圧倒的な存在感!新型ノートe-POWERオーテックの特徴や魅力、欠点を大公開

2020年12月にデビューを果たした日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)では、オーテックジャパンが開発をしたカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”がラインナップされています。

外装や内装に様々な専用装備を備えたオーテック(AUTECH)は、標準モデルでは味わえないプレミアム感が…。

また、機能や装備が充実しているのも好印象でした。

そんな新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、どのような特徴&魅力を備えていたのでしょうか?また、どのような欠点&デメリットがあったのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の魅力や欠点、デメリットを確認してきたので、紹介したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERオーテックの外装&内装のデザインをチェック

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の外装&内装は、それぞれこのようなデザインになっていました。

プレミアム感がただようオーテックの外装

今回デビューを果たしたこの新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の外装・エクステリアは、このようなデザインをしています。

■オーテックの外装

この新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、前後のバンパーやサイドシルの後方にメタル調のフィニッシャーを装備しており、どっしり感とワイドスタンスを強調。

また、この新型モデルのオーテック(AUTECH)では、キラリと光るドットパターンのフロントグリルを採用しており、標準仕様にはない特別感と高級感を演出していました。

■オーテックのフロントグリル

スポーティなオーテックの内装

一方、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の内装・インテリアは、このようなデザインをしています。

■オーテックの内装・インテリア

カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のダッシュボードには、木目調のパネルをあしらっており、ベースとなっている標準モデルの”Xグレード”よりも高級感&上質感のあるデザインに…。

■木目調パネルを採用したオーテックのダッシュボード

また、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、シートに本革のような風合いを味わえる”レザテック”という素材を使用しているのも、標準モデルとの大きな違いの一つでした。

新型ノートe-POWERオーテックの魅力&メリットとは?

このようなデザインになっている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”ですが、ベースとなっている標準モデルの”Xグレード”にはない次のような特徴&魅力を備えていました。

専用アイテムを備えた外装&内装

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の特徴&魅力の一つは、標準装備には用意されていない専用アイテムの数々たちです。

この新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、外装や内装に次のような専用アイテム&アイテムを用意しています。

■オーテック専用の外装パーツ

・フロントグリル
・グリルフィニッシャー(ダーククローム)
・フロントプロテクター(メタル調フィニッシュ)
・サイドシルフィニッシャー(メタル調フィニッシュ)
・リヤプロテクター(メタル調フィニッシュ)
・オーテック専用エンブレム
・サイドミラー
・シグネチャーLEDランプ
・専用16インチアルミホイール

■オーテック専用の内装パーツ

・AUTECH刺繍入りレザテックシート
・ダークウッド調フィニッシャー(インストロア)
・ブルーステッチ入り合成レザーアームレスト
・ブルーステッチ入りフロントアームレスト
・専用本革巻きステアリング
・オーテック専用エンブレム

そのおかげもあり、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、標準仕様とはひと味異なるプレミアム感あふれるデザインになっていました。

ちなみに、この新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の専用装備については、こちらの記事に実車画像を使って詳しく説明をしています。

オーテック専用パーツ&アイテムについて、詳しく知りたい方は、こちらの記事をチェックしてみてくださいね。

充実した機能&機能

また、ベースとなっている標準モデルの”Xグレード”よりも機能&装備が充実しているのも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の魅力の一つです。

標準仕様と異なるアイテム&装備の一つが、ヘッドライトです。

標準仕様のXグレードでは、オーソドックスのハロゲンのヘッドライトが標準装備となっているのですが、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)では、スタイリッシュなLEDのヘッドライトを標準装備。

■オーテックのLEDヘッドライト

また、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様のオーテック(AUTECH)では、スタイリッシュな光輝切削加工を施した16インチサイズのアルミホイールを標準装備しています。

■オーテック専用のアルミホイール

LEDヘッドライトやアルミホイールが標準装備となっているのは、かなり嬉しいですよね^^

このように機能や装備が充実しているのは、標準仕様にはないオーテックならではの魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

オーテック専用のディーラーオプションを用意

また、専用デザインのディーラーオプションを用意しているのも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の魅力&メリットの一つです。

例えば、フロアカーペット。

標準仕様のフロアカーペットは、オーソドックスなブラックなのですが、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)では、ブルーを基調にした専用デザインのフロアカーペットを用意。

■オーテック専用デザインのフロアカーペット

また、高級感ただよう荷室・ラゲッジスペースを演出する毛足の長いラゲッジカーペットを用意しているのも、カスタム仕様オーテック(AUTECH)の特徴の一つです。

■オーテック専用デザインのラゲッジカーペット

このように標準仕様には装着することができない専用デザインのオプションを用意しているのも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の魅力&特徴の一つなのかなと思いました。

新型ノートe-POWERオーテックの欠点とは?

このように新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、様々な魅力&メリットがある一方、欠点&デメリットもありました。

この新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、どのような欠点&デメリットがあるのでしょうか?

私がこの新型モデルのオーテック(AUTECH)で気になったこと、残念に感じたところを包み隠さずお話したいと思います。

車体本体価格&乗り出し価格の高さ

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の欠点&デメリットの一つが、車体本体価格&乗り出し価格の高さです。

この新型モデルのオーテック(AUTECH)は、機能や装備が充実していることもあり、車体本体価格が標準モデルよりも高めになっています。

■オーテックと標準モデルのXグレードの価格比較

また、私は先日、この新型モデルのオーテック(AUTECH)の見積もりを貰ってきたのですが、車体本体価格にオプションや諸経費、税金を加えた乗り出し価格は、予想以上のお値段になっていました。

このコンパクトカーとは思えない車体本体価格&乗り出し価格の高さは、カスタム仕様のオーテック(AUTECH)を購入する上で、かなりネックになるのかなと思ってしまいました。

納期・納車待ちの遅さ

また、標準モデルよりも納期・納車待ちが遅いのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の欠点&デメリットの一つです。

見積もりを貰った時に色々と教えて貰ったのですが、このカスタム仕様のオーテック(AUTECH)は、オーダー枠の問題もあり、標準モデルよりも2ヶ月ほど納期・納車待ちが長く、3ヶ月~4ヶ月前後となっています。

この納期・納車待ちの長さも、この新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の気になるところの一つでした。

まとめ:他の人と少し違うクルマに乗りたい人に最適なオーテック

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック”には、このような魅力&デメリットがありました。

■新型ノートe-POWERオーテックの魅力

・プレミアム感あふれる外装&内装
・標準モデルよりも充実した機能&装備
・魅力的な専用オプション

■新型ノートe-POWERオーテックの欠点

・車体本体価格&乗り出し価格の高さ
・納期・納車待ちの長さ

この新型モデルのオーテック(AUTECH)は、納期の長さや乗り出し価格の高さなど、標準モデルにはない欠点&デメリットもあります。

ただ、まわりの人たちがついつい見とれてしまうようなプレミアム感あふれるクルマに乗りたいと思っている方には、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、ピッタリなのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02