新型ノートe-POWERオーテックの安全装備は充実?【安全性を徹底チェック】

2020年12月にフルモデルチェンジをして新発売をした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、標準モデルとはひと味異なるプレミアムスポーティな見た目をしていますが、安全性能は、どうなっているのでしょうか?

ベースになっている標準モデルに勝るとも劣らない安全装備を備えているのでしょうか?

新しく生まれ変わった新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”に用意されている安全装備、安全性能を紹介します。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

新型ノートe-POWERオーテックに標準装備の安全装備

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、次のような安全装備を標準装備しています。

■オーテックに標準装備されている主な安全装備

・インテリジェントエマージェンシーブレーキ(自動ブレーキ)
・踏み間違い衝突防止アシスト
・標識検知機能
・インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)
・LDW(車線逸脱警報)
・インテリジェント DA(ふらつき警報)
・インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)

基本的な安全装備はしっかりと備えているオーテック

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”は、ベースとなっている標準モデルと同様、自動ブレーキや踏み間違い衝突防止アシストなど基本的な安全装備がしっかりと備わっています。

オーテック(AUTECH)に用意されている自動ブレーキは、競合車・ライバル車のものよりも少し性能が劣るなど、多少気になるところもありますが、トータルで考えると、十分に満足できる安全装備を備えているように感じました。

オプションで用意されている新型ノートe-POWERオーテックの安全装備

必要最低限の安全装備を備えている新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”ですが、メーカーオプションで安全装備・安全性を強化することが可能です。

この新型モデルのカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”にオプションで装着することができる安全装備を確認したところ、次のようなアイテムがありました。

■オーテックにオプションで装着できる安全装備

・インテリジェントアラウンドビューモニター
・インテリジェントルームミラー
・プロパイロット機能
・SOSコール
・インテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)
・BSW(後側方車両検知警報)
・RCTA(後退時車両検知警報)

メーカーオプションでプロパイロット&SOSコールを用意

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)の標準モデルでは、最上位グレードに位置をする”Xグレード”のみ、高速道路の運転をラクにしてくれる”プロパイロット機能”や事故に遭った際に専用のオペレーターがサポートしてくれる”SOSコール”を装着することができました。

■新型ノートe-POWERのプロパイロットスイッチ

■新型ノートe-POWERのSOSコール

ただ、カスタム仕様”オーテック(AUTECH)”のベースが標準モデルのXグレードと言うこともあり、オーテック(AUTECH)でも、プロパイロット機能やSOSコールを装着することができます。

このようにイザという時にドライバーや同乗者の身を守ってくれる安全装備や快適な運転をサポートするアイテムを装着することができるのも、新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”の魅力&メリットの一つなのかなと思いました。

オーテックの安全装備はセットオプションで用意

今回デビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、プロパイロットやSOSコールなど、様々な安全装備をオプションで用意しています。

ただ、これらの安全装備は、個別に装着するのではなく、全てがひとまとめになったセットオプションとして用意されています。

また、オーテック(AUTECH)に用意されている安全装備のセットオプションは、内容が異なる2つのタイプを用意していました。

■セットオプション タイプA

■セットオプション タイプB

タイプA/タイプBどちらも、アラウンドビューモニターやインテリジェントルームミラー、高速道路での車線変更をサポートしてくれるインテリジェント BSI(後側方衝突防止支援システム)などの安全装備は含まれています。

■新型ノートe-POWERのアラウンドビューモニター

ただ、高速道路の運転をラクにしてくれる自動運転支援技術”プロパイロット機能”を備えているのは、タイプBのセットオプションのみとなっています。

なので、タイプAとタイプBのメーカーオプションどちらを装着するかは、プロパイロット機能が必要かどうかで判断すれば良いと思いますよ。

ちなみに、オーテックに用意されているセットオプションのタイプAとタイプBの価格差を確認してみたところ、約7万円となっていました。

このくらいの価格差だったら、高速道路の運転をラクにしてくれるプロパイロット機能を装着することができる”タイプB”のセットオプションの方がお得なのかもしれませんね。

また、こちらの記事では、”タイプB”のセットオプションを装着した時の新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH))の見積もり金額・乗り出し価格を公開しています。

プロパイロット機能などを備えた時の”オーテック(AUTECH)”の乗り出し価格は、ベースになっている標準モデルよりもかなりお値段が高い感じが…。

カスタム仕様オーテック(AUTECH)の乗り出し価格・見積もり金額が気になる方は、ぜひともチェックをしてみてくださいね。

まとめ:オプションで用意されている安全装備は装着する価値あり

2020年12月にデビューを果たした新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”に用意されている安全装備を確認してみたところ、このようになっていました。

■オーテックの安全装備のまとめ

・自動ブレーキなどの基本的なアイテムのみ標準装備
・プロパイロット機能やSOSコールはメーカーオプションで用意
・オプションで用意されている安全装備はセットで用意

この新型ノートe-POWER(NOTE e-POWER)のカスタム仕様”オーテック(AUTECH)”では、自動ブレーキなどの基本的な安全装備のみ標準装備となっており、プロパイロット機能やSOSコールなどの安全装備は、メーカーオプション設定に…。

オプションで用意されている安全装備を装着すると、乗り出し価格はかなり高くなってしまいますが、イザという時の安全性や運転のしやすさ、快適性を考えると、装着する価値は十分にあるのかなと思いました。

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02

スポンサーリンクと関連記事


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
テスドラ-レクタングル(大)-02