとめ

・ディーゼル車/ガソリン車ともに税金面での優遇はなし
・購入時のガソリン車の税金の支払い額は約32万7000円
・購入時のディーゼル車の税金の支払い額は約33万5000円
・ガソリン車とディーゼル車の乗り出し価格の差は約32万円

今回デビューを果たした新型モデルは、ガソリン車/ディーゼル車ともに税金面での優遇はありません。そのため、先代モデルよりもガソリン車とディーゼル車の乗り出し価格の差は、広くなりました。

また、ディーゼル車とガソリン車の乗り出し価格の差の元を取るのは、先代モデルよりも大変になったので、ご注意くださいね。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02