新型ノートe-POWERの内装の注目ポイント【先代より進化した装備&アイテムとは?】

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の注目ポイントの一つが、大きく進化を遂げた内装・インテリアです。

新しく生まれれ変わったこの新型モデルの内装・インテリアは、近未来感あふれるスタイリッシュなデザインに…。

また、この新型モデルは、オートブレーキホールドや電動パーキングブレーキが備わるなど、使い勝手に優れるのも好印象でした。

そんな新型モデルの内装・インテリアは、どのようなデザインになっていたのでしょうか?また、この新型モデルの内装・インテリアは、ドコが進化したのでしょうか?

8年ぶりに生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアの注目ポイント、先代モデルよりも進化したところを包み隠さずお話したいと思います。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERの内装はどんなデザイン?【先代モデルと比較】

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)と先代モデルの内装・インテリアは、このようなデザインになっていました。

■新型ノートe-POWERの内装

■先代モデルのノートe-POWERの内装

スタイリッシュなデザインに生まれ変わったダッシュボード

このように2台のモデルの内装・インテリアを並べて見比べてみると、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)と先代モデルは、全然違うデザインになっていますね。

先代モデルは、ダッシュボードに厚みがあり、やぼったさ(野暮ったさ)を感じる内装・インテリアに…。

■先代モデルのダッシュボード

また、エアコンパネルや送風口、シフトレバーなど、サークル(円)をモチーフにしたアイテムが多数用意されているのも印象的でした。

■先代モデルのエアコンパネル

■先代モデルの送風口

一方、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、左右に伸びやかに広がる水平基調のダッシュボードを採用。

■新型ノートe-POWERのダッシュボード

また、メーターとナビが一体”モノリス デザイン”を採用するなど、コンパクトカーとは思えない高級感&スタイリッシュさを演出したデザインになっているのが印象的でした。

センターコンソールの快適性&使い勝手も大幅に進化

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、センターコンソールの使い勝手や快適性も進化を遂げていました。

先代モデルのセンターコンソールは、サイドブレーキが備わっていることもあり、使い勝手があまり良くなかったんですよね。

■先代モデルのセンターコンソール

見た目もプラスチック感が満載で少し安っぽかったですし…。

しかし、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、快適性に優れたアームレスト付きのセンターコンソールを標準装備。

■新型モデルのセンターアームレスト

また、この新型モデルのセンターアームレストは、上下2段タイプとなっており、下段はボックスティッシュを置けるくらい広い収納スペースになっているのも好印象でした。

■センターコンソールの下段

先代よりも進化を遂げた注目の装備&アイテムとは?【新型ノートe-POWERの内装】

スタイリッシュなデザインに生まれ変わった日産の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアですが、運転席まわりの機能や装備も大幅に進化を遂げていました。

今回デビューを果たした新型モデルの内装・インテリアの中で大幅に進化を遂げたアイテム&装備は、何だったのでしょうか?

実車画像を使って、進化を遂げた注目のアイテムを紹介したいと思います。

メーター【注目の装備&アイテム1】

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の内装・インテリアのパーツで大きく進化を遂げたのが、メーターです。

先代モデルのメーターは、中央に大きなスピードメーターを配置したオーソドックスな3眼式のメーターを標準装備していました。

■先代モデルのメーター

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、バイザーのない液晶ディスプレイメーターを標準装備。

■新型ノートe-POWERのメーター

また、この新型モデルのメーターは、解像度も良くなっており、近未来感のあるデザインになっていたのが好印象でした。

シフトレバー【注目の装備&アイテム2】

また、センターコンソールに備わっているシフトレバーも、先代モデルから大きく進化を遂げたアイテム&装備の一つです。

今回デビューを果たした新型モデルは、先代モデルと同じ電子式のパーキングブレーキを標準装備しています。

■新型ノートe-POWERのシフトレバー

■先代モデルのシフトレバー

ただ、今回新発売をした新型モデルは、シフトレバーの操作感が先代モデルよりも格段に良くなっていました。

また、この新型モデルのシフトレバー、ピアノブラック調のパネルをあしらっており、先代モデルよりも高級感のあるデザインになっているのも好印象でした。

サイドブレーキ【注目の装備&アイテム3】

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)は、サイドブレーキのデザイン&使い勝手も格段に良くなっていました。

先代モデルは、オーソドックスな手動式のサイドブレーキが全グレード標準装備されていましたが、今回デビューを果たした新型モデルは、電子式のパーキングブレーキを標準装備。

■新型ノートe-POWERのサイドブレーキ

■先代モデルのサイドブレーキ

そのおかげもあり、この新型モデルは、先代モデルよりもスムーズに発進&停車できるようになっていました。

ドリンクホルダー【注目の装備&アイテム4】

また、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)を試乗して良いと思ったアイテム&装備の一つが、ドリンクホルダーです。

先代モデルのドリンクホルダーはセンターコンソールの前方にあったため、運転席から手が届きにくいのが欠点&デメリットでした。

■先代モデルのドリンクホルダー

しかし、今回デビューを果たした新型モデルは、ダッシュボードの左右にドリンクホルダーを用意。

■新型ノートe-POWERのドリンクホルダー

そのおかげもあり、この新型モデルのドリンクホルダーは運転席から手が届きやすく、使い勝手が良くなったような感じが…

また、今回デビューを果たした新型モデルのドリンクホルダーは、引き出して使用をするタイプになっているのですが、閉じたままでもスマホやiPhoneを収納できるようになっていたのも好印象でした。

先代モデルにはない便利な機能たち【注目の装備&アイテム5】

また、先代モデルには用意されていなかった魅力的な機能や装備が備わっているのも、今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の魅力の一つです。

そんな新型モデルの注目の装備&アイテムの一つが、高速道路の運転を楽にしてくれる自動運転支援技術のプロパイロット機能です。

■新型ノートe-POWERのプロパイロット ボタン

このプロパイロット機能は、セレナ(SERENA)やエクストレイル(X-TRAIL)、キックス(KICKS)など様々な車種に備わっていますが、今回デビューを果たした新型モデルは、進化をした最新バージョンのものを搭載しています。

また、今回デビューを果たした新型モデルは、ブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持してくれるオートブレーキホールドを標準装備しているのも注目ポイントの一つなのかなと思いました。

■新型ノートe-POWERのオートブレーキホールド

まとめ:見た目だけではなく、快適性を大幅に良くなった新型ノートe-POWERの内装

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)と先代モデルの内装・インテリアを比較してみたところ、このような違いがありました。

この新型モデルは、スタイリッシュで近未来感のある内装・インテリアに…。

また、大きなセンターコンソールを備えるなど、見た目のデザインだけではなく、快適性や使い勝手が格段に良くなっているのも好印象でした。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02